• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

世界の食料 国別状況 さ行

ザンビア共和国(2018.32020.7

2020.7 厳しい局地的食料不安

地域的な農業生産不足と食料価格上昇

・2020年の穀物増産が、世帯レベルでの食料供給を改善すると期待され、また、年のはじめに記録的に高騰していたメイズ価格を落ち着かせると思われる。

・さらに、昨年に引き続き、国の南部での地域的な生産不足により、当該地域の食料不安の厳しい状況が続くとみられる。

2020.3 厳しい局地的食料不安

農業生産不作と食料価格上昇

・主として2019年の穀物生産不作と食料価格上昇の結果として、230万人が食料

不足に陥り支援を必要としていると推定される。

・長引く乾燥気候のために収穫が減少した南部と西部が最も広範な食料危機に見

舞われている。

2019.12 厳しい局地的食料不安

農業生産不作と食料価格上昇

・主として2019年の穀物生産不作と食料価格上昇の結果として、230万人が食料不足に陥り支援を必要としていると推定される。

・地域ごとに見ると、長引く乾燥気候のために収穫が減少した南部と西部が最も広範な食料危機に見舞われている。

2019.9 なし

2019.7 なし

2019.3 なし

2018.12 なし

2018.9 なし

2018.6 なし

2018.3 なし


シエラレオネ共和国(2018.32020.7

2020.7 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

・2020年6月から9月にかけて、約130万人が深刻な食料不安に陥ると推定される。

2020.3 厳しい局地的食料不安

食料価格高騰

・2019年10月から12月期に約34万8,000人が厳しい食料危機にあったと推定さ

れた。

2019.12 厳しい局地的食料不安

食料価格の高騰と低い購買力

・2019年10月から12月に、約25万4,000人が深刻な食料不安に陥っていると推定されている。

2019.9 厳しい局地的食料不安

食料価格の高騰

・2019年6月から8月にかけて、約12万4,000人が深刻な食料危機におちいると推定される。

2019.7 厳しい局地的食料不安

食料価格の高騰と低い購買力

•2019年6月から8月にかけて、約12万4,000人が深刻な食料危機におちいると推定される。

2019.3厳しい局地的食料不安

食料価格の高騰

・2019年6月から8月にかけて、約14万6,000人が深刻な食料危機におちいると推定される。

2018.12厳しい局地的食料不安

食料アクセスの困難

・約10万7,000人が深刻な食料危機に直面していると推定される。

2018.9厳しい局地的食料不安

洪水、局地的な生産不足

・約1万2,000人が深刻な食料危機に直面していると推定される。

2018.6厳しい局地的食料不安

洪水、局地的な生産不足

・約1万2,000人が深刻な食料危機に直面していると推定される。

2018.3厳しい局地的食料不安

洪水、局地的な生産不足

・約1万2,000人が深刻な食料危機に直面していると推定される。


ジブチ共和国(2018.3~2020.7

2020.7 広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足

・主に連続する雨季の降雨不足のため、2020年1月に約17万5,000人が深刻な食料不安であったと推定された。

・最も食料不安の影響を受けた地域は、ディキリとオボックで、人口の45から50%が深刻な食料不安に直面した。

2020.3 広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

・降雨不足の雨季が続いた影響で、2018年に(最新の入手可能な情報)、農村部では約15万人が厳しい食料不安に直面していたと推定される。

・1月現在で、約25万人が、10月以降の激しい降雨による洪水の影響を受けた。

2019.12 広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

・降雨不足の雨季が続いた影響で、2018年(最新の入手可能な情報)、農村部では約15万人が厳しい食料不安に直面したと推定された。

2019.9 広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

・降雨不足の雨季が続いた影響で、2018年(最新の入手可能な情報)、農村部では約15万人が厳しい食料不安に直面していると推定された。

2019.7 広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

・降雨不足の雨季が続いた影響で、2018年(最新の入手可能な情報)、農村部では約15万人が厳しい食料不安に直面していると推定された。

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

・降雨不足の雨季が続いた影響で、主にオボック市北部と南東部国境地域の牧畜地域に集中して約19万7,000人が厳しい食料不足に直面している。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

・降雨不足の雨季が続いた影響で、主にオボック市北部と南東部国境地域の牧畜地域に集中して約19万7,000人が厳しい食料不足に直面している。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

牧畜地域で続く雨季の降雨不足

・雨季の降雨不足が続いた影響で、主にオボック市北部と南東部国境地域の牧畜地域に集中して約19万7,000人が深刻な食料不足に直面している。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

連続する雨季の降雨不足による牧畜民の暮らしへの影響

•降雨不足の雨季が続いた影響で、主にオボック市北部と南東部国境地域の牧畜地域に集中して約19万7,000人が厳しい食料不足に直面している。

•3月19日と20日に同国を襲った熱帯低気圧サガールによって起きた洪水により、3月後半時点で約3,000人が避難していた。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

遊牧民の生計に、何年も続く雨季に雨が降らない天候のインパクト

・約19万7,000人が食料危機にあり、それは主に、何年も続く雨季に雨が降らない天候により影響を受けた、オボック市北部の遊牧地域と南東国境地域に集中している。


ジンバブエ共和国(2018.3~2020.7

2020.7 食料生産・供給総量の異常な不足

平均以下の穀物収穫、食料価格の高騰

・2020年の上半期に430万人が食料不安に直面すると推定された。

・2020年も引き続き穀物収穫量が平均以下である影響を反映し、高い食料価格が続く。

そのため、食料の供給量とアクセスは、多くの世帯にとって厳しいままである。

2020.3 食料生産・供給総量の異常な不足

穀物生産の減少、食料価格の高騰および経済の悪化

・2019/20年度、食料不安に直面する人々は著しく増加した。その数は、2020年1月‐3月期の終わりには550万人にのぼる見込みである。IPCが2月に調査をしており、最新情報が提供される予定。

・2019年の穀物生産が急激に減少し、主要食料価格の著しい高騰と経済の低迷による収入の減少で、食料不安は悪化している。2020年の生産見通しは平年以下となる見込みであり、経済状況も引き続き極めて厳しい状況が予想される中、来年の食料状況の改善を見込むことは難しい。

2019.12 食料生産・供給総量の異常な不足

穀物生産の減少と食料価格の高騰

・2019/20年度、食料不安に直面する人々は著しく増加している。その数は、2020年1月から3月期の終わりには、前年比でほぼ倍の550万人にのぼる見込みである。

・2019年の穀物生産が急激に減少したため、食料不安は悪化し、主要食料価格の著しい上昇と経済の低迷により収入の減少が引き起こされている。天候不順の為、2020年の生産見通しも良くなく、2期連続の穀物生産減少の可能性が高い。

2019.9 食料生産・供給総量の異常な不足

穀物生産の減少と食料価格の高騰

・2019/20年度では食料不安に直面する人々の数は急激に増加している。この数値は2020年1月から3月の年平均から見ると、ほぼ2倍の550万人である。

・これらの要因は、急激な穀物生産の減少、主食の食料価格の高騰や厳しい経済環境により収入を生み出す機会が減少したことによる。

2019.7 食料生産・供給総量の異常な不足

穀物生産の急減少

・2019年は天候不順による穀物生産の減少、主食の食料価格への打撃や厳しい経済環境により収入を生み出す機会が減少し、食料不安はさらに悪化する。

・2019年はじめには300万人近くの人々が食料不安に直面していた。

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

深刻な食料アクセスの制約

・2019年はじめには300万人近くの人々が食料不安に直面していると推定され、以前予想された240万人を上回る。食料不安の深刻化の主な要因は、2018年10月以降に発生した主食の食料価格の急上昇だが、厳しい経済環境により収入を生み出す機会が減少し、状況がさらに悪化している。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

食料アクセスの制約

・2018年では240万人の人々が食料不安に直面していると推定される。これは主に、低所得や流動性の問題によって、穀物生産の減少と食料アクセスの制約が引き起こされたからである。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

食料アクセスの制約

・2018年では240万人の人々が食料不安に直面していると推定される。これは主として、低所得や流動性の問題によって、穀物生産の減少と食料アクセスの制約が引き起こされたからである。

2018.6厳しい局地的食料不安

食料アクセスの制約

•2018年後半、特に南部および西部諸州で穀物生産量が下落し、食料事情を逼迫させる見通し。前年に比べて、約100万人以上が食料不安に直面している。

2018.3厳しい局地的食料不安

食料アクセスの制約

・2018年第一四半期、大半が南部および西部諸州の農村部に暮らす、約105万人が食料不安に直面している。しかしその数は、記録的な前年より著しく減少している。

・2018年後半は、不作が予想されることから、食料事情が逼迫すると予想される。


スーダン共和国(2018.32020.7

2020.7 厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

・2020年6月から9月期に、厳しい食料不安にある人々の数は960万人であったと推定される。食料不足が最も心配される地域は南コロドファン州と青ナイル州、および大ダルフール州のほぼ全域である。

2020.3 厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

・2019年6月から8月期、厳しい食料危機にあったと推定される人々の数は、主として国内避難民および紛争の影響を受ける地域にある国内避難民受け入れ共同体の580万人であった。・1月時点で約42万6,000人が洪水の影響を受け続けている。

2019.12 厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

・2019年6月から8月までに、深刻な食料不安にさらされている、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人の数は、580万人と推定される。高騰する食料価格に余裕を失った家計もまた懸念の対象である。・9月初旬現在、約42万6,000人が洪水の影響を受けている。

2019.9 厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

・2019年1月から3月に深刻な食料不安にさらされている、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人々は576万人と推定される。高騰する食料価格に余裕を失った家計もまた懸念の対象である。・9月初め時点で、約34万6,000人が8月の豪雨で引き起こされた洪水により避難を余儀なくされた。

2019.7 厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

• 2019年1月から3月に深刻な食料不安にさらされている、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人々は576万人と推定される。高騰する食料価格に余裕を失った家計もまた懸念の対象である。

2019.3厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

・2019年1月から3月に深刻な食料不安にさらされている、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人々は576万人と推定される。高騰する食料価格に余裕を失った家計もまた懸念の対象である。

2018.12厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安と高騰する食料価格

・5月から7月の期間、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人々、620万人は厳しい食料不安に直面すると推定された。2017年を通して、高騰する食料価格と穀物生産減の影響で余裕を失った家計は懸念の対象である。

2018.9厳しい局地的食料不安

紛争と社会不安

・5月から7月の期間、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人々、620万人が厳しい食料不安に直面すると推定される。2017年を通して、乱高下する食料価格と穀物生産減の影響で余裕を失った家計は懸念の対象である。

2018.6厳しい局地的食料不安

紛争と社会不安

・5月から7月の期間、主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体で暮らす人々、620万人は厳しい食料不安に直面すると推定される。2018年を通して、乱高下する食料価格と穀物生産減の影響で余裕を失った家計は懸念の対象である。

2018.3厳しい局地的食料不安

紛争と内戦

・主に国内避難民と紛争影響地域にある共同体にいる、約480万人が人道支援を必要としている。


セネガル共和国(2018.32020.7

2020.7 厳しい局地的食料不安

地域的な穀物生産不足

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2020年6月から8月期に約76万7,000人が支援を必要とすると推定される。

・主としてモーリタニアからの難民、推定1万4,500人が国内に居住している。

2020.3 厳しい局地的食料不安

地域的な穀物生産不足

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年10月から12月期に約35

万9,000人が支援を必要とすると推定された。

・主としてモーリタニアからの難民、推定1万4,500人が国内に居住している。

2019.12 厳しい局地的食料不安

局所的な降雨不足

・最新の「CadreHarmonisé」分析によれば、2019年10月から12月期までに約35万9,000人が支援を必要としていると推定されている。

・主に、モーリタニアからの難民、1万4,500人が、国内に居住している。

2019.9 厳しい局地的食料不安

局地的な降雨不足
・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約34万1,000人が2019年6月から8月期にかけ、食料支援を必要とした。

・加えて、主としてモーリタニアからの難民、推定1万4,500人が国内に居住している。

2019.7 厳しい局地的食料不安

局地的な降雨不足

•最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約34万1,000人が2019年3月から5月期にかけ、食料支援を必要とした。

•加えて、主としてモーリタニアからの難民、推定1万5,000人が国内に居住している。

2019.3厳しい局地的食料不安

局地的な降雨不足

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約37万6,000人が2019年6月から8月期にかけ、食料支援を必要としている。
・加えて、主としてモーリタニアからの難民、推定1万5,000人が国内に居住している。

2018.12厳しい局地的食料不安

局地的な降雨不足

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約9万5,000人が10月から12月期に、食料支援を必要とされている。

・主としてモーリタニアからの難民、推定1万5,000人が国内に居住している。

2018.9厳しい局地的食料不安

牧畜条件の悪化

・最終の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、6月から8月にかけて75万人が支援を必要と推定された。

・主としてモーリタニアからの難民、推定1万5,000人が国内に居住している。

2018.6厳しい局地的食料不安

北部で牧畜業の条件が厳しくなり、食料事情が悪化した

・2018年3月の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約32万人が3月から5月にかけ、食料支援を必要としたと評価された。6月から8月にかけては75万人が支援が必要と推定される。

・主としてモーリタニアからの難民、推定1万5,000人が国内に居住している。

2018.3なし


ソマリア連邦共和国(2018.32020.7

2020.7 食料生産・供給総量の異常な不足

洪水、社会不安、サバクトビバッタ、牧畜民の生活を脅かす長引く雨季の影響

・2020年4月から6月にかけて、約270万人が緊急支援を必要とすると推定される。懸念される主な地域は、洪水の影響を受けた河川地域、都市の避難民居住地、北西部のオーダルとウォクオイ・ガルビード地域で、最も脆弱な世帯がIPCフェーズ4(「緊急事態  」もしくはそれ以上に)に直面している。

・5月の時点で、約91万9,000人が4月の集中豪雨による洪水で影響を受けた。

2020.3 食料生産・供給総量の異常な不足

紛争、社会不安、連続する雨季の天候不順

・繰り返す雨季の降雨不足の影響から回復できていない、主に中部牧畜地域と、2019年後半の洪水で穀物生産が大きな被害を受けた、南部の河川域の作物生産地域で、約115万人が緊急支援を必要とすると推定される。

・1月現在、約57万人が洪水の被害を受けた。

2019.12 食料生産・供給総量の異常な不足

紛争、社会不安、連続する雨季の天候不順

・2018年10月から12月の「Deyr」の季節の降雨不足と2019年4月から6月の「Gu」の季節の大半の極端な乾燥の影響により、主に農牧民と牧畜民コミュニティの約210万人が緊急支援を必要としていると推定される。

・10月の激しい雨により、11月中旬に洪水があり、約54万人に影響をあたえ、その内37万人は移動を強いられた。

2019.9 食料生産・供給総量の異常な不足

紛争、社会不安、連続した雨季の降雨不足

・2018年10月から12月の「Deyr」の降雨不足と2019年4月から6月の「Gu」の深刻な乾燥気候により、農牧および牧畜コミュニティが影響を受け、約210万人が緊急支援を必要としていると推定される。

2019.7 厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安、連続する雨季の天候不順

•2018年10月から12月の「Deyr」の季節の降雨不足と2019年4月から6月の「Gu」の季節の大半の極端な乾燥の影響により、主に農牧民と牧畜民コミュニティの約220万人が緊急支援を必要としていると推定される。

2019.3厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安、広範囲にわたる干ばつの影響

・2018年10月から12月の降雨不足と、2016年半ばから2017年末まで続いた干ばつの影響が長引き、主に国内避難民と農牧民コミュニティの約155万人が緊急支援を必要としていると推定される。

2018.12厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安、広範囲にわたる干ばつの影響

・2016年半ばから2017年末まで続いた干ばつの影響が続き、主に国内避難民と農牧民コミュニティの約156万人が緊急支援を必要としていると推定される。

2018.9厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安、広範囲にわたる干ばつの影響

・主として国全体に広がる国内避難民と2016年中旬から2017年末に起きた干ばつ被害を受けた農牧民コミュニティの約156万人が緊急支援を必要としていると推定される。

2018.6厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安、広範囲にわたる干ばつの影響

・2016年半ばから2017年末まで続いた干ばつで被害を受けた、主に国内避難民と農牧民コミュニティの約270万人が緊急支援を必要としていると推定される。

・4月からの集中豪雨による洪水が発生し、5月末時点に22万7,000人が避難している。

2018.3厳しい局地的食料不安

紛争、社会不安、広範囲にわたる干ばつの影響

・主として国全体に広がる国内避難民と干ばつ被害を受けた農牧民コミュニティの約270万人が緊急支援を必要としていると推定される。