• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

世界の食料 国別状況 な行

ナイジェリア連邦共和国(2018.32021.3

2021.3 北部地域での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、特に北東、北西及び中北部地域において、新たな避難民を引き起こしている、悪化する紛争の結果として、2021年6月ー8月期に約1,290万人が人道支援を必要としていると推定された。

270万人以上が東北部のアダマワ州、ボルノ州、ヨベ州での紛争および北部の西側から中央地帯にかけての地方組織の対立と自然災害により国内避難民になっていると推定される。人道支援の介入が届いていない地域では、最悪の食料危機に直面している。

2020.12 北部地域での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2020年10月-12月期に人道支援を必要とした人の数は約980万人と推定されている。

・270万人以上が東北部のアダマワ州、ボルノ州、ヨベ州での紛争および北部の西側から中央地帯にかけての地方組織の対立と自然災害により国内避難民になっていると推定される。人道支援の介入が届いていない地域では、最悪の食料危機に直面している。

2020.9  北部での終わらない紛争
・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2020年6月から8月期に約700万人が人道支援を必要とすると推定された。
・アダマワ北東州および、ボルノとヨベにおける紛争、北部の西側から中央地帯にかけての地方組織の対立および自然災害により、260万人以上が国内避難民となっている。人道支援にアクセスできない地域では、最悪の食料危機状況に直面している。

2020.7 広範囲な食料アクセスの欠如

北部での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2020年6月から8月期に約700万人が人道支援を必要とすると推定された。

・持続する社会不安により260万人以上が国内避難民となっている。人道支援にアクセスできない地域では、最悪の食料危機状況に直面している。

2020.3 広範囲な食料アクセスの欠如

北部での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば2019年10月から12月期に約400万人が食料支援を必要としたと推定された。

・持続する社会不安により250万人あまりが国内避難民となっている。人道支援にアクセスできない地域は、食料危機が最も危険な状況に直面している。

2019.12 広範囲な食料アクセスの欠如

北部での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば2019年10月から12月期に約400万人が食料支援を必要とすると推定された。

・持続する社会不安により230万人あまりが国内避難民となっている。人道支援にアクセスできない地域は,食料危機がさらに悪化している。

2019.9 広範囲な食料アクセスの欠如

終わらない紛争による北部での食料事情の悪化

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月期に約500万人が食料支援を必要とすると推測された。

・続く紛争により190万人が国内避難民である。この地域は人道支援介入が入りづらいことから、食料事情はさらに悪化する。

2019.7 広範囲な食料アクセスの欠如

終わらない紛争と社会不安

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月期に約495万人が食料支援を必要とすると推測された。更に、国内避難民は190万人と推測された。

・長引く社会不安は、主として食料や収入の供給源に影響を与え、脆弱な世帯への食料アクセスに制限を与えている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

北部地域での終わらない紛争による国内避難民の発生、市場崩壊そして食料アクセスの困難

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月期に約450万人が支援を必要とすると推測される。

・社会不安が長引き、200万人以上が国内避難民となっている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

北部地域での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、10月から12月期に約240万人が支援を必要とすると推測された。

・現在進行中の社会不安は脆弱世帯の食料アクセスを制限し、市場機能と生計活動に引き続き影響を及ぼしている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

継続する紛争による北部地域での避難民、市場の混乱、食料支援へのアクセスの制限

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、6月から8月期に約530万人が支援を必要になるとしている。

・進行中の社会不安は市場機能と生計活動に引き続き影響を及ぼし、脆弱世帯の食料アクセスを制限している。人道支援にアクセスできない地域は、さらに悪い食料保障の状況に直面している。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

続く紛争が、北部地域での避難民、市場の混乱、食料支援へのアクセスの制限の原因となっている

•2018年「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約310万人が支援を必要としている。6月から8月期にはこれが530万人に増加すると予想されている。

•現在進行中の社会不安は脆弱世帯の食料アクセスを制限し、市場機能と生計活動に引き続き影響を及ぼしている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

経済不振、通貨安の進行、北部地域 での避難民発生と深刻な社会不安

・約316万人が厳しい食料危機に直面しており救命のための緊急支援および生計支援を必要としていると推定される。このうち約2,000人が飢 きん( *IPC の「壊滅的」に相当)の状態にある。

・2017年は平年作以上の穀物収穫があったにもかかわらず、北部諸州での紛争続発と通貨安の進行により市場の活動が阻害され、食料価格が高止まりしている。

・北東部の暴動によって170万人が国内避難民となっている。


ナミビア共和国(2018.32021.3)

2021.3 主食用作物の生産量の局地的不足と、経済低迷

・2020年10月から2021年3月の間に、約44万1,000人が食料不安に陥り、人道支援を必要とすると予測されている。

・食料は十分かつ安定的に供給されているが、主に所得と雇用の喪失などのCOVID19パンデミックの負の影響により、世帯の食料へのアクセスが制限されている。

2020.12 主食の生産量の局地的不足と、経済の低迷

・2020年10月から2021年3月の間に、約44万1,000人が食料不安に陥り、食料援助を必要とすると予測されている。食料は十分かつ安定的に供給されているが、主に所得と雇用の喪失などのCOVID19パンデミックの負の影響により、世帯の食料へのアクセスが制限されている。

2020.9  農業生産量の不足
・COVID-19パンデミック以前に、2020年4月から9月の間に約35万4,000人が食料援助を必要としていたと予測されており、2020年の生産回復によるプラスの影響を反映して、2019年10月から2020年3月の期間の予測を20%近く下回っていた。
・しかし、COVID-19パンデミックの負の影響が、主に所得と雇用の喪失を通じて、2020年第3四半期から2021年初頭にかけて食料不安を悪化させる可能性がある。

2020.7 厳しい局地的食料不安

農業生産不足

・2020年1月から3月期に、43万人がすでにIPCフェーズ3「危機」に直面していた。 予想される農業生産の増加が食料供給を改善するだろうが、生産不足が状況を圧迫する地域もある。

2020.3 厳しい局地的食料不安

干ばつによる農業生産減少

・たいへん厳しい降雨不足により、2019年の穀物生産は急減し家畜の死亡率も高まったため、食料確保に悪影響が出、農家の収入が伸び悩んだ。

・その結果、43万人がIPCフェーズ3「危機」に直面しており人道支援を必要としていると推定される。

2019.12 なし

2019.9 なし

2019.7 なし

2019.3 なし

2018.12 なし

2018.9 なし

2018.6 なし

2018.3 なし


ニジェール共和国(2018.32021.3

2021.3  内戦

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、農業や市場の取引活動の広範な混乱をもたらした治安に関わる事案の増加により、世帯が生計を立てる機会や彼らの食料安全保障が損なわれており、2021年6月ー8月期に約170万人が人道支援を必要としていると推定された。

・ディファ、タウア、ティラベリ地域で内戦によって避難民となった人の数は29万8,458人と推定されている。さらに、ナイジェリアとマリ出身者を中心に難民23万3,131人を受け入れている。

2020.12 内戦

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2020年10月-12月期に約120万人が人道支援を必要としていると推定された。

・ディファ、タウア、ティラベリ地域で内戦によって避難民となった人の数は25万7,000人と推定されている。さらに、ナイジェリアとマリ出身者を中心に難民23万人を受けいれている。

2020.9  社会不安
・2020年4月に実施された複数の組織によるCOVID-19の影響評価によれば、深刻な食料不安にさらされている推定270万人を含む推定560万人が食料危機の影響を受けた。
・社会不安のため、推定26万5,500人がディファ, タホアと ティラベリ地方に避難している。加えて、主にナイジェリアとマリからの難民約22万7,800人を受け入れている。

2020.7 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2020年6月から8月期の終わりには約200万人が緊急支援を必要とすると推定される。

・近隣諸国の紛争により、22万3,000人の難民を受け入れ、その内16万2,961人はナイジェリアから、5万8,813人はマリからの難民である。一方26万5,522人が国内避難民となっていると推定される。

2020.3 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2019年10月から12月期の終わりには約140万人が緊急支援を必要としたと推定される。

・近隣諸国の紛争により、21万9,339人の難民を受け入れ、その内16万2,437人はナイジェリアから、5万6,000人はマリからの難民である。一方19万26人が国内避難民となっていると推定される。

2019.12 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2019年10月から12月期の終わりには約140万人が緊急支援を必要とすると推定される。

・近隣諸国の紛争により、21万8,261人の難民を受け入れ、その内16万1,359人はナイジェリアから、5万6,000人はマリからの難民である。一方18万7,359人が国内避難民となっていると推定される。

2019.9 広範囲な食料アクセスの欠如

東部と西部への紛争の影響

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2019年6月から8月期に約120万人が緊急支援を必要とすると推測された。

・近隣諸国の紛争により、10万4,000人が国内避難民となっており、ナイジェリアからの11万9,000人とマリからの5万6,000人の計17万6,000人の難民が暮らしている。

2019.7 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2019年6月から8月期に約120万人が緊急支援を必要とすると推測された。

・近隣諸国の紛争により、25万4,000人が国内避難民となっており、17万8.000人の難民が暮らしている。

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

紛争と不作

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2019年6月から8月期に約122万2,000人が緊急支援を必要とすると推測される。

・近隣諸国の紛争により、15万8,000人以上が国内避難民となっており、ナイジェリア難民11万9,000人、マリ難民5万6,000人を含む約17万5,000人が難民として暮らしている。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

紛争と不作

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、10月から12月期におおよそ60万人が緊急支援を必要とすると推測された。

・近隣諸国の紛争により、ナイジェリア難民11万9,000人、マリ難民5万7,000人を含む17万6,000人以上が難民として流入しているのに加え、10万4,288人以上が国内避難民となっている。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安と牧草不足が食料保障を阻害

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、6月から8月期に約80万人に緊急支援が必要になるとしている。

・近隣諸国の社会不安により、16万6000人以上が難民として住んでおり、そのうち10万8000人がナイジェリアから、5万7000人がマリからの難民である。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安と牧畜用牧草不足が食料保障を阻害

•「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、おおよそ78万7,000人が緊急支援を必要としている。6月から8月期にはこれが80万人に微増すると予想されている。

•近隣諸国の社会不安により、16万6,000人以上が難民として住んでおり、そのうち10万8,000人がナイジェリアから、5万7,000人がマリからの難民である。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

避難民の発生と社会不安

・30万1,000人以上が深刻な食料不安を抱えていると推定される。

・2017年10月末時点では、国内に約10万8,000人のナイジェリア難民と5万7,000人のマリ難民が暮らしていると推定される。