African Kids Club

アフリカにルーツを持つ子どもたちが安心して生活できるように

日本で暮らすアフリカにルーツをもつ子どもたちの居場所を作り、アフリカの文化を理解し、ありのままの自分に自信が持てるよう活動しています。在日アフリカ人や他のNGOとの連携・協力も積極的に行っています。

アフリカ・キッズ・クラブの発足

2005年に、アフリカ人家族のキッズが集まってみんなで遊び、彼らのルーツ・アフリカを感じるイベント開催の提案を受け、2006年1月にワークショップを開催。2月には動物園を訪問しました。参加者のお母さんたちに意見を聞き、企画立案から参加してもらうようになり、その後、さまざまなイベントを開催しました。現在では、アフリカに興味のある親子やアフリカンファミリーなど、多くの人が参加しています。

アフリカルーツの子ども・ユースが集い、楽しみ、経験や思いを共有しあう

2019年度の活動では、アフロビーツダンスのレッスンを毎月行い、その成果をアフリカンフェスティバルのステージで披露。毎回親子合わせて約40人が集まりました。夏休みには、ナイジェリア里帰り報告会やアフリカ布の使った切り絵アート講習会を実施。アフリカ布のハギレを使い、あざやかな花の切り絵を作りました。12月のクリスマス会は70人が参加し、大学生が準備したゲームを楽しみました。

クリスマス会の様子

アフリカンキッズクラブのホームページ http://africankidsclub.ajf.gr.jp

アフリカンキッズクラブのFacebookhttps://www.facebook.com/African.Kids.Club/


アフリカンユースミートアップの活動も活発に

ユース(中高生~)が集うアフリカンユースミートアップやHarmony Caféも開催。Harmony Cafeはセネガル料理を作りました。アフリカンユースミートアップは3回実施。「マイストーリー」を出し合い、思いや経験、悩みなど語り合う場となっています。インタビュー動画や記事も多数発信しています。TICAD7に合わせて、横浜にあるユース団体との合同イベントとして「アフリカを知ろう」が実現。イボ人協会の子ども会とのコラボも始まりました。またアフリカンキッズクラブ東海が設立され、ヘア講習会やクリスマス会に約20組の親子が参加しました。

ユースミトーアップのFacebookhttps://www.facebook.com/africanyouthmeetup/