• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」で新型コロナに取り組む

=誰の保健問題も取り残さない:UHC2030の取り組み=

傘はUHCの運動のトレードマーク

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、複数のワクチンが開発され、一部諸国でワクチン接種の拡大による感染抑制が成功しつつあることで、世界的に「ワクチン」への注目が高まっている。一方、COVID-19は、気候変動や生物多様性の喪失をはじめとする環境的要因、肥満や非感染性疾患の拡大、保健システムの脆弱性の拡大といった保健上の要因、都市化と格差拡大といった社会的・経済的な要因が絡み合って世界的に巨大なインパクトを生じさせた、いわば「シンデミック」(複合的な要因が一つもしくは複数の健康阻害要因のインパクトを急拡大する現象)である。そうであれば、COVID-19はワクチンや新規技術による一点集中型の取り組みだけで克服できるものではなく、この「シンデミック」をもたらした様々な脆弱性に対して、社会を巻きなおしていく必要がある。

UHC2030共同議長らによる声明

保健システムの強化と「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」(UHC)の実現は、COVID-19の「シンデミック」的側面を克服するうえで一つのカギとなる取り組みである。これについて、UHCの推進を行う国際的な調整機関である「UHC2030」は5月21日、共同議長のジャスティン・クーニン氏(オーストラリア、先進国市民社会代表)とガブリエラ・クエバス=バロン氏(メキシコ合衆国上院議員、列国議会連盟代表)およびUHCを推進してきた政治家や学界代表などで作る「UHC運動政治諮問パネル」の5人のメンバーの名義で、「世界の指導者の皆様へ:今こそすべての人々のために、よりよいグローバル・ガバナンスと国レベルの強い保健システムに投資するとき」(Dear Global Leaders: Now is the Time to Invest in Better Global Governance, and Stronger Country Health Systems-for Everyone)を発表した。

この声明では、この危機を終わらせ、より安全で健康的な未来を創るためには、COVID-19の検査・治療・ワクチンへのアクセスを広げることに加え、(1)COVID-19への取り組みに必要な物資への公平なアクセス、(2)将来のパンデミックや保健上の緊急事態への準備、(3)ユニバーサル・ヘルス・カバレッジの実現、に緊急に取り組まなければならない、としている。

このうち、(1)については、これを実現するための国際協調の枠組みであるACTアクセラレーター(COVID-19関連製品アクセス促進枠組み)の枠組みの一つとして、COVID-19に関わる保健システム強化のための調整枠組みとなっている「保健システム・コネクター」(Health Systems Connector)を含め、途上国でワクチンが人々の手に届くために必要なのは保健システムだとして、ACTアクセラレーターが完全に機能させるために、援助国への資金提供の拡大を求めている。

次に、今後の緊急事態への準備n拡大については、5月12日に発表された、WHOの「パンデミック対応・対策独立パネル」の提言に沿って、パンデミックにグローバルに対応できる、よりよいグローバル・ガバナンスをセットするように求めている。

第三に、UHCについては、グテーレス国連事務総長の「COVID-19は、強力な保健システムと緊急事態への備えが、コミュニティ、経済、そしてすべての人にとって不可欠なものであることを示した」という言葉を引いて、今ほどUHCの実現が必要な時はない、と主張している。

そのうえで同声明では、COVID-19の危機は、保健こそ各国の経済・社会的な取り組みの中心に一づくのだということを明らかにした、と述べ、各国の指導者に対して、すべての人の保健課題が取り残されてはならないこと、すべての人のための保健システムに投資しなければならないことを呼びかけている。

2021年のUHCデーの標語は「誰の保健問題も取り残さない」

UHC2030は、5月28日には、「UHCとCOVID-19関連製品への公平なアクセスのために、どう保健システムを強化するか」という記事を発表、UHC2030と連携関係にある以下の保健関連パートナーシップのUHCへの取り組みを紹介している。

◎プライマリー・ヘルスケア:プライマリー・ヘルスケア・パフォーマンス・イニシアティブ(PHCPI)
◎保健公共財の優先化:保健システム・ガバナンス連携(HSGC)
◎保健人材の支援:国際保健人材ネットワーク(GHWN)
◎保険財政と社会保障:保健のための供給(P4H)
◎政策決定のためのデータ・情報システム:保健データ協力(HDC)
◎調査と証拠に基づいた政策形成:ヘルス・システム・グローバル(HSG)
◎国をまたいだ情報交換と学習:共同学習ネットワーク(JLN)
◎新興国の優先事項への機動的対応:UHCパートナーシップ

なお、今年の12月12日の「世界UHCデー」のテーマは、「誰の保健課題も取り残さない:みんなのための保健システムに投資を」(Leave No One’s Health Behind: INvest in Health Systems for All)と決まった。

<参考記事>

1.UHC2030共同議長等共同声明
UHC2030 Co-Chairs Statement: Dear Global Leaders: Now is the time to invest in better global governance, and stronger country health systems ? for everyone

2.UHC2030と連携するイニシアティブからの8つのレッスン
How to strengthen health systems for UHC and equitable access to Covid19 tools

3.2021年のUHCデー