世界の食料 国別状況 な行(ナイジェリア、ニジェール)

ナイジェリア連邦共和国(2018.32019.3

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

北部地域での終わらない紛争による国内避難民の発生、市場崩壊そして食料アクセスの困難

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月期に約450万人が支援を必要とすると推測される。

・社会不安が長引き、200万人以上が国内避難民となっている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

北部地域での終わらない紛争

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、10月から12月期に約240万人が支援を必要とすると推測された。

・現在進行中の社会不安は脆弱世帯の食料アクセスを制限し、市場機能と生計活動に引き続き影響を及ぼしている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

継続する紛争による北部地域での避難民、市場の混乱、食料支援へのアクセスの制限

・「Cadre Harmonisé」の分析によれば、6月から8月期に約530万人が支援を必要になるとしている。

・進行中の社会不安は市場機能と生計活動に引き続き影響を及ぼし、脆弱世帯の食料アクセスを制限している。人道支援にアクセスできない地域は、さらに悪い食料保障の状況に直面している。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

続く紛争が、北部地域での避難民、市場の混乱、食料支援へのアクセスの制限の原因となっている

•2018年「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約310万人が支援を必要としている。6月から8月期にはこれが530万人に増加すると予想されている。

•現在進行中の社会不安は脆弱世帯の食料アクセスを制限し、市場機能と生計活動に引き続き影響を及ぼしている。人道支援にアクセスできない地域は、最悪の食料保障環境に直面している。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

経済不振、通貨安の進行、北部地域 での避難民発生と深刻な社会不安

・約316万人が厳しい食料危機に直面しており救命のための緊急支援および生計支援を必要としていると推定される。このうち約2,000人が飢 きん( *IPC の「壊滅的」に相当)の状態にある。

・2017年は平年作以上の穀物収穫があったにもかかわらず、北部諸州での紛争続発と通貨安の進行により市場の活動が阻害され、食料価格が高止まりしている。

・北東部の暴動によって170万人が国内避難民となっている。


ニジェール共和国(2018.32019.3

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

紛争と不作

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、2019年6月から8月期に約122万2,000人が緊急支援を必要とすると推測される。

・近隣諸国の紛争により、15万8,000人以上が国内避難民となっており、ナイジェリア難民11万9,000人、マリ難民5万6,000人を含む約17万5,000人が難民として暮らしている。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

紛争と不作

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、10月から12月期におおよそ60万人が緊急支援を必要とすると推測された。

・近隣諸国の紛争により、ナイジェリア難民11万9,000人、マリ難民5万7,000人を含む17万6,000人以上が難民として流入しているのに加え、10万4,288人以上が国内避難民となっている。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安と牧草不足が食料保障を阻害

・「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、6月から8月期に約80万人に緊急支援が必要になるとしている。

・近隣諸国の社会不安により、16万6000人以上が難民として住んでおり、そのうち10万8000人がナイジェリアから、5万7000人がマリからの難民である。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安と牧畜用牧草不足が食料保障を阻害

•「Cadre Harmonisé」最新号の分析によれば、おおよそ78万7,000人が緊急支援を必要としている。6月から8月期にはこれが80万人に微増すると予想されている。

•近隣諸国の社会不安により、16万6,000人以上が難民として住んでおり、そのうち10万8,000人がナイジェリアから、5万7,000人がマリからの難民である。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

避難民の発生と社会不安

・30万1,000人以上が深刻な食料不安を抱えていると推定される。

・2017年10月末時点では、国内に約10万8,000人のナイジェリア難民と5万7,000人のマリ難民が暮らしていると推定される。