• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

日本政府への要望書に賛同をお願いします

新型コロナの世界的な深刻化をうけ日本政府に対し、

知的財産権の一部免除を求める要望書を作成
=皆様のご賛同をお願いいたします=

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、感染力の強い変異株の拡大などにより、インドでの急速な拡大などを始め、途上国を中心に、世界的に深刻化の状況にあります。

COVID-19の深刻化を受け、米国政府は5月5日、世界貿易機関(WTO)に提出されている「COVID-19関連の知的財産権の一部免除」提案を支持するとの発表を行いました。欧州諸国なども、この提案への立場の見直しを行いつつあります。

「新型コロナに対する公正な医療アクセスを全ての人に!連絡会」はこれを踏まえ、5月14日、日本政府に対し、知的財産権の一部免除を求める要望書を新たに作成し、日本、世界の市民社会団体に対して、賛同の呼びかけを開始しました。文書を読んでいただいたうえ、多くの団体の皆様のご賛同をお願いいたします。

第一次集約:2021年5月23日(日)PM11:59

日本政府への要望書本文のPDFファイルはこちらからダウンロードできます。
>>日本政府への要望書 PDF [601KB]

本要望書は、6月4日、日本政府に提出しました。
>>詳細はこちら


Please Sign on the Statement!!
The Request to the Government of Japan: Support the Waiver of Intellectual Property Rights on COVID-19

The situation of COVID-19 has been more serious globally, especially in the Global South, due to the emergence of highly infectious mutants.

In response to the growing seriousness of COVID-19, the US government announced on May 5 that it supports the proposal submitted to the World Trade Organization (WTO) for a waiver of intellectual property rights related to COVID-19. EU and others are also reviewing their position on this proposal.

In response to this situation, “Equal Health and Medical Access on COVID-19 for All! Japan Network” issued a new statement of request to the Government of Japan to support the waiver of intellectual property rights on COVID-19, and started calling for civil society organizations to sign on the statement on May 14. We ask all of the colleagues of civil society worldwide to sign on the petition letter.

The first deadline: 11:59 PM, 23rd May, 2021

日本政府への要望書(英語版)The PDF file of the text can be downloaded here.
>>Request for GOJ on IP Waiver PDF[147KB]

The Letter was submitted to the Government of Japan on June 4, 2021.
>>For more information