• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

アフリカNOW 119号

特集:モザンビーク・ナカラ回廊経済開発を問う

Special Topic: Learning from the peasant movement in Mozambique

アフリカNOW119号2022年3月31日発行
頒価500円(+送料)
必要な方はAJF事務局(info@ajf.gr.jp)へご連絡ください。

■会員になると定期的に送付されます。(詳しくはこちら

目次

特集:モザンビーク・ナカラ回廊経済開発を問う
Special Topic: Questioning the Nacala Corridor Economic Development in Mozambique
座談会:プロサバンナ事業の中止を求める運動を振り返って(その2) p.3-10
Round Table: Review of the activities calling for suspension of ProSAVANA-JBM (Part 2)
池上 甲一、渡辺 直子、津山 直子、秋本 陽子、高橋 清貴、近藤 康男、茂住 衛
官民連携に傾斜する開発援助「協力」と海外直接投資  池上 甲一 p.11
Japanese ODA and FDI shifting to Public Private Partnership
ヴィセンテ アドリアーノさんが語る:大規模な資源開発で起こる住民の苦しみ p.12-13
Interview with Vicente Adriano: Residents’ suffering caused by large scale resource development
深尾 幸市さんに聞く:「交流」の現場:1980-83年のナイジェリア北部  解説・聞き手: 玉井 隆 p.14-19
Interview with Fukao Koichi : Field of “exchange”: Northern Nigeria in 1980-1983
AKC リレーエッセイ第12回
ナイジェリアで考え直した、アイデンティティ 齊藤 オヌ 花ジェニファーイフォナイア p.20-21
My identity in Nigeria as a mixed Nigerian and Japanese
「国際保健とCOVID-19」ブログ記事から
グローバルファンド第7次増資の必要金額は180億ドル 稲場 雅紀 p.22
The Global Fund’s Seventh Replenishment targets US$ 18 billion
書評:シンディウェ マゴナ『母から母へ』『When the Village Sleeps』 佐竹 純子 p.23
AJF 事務局から読者の皆さんへ〜ひとつの結び目として/活動日誌 裏表紙

アフリカNOWリンクバナー