7/19 『グローバルヘルス戦略』策定記念シンポジウム

グローバルヘルスの新たな展開と市民社会

7月19日シンポジウム

長引くコロナ禍や気候変動・自然災害、ロシアのウクライナ侵攻を引き金に、世界的な食料危機や経済不安が続く2022年。G7およびG20サミットを目前とした、5月24日、日本政府はグローバルヘルス戦略を策定しました。本シンポジウムでは、このグローバルヘルス戦略をひも解き、パンデミックへの備えを確実にし、『すべての人に健康を』を実現するための政府・民間・公共・市民社会の新しい連携の在り方を考えます。相次ぐ世界が直面する危機や構造変化に対応し、戦略の内容を踏まえて、日本として国際保健をどうリードしてゆくのか、その中で日本の市民社会のあるべき姿を明らかにしていきます。

数年ぶりのリアル会場から、ぜひご参加ください。オンライン参加も歓迎です。

【日時】2022年7月19日(火)17:00~18:30
    会場参加 開場16:45 / オンライン入室開始16:50
   (開始に遅れる場合、17:10以降は会場には入れませんのでご注意ください)
【会場】会場参加:参議院議員会館 101会議室 (東京都千代田区永田町2-1-1 )
    東京メトロ永田町駅 徒歩5分
    オンライン参加:Zoom利用
   (申込の方に、前日および当日正午に参加のリンクを送ります)
【参加費】無料
【定員】会場参加50名 オンライン参加100名
【申込締切】2022年7月18日(月)
【お申し込み】 https://forms.gle/T8pWWH9rBgptdV1s6
【お問い合わせ】GII/IDI懇談会 NGO連絡会(事務局:公益財団法人ジョイセフ)
        E-mail: gii@joicfp.or.jp
【主催】 GII/IDI懇談会 NGO連絡会
【後援】外務省、グローバル連帯税フォーラム

【プログラム】
1、開会および進行 迫田朋子氏(ジャーナリスト)
2、議員挨拶  武見敬三氏(参議院議員)
3、はじめに 「グローバルヘルス戦略とは」 
  南博氏(内閣府 健康・医療戦略推進事務局健康・医療戦略ディレクター)
4、基調講演 
  「コロナとウクライナ危機の下でのグローバルヘルスの在り方とその展開」
  詫摩佳代氏(東京都立大学教授)
5、パネルディスカッション 「グローバルヘルス:市民社会の価値と連携の可能性」
  進行:迫田朋子氏
  パネリスト:
   有識者 詫摩佳代氏(東京都立大学教授)
   外務省 原圭一氏(外務省 国際協力局参事官 地球規模課題担当)
   市民社会 稲場雅紀氏(GII/IDI懇談会NGO連絡会代表、アフリカ日本協議会共同代表)
   市民社会 米良彰子氏(世界の医療団日本 事務局長)
    *登壇者がオンラインで参加の可能性もあります。

6、討論、質疑応答
7、閉会挨拶 伊藤聡子氏(日本国際交流センター 執行理事)

【関連資料】
(1)新グローバルヘルス戦略へのリンク
(2)内閣官房 健康・医療戦略推進本部 グローバルヘルス戦略推進協議会へのリンク
上記ページのうち「グローバルヘルス戦略推進有識者タスクフォース」の会合記録からは、戦略策定に向けてどのような討議がなされたかや、市民社会からの提出資料などについて確認できます。
(3)「ポスト・コロナのわが国の国際保健外交」提言書へのリンク
この新戦略の策定に向けた動機付けともなった「保健ODAの在り方を考える特別委員会」(委員長:塩崎恭久前衆議院議員)の提言書です。
(4)日本政府「平和と健康のための基本方針」へのリンク
日本政府・外務省は1994年から5~8年ごとに体系的な国際保健政策を策定してきました。今回の新グローバルヘルス戦略の前の2015-20年の戦略が「平和と健康のための基本指針」です。