• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

世界の食料 国別状況 は行

ブルキナファソ(2018.32021.3

2021.3  北部の社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2021年6月ー8月期に、約270万人が人道支援を必要としていると推定された。センター・ノルド地域とサヘル地域においては、不安定さが避難民を発生させ続けており、食料安全保障の状況を一層悪化させている。

・紛争のため約107万人が国内避難民となっており、そのうち50%はセンター・ノルド地域に暮らす人々である。また、マリ出身者を中心とする約2万250人の難民はいまもサヘル地域に暮らしている。

2020.12 北部の社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2020年10月-12月期に、約200万人が外部からの食料支援を必要とすると推定される。

・紛争のため約100万人が国内避難民となっており、そのうち50%はセンター・ノルド地域に暮らす人々である。また、マリ出身者を中心とする約2万人の難民はいまもサヘル地域に暮らしている。

2020.9 北部での社会不安
・政府により更新された「Cadre Harmonisé」の結果によれば、2020年6月から8月期に、約328万人が外部からの食料支援を必要としたと推定される。
・紛争のため約100万人が避難し、そのうち50%はセンター・ノルド地域に暮らす人々であった。また主にマリからの難民約2万人は未だサヘル地域に暮らしている。

2020.7 厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、主に北部での社会不安のため、2020年6月から8月期に食料支援を必要とする人々の数は210万人と推定される。

・2万1,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で92万1,500人の国内避難民がいる。

2020.3 厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、主に北部での社会不安のため、2019年10月から12月期に食料支援を必要とする人々の数は120万人と推定された。

・2万6,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で56万人の国内避難民がいる。

2019.12 厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、主に北部での社会不安のため、2019年10月から12月期に食料支援を必要とする人々の数は120万人と予想された。

・2万6,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で48万6,000人の国内避難民がいる。

2019.9 厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、主に北部での社会不安のため、2019年6月から8月期に食料支援を必要とする人々の数は68万7,000人と予想された。

・2万6,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で22万人の国内避難民がいる。

2019.7 厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、主に北部での社会不安のため、2019年6月から8月期に食料支援を必要とする人々の数は68万7,000人と予想された。

・2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で14万8,000人の国内避難民がいる。

2019.3厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月にかけて食料支援を必要とする人々の数は67万6,000人と予想された。主に地域的な食料生産の不足による。

・2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で4万人の国内避難民がいる。

2018.12厳しい局地的食料不安

穀物供給ひっ迫と食料価格高騰

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、6月から8月期に食料支援を必要とする人々の数は95万人と予想された。主に地域的な食料生産の不足による。

・2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。

2018.9厳しい局地的食料不安

供給ひっ迫と食料価格高騰

・最新の“Cadre Harmonisé” の分析によれば、主として地域的な食料生産不足のために6月から8月にかけて約95万人が食料支援を必要としたと予想される。

・国内に2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が暮らすと推定される。

2018.6厳しい局地的食料不安

供給ひっ迫と食料価格高騰

・2018年3月の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、3月から5月にかけて約74万2,000人が食料支援を必要とすると予想される。この数は、地域的な食料生産不足のために6月から8月にかけて95万人以上に増大すると予想される。

・国内に2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が暮らすと推定される。

2018.3厳しい局地的食料不安

難民流入によるコミュニティへの負担

・2018年1月時点で、国内に2万4,000人のマリ難民が暮らすと推定される。

・13万3,000人が食料支援を必要としていると推定される。


ブルンジ共和國(2018.32021.3

2021.3  洪水、地滑り

・主に洪水や土砂崩れによる生計手段の喪失、そして脆弱な家計の生活に対するパンデミックの社会経済的影響の結果として、2020年10月から12月に、約133万人が深刻な食料不安に直面したと推定された。

2020.12 洪水、地滑り

・主に洪水や土砂崩れによる生計手段の喪失、そして脆弱な家計の生活に対するパンデミックの社会経済的影響の結果として、2020年6-8月に、約85万人が深刻な食料不安に直面したと推定された。

2020.9 洪水、地滑り
・2020年6〜8月に、3月以降の豪雨による洪水や土砂崩れによる生計手段の喪失により、約85万人が深刻な食料不安に直面したと推定された。

2020.7 広範囲な食料アクセスの欠如

洪水、地滑り

・2020年6から8月に、3月以降の豪雨による洪水や土砂崩れによる生計手段の喪失により、約85万人が深刻な食料不安に直面したと推定された。

2020.3 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農業生産活動、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に悪影響を与えている。

・2018年後半では約172万人が厳しい食料不足に直面したと推定された。(最新の入手可能な情報)

・一月現在で、10月からの激しい降雨が引き金となった洪水は、1万2,700人の被害者を出した。

2019.12 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に悪影響を与えている。2018年後期では約172万人が厳しい食料不足に直面したと推定された。(最新の入手可能な情報)

2019.9 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に悪影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域は西部のマカマ州、ルタナ州、ルイギ州およびカンクゾ州で、これらの地域は2018年の豪雨により、洪水と土砂崩れで作物を損失している。

・2018年後期には約172万人が厳しい食料不足に直面していると推定されている。(最新の入手可能な情報)

2019.7 広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に悪影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域は西部のマカマ州、ルタナ州、ルイギ州およびカンクゾ州で、これらの地域は2018年の豪雨により、洪水と土砂崩れで作物を損失している。

・2018年後期では約172万人が厳しい食料不足に直面していると推定されている。(最新の入手可能な情報)

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に悪影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域はタンザニア連合共和国と国境を接するマカマ州、ルタナ州、ルイギ州およびカンクゾ州西部の多くの地区。

・約172万人が厳しい食料不足に直面していると推定されている。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域は西部のルイギ州。

・約167万人が厳しい食料不足に直面していると推定されている。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済不振、一部地域での不作

・市場、農業生産活動、暮しの混乱が、限られた人道支援と食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料事情に深刻な影響を与えている。

・約167万人が厳しい食料危機に直面していると推定されている。最も影響を受けているのは、ルイギ州西部である。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域は東部のルイギ州。厳しい食料不足に直面している人口は約180万人と推定されている。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済不振、一部地域での不作

・人道支援が限られており食料輸入余力が縮小していることも加わって、市場や農業活動、生活の混乱が引き続き食料事情に深刻な影響を及ぼしている。食料不安が最も深刻な地域は、キルンド州西部のインボ平原と北低地である。