• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

西サハラセミナー:現地取材報告とTICAD(アフリカ開発会議)における「西サハラ問題」

プレビュー(新しいタブで開く)

日時:2019年7月3日(水)18:30〜20:30

場所:東洋学園大学本郷キャンパス 1404教室(1号館4階)
https://www.tyg.jp/access/
資料代:1000円(AJF会員、日本アフリカ学会会員、学生は500円)
主催:特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (AJF)
共催:日本アフリカ学会関東支部
申込:https://forms.gle/H9aQviseZVcgS7bE8
連絡先:アフリカ日本協議会 (AJF)   TEL:03-3834-6902(担当:廣内)E-mai: kaori.hirouchi@ajf.gr.jp

チラシ_page1
 
チラシ_page2

報告1:岩崎有一(ジャーナリスト)

「西サハラ取材報告〜占領地と解放区、難民キャンプの現在」
報告2:稲場雅紀(アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター、市民ネットワークfor TICAD世話人)
「日本のアフリカ外交と西サハラ〜TICAD(アフリカ開発会議)における議論」

報告1概要:
モロッコがスペイン領サハラへの侵攻を始めた1975年の“緑の行進”から、44年が過ぎた。現在、西サハラの民サハラーウィは、3地域に暮らしている。モロッコ占領地では今もモロッコ人の入植が進められ、新ビジネスも勃興。その陰で、サハラーウィへの弾圧も重ねられている。一方、アルジェリア西部チンドゥーフに逃れたサハラーウィは、サハラ・アラブ民主共和国(RASD)を樹立。難民キャンプで独自の社会を形成しながら、独立に向けた活動を継続している。「砂の壁」と呼ばれる分離壁を境に、西サハラ地域のサハラ側はRASD解放区とされる。ここでも、一部のサハラーウィが生活を続けていた。
2018年4月と8月に占領地を、2019年3月に解放区と難民キャンプを取材した。現地の様子と声を、写真とともに報告する。

報告2概要:
近年TICAD(アフリカ開発会議)の公式会議のたびに「西サハラ問題」をめぐり、会議の遅延などの混乱が生じている。何が、こうした事態を招来させているのか。西サハラをめぐるTICADでの動きについて報告するとともに、歴史的な経緯も含め、アフリカ連合、国連、日本政府の立場や対応について検証する。8月にはTICAD7(第7回アフリカ開発会議)が控えている。「西サハラ問題」を通じて見えてくるTICADの実相と、本来アフリカの平和と安定、開発、人道の課題に貢献すべきTICADの今後の在り方について提起する。

■参考:岩崎氏の掲載記事
タコで追う「西サハラ」問題―― 築地から“アフリカ最後の植民地”へ Yahoo!ニュース 特集 Yahoo! JAPAN 2019年1月
https://news.yahoo.co.jp/feature/1202

アジアプレス連載記事 <現地報告>アフリカ最後の植民地・西サハラを行く(全20回を予定)
(1)プロローグ 15年ぶりに訪れた現地は大変化  2019年3月
http://www.asiapress.org/apn/2019/03/african-countries/african/

(2)モロッコ侵攻に始まった西サハラ問題 2019年5月
http://www.asiapress.org/apn/2019/05/african-countries/western-sahara/

(3)砂に囲まれた最大都市エルアイウンに入る 2019年6月