• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

世界の食料 国別状況 ら行

リビア(2018.32019.9

2019.9 厳しい局地的食料不安

社会不安
・人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人は食料支援を必要としている。難民、難民申請者、国内避難民は食料危機にもっともさらされやすい人々である。

2019.7 厳しい局地的食料不安

社会不安

•人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人は食料支援を必要としている。難民、難民申請者、国内避難民は食料危機にもっともさらされやすい人々である。

2019.3厳しい局地的食料不安

社会不安

・人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人は食料支援を必要としている。難民、難民申請者、国内避難民は食料危機にもっともさらされやすい人々である。

2018.12厳しい局地的食料不安

社会不安
・食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

・食料不足は主に南部と東部で報じられている。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。

2018.9厳しい局地的食料不安

社会不安

・食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

・食料不足は基礎的な食品の供給が不足している南部と東部で主に報じられる。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。

2018.6厳しい局地的食料不安

社会不安

•食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

•食料不足は基礎的な食品の供給が不足している南部と東部で主に報じられる。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。

2018.3厳しい局地的食料不安

内戦

・食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

・食料不足は基礎的な食品の供給が不足している南部と東部で主に報じられる。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。


リベリア共和国(2018.32019.9

2019.9 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月期に、約4万1,000人がフェーズ3「危機」もしくはそれ以上の状態にあると推定された。この国は8,700人の難民を受け入れている。

2019.7 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

•約4万1,400 人が食料支援を必要としていると推定される。

2019.3厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約3万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.12厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約1万7,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.9厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約2万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.6厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約2万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.3厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約2万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。


レソト王国(2018.32019.9

2019.9 厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・推定43万3,410人(これは農業人口の約30%にあたる)が2019年10月から2020年3月に食料不安に直面し、前年よりも増加する。

・食料不安の悪化は、主に気候条件による穀物生産減少により引き起こされた。

2019.7 厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・気候条件による穀物生産の減少により2019/2020年度の食料不安は高まる見込みである。

・2018年12月と2019年1月の間に約27万3,000人が食料不安にさらされたと推定された。

2019.3厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・2018年12月から2019年2月にかけて、約27万3,000人が食料不安に直面したと予想された。2018年の穀物生産の減少を受け、昨年よりも人数が増加した。

・2019年の厳しい穀物生産予想に基づき、状況は年内に悪化するとみられる。

2018.12厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・2019年2月までに約25万7,000人が食料不安に影響されると推定される。

・2018年の穀物生産減少のために、今年の食料不安人口の推定は2017年よりもわずかに高い。

2018.9厳しい局地的食料不安

穀物の不作

・2018年、30万9,000人が食料危機の影響を受けていると推定される。

・2018年の穀物不作により、今年度の食料危機の影響を受ける人々が2017年よりも若干増加すると予想される。

2018.6厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足

・2018年の食料事情は穀物生産量の減少予測により、前年に比べ悪化すると予想される。

・2017年に、約22万5,000人が食料支援を必要としたと推定された。

2018.3厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足

・2018年3月後半の収穫開始までに、約22万5,000人が食料支援を必要としており、大半が、乾燥気候が2017年の産作物に影響を及ぼした南西部の人々である。

・2018年の食料事情は穀物生産量の減少予測により、前年に比べ悪化すると予想される。