世界の食料 国別状況 ら行

リビア(2018.32022.3

2022.3  社会不安、経済的・政治的不安定、高い食料価格

  • 2022年人道的ニーズ概要によると、人口の10%にあたる80万人が人道支援を必要としており、そのうち50万人が国内避難民または国内に居住または通過する移民で食料支援を必要としている。

2021.12  社会不安、経済・政治不安、高い食料価格

  • 2021年人道的ニーズ概要によると、130万人(人口の23%)が人道支援を必要としており、そのうち70万人が食糧支援を必要としている。人道支援を必要とする人の半数は、国内に居住している国内避難民や、国内を通過する移民である。

2021. 9  社会不安、経済・政治不安、高い食料価格

・2021年の「人道的ニーズの概要」によれば、人道支援が必要な人は合計130万人(人口の23%)、そのうち70万人に食料支援が必要と推定された。人道支援を必要とする人々の半数は、国内避難民または同国で暮らしているもしくは同国を通過する移民である。

2021. 7  社会不安、経済・政治不安、高い食料価格

・2021年の「人道的ニーズの概要」によれば、人道支援が必要な人は合計130万人(人口の23%)、そのうち70万人に食料支援が必要と推定された。人道支援を必要とする人々の半数は、国内避難民または同国で暮らしているもしくは同国を通過する移民である。

2021. 3  社会不安、経済・政治不安、高い食料価格

・2021年の「人道的ニーズの概要」によれば、人道支援が必要な人は合計130万人(人口の23%)、そのうち70万人に食料支援が必要と推定された。人道支援を必要とする人々の半数は、国内避難民、同国で暮らしているもしくは同国を通過する移民である。

2020.12 社会不安、政治不安、高い食料価格

・2020年に人道支援が必要な人は合計90万人、そのうち34万人に食料支援が必要と推定されていた。難民、難民申請者、国内避難民はなかでもとくに脆弱な立場にある。通貨の下落が止まらず、食料価格は上昇、COVID-19によって雇用の機会が限られるなか、この人数はさらに上昇する可能性がある。

2020.9  社会不安、政治不安、石油価格の低迷
・2020年、人道支援を必要としている人々の総数は、90万人と推定され、そのうち34万人が食料援助を必要としている。 難民、難民申請者、国内避難民は、食料危機に最もさらされやすい人々である。この数字は、地元の通貨価値の低下、食料価格の上昇、およびCOVID-19が臨時的な雇用機会を抑制したことにより上昇したとみられる。

2020.7 厳しい局地的食料不安

社会不安、政治不安、石油価格の低迷

・2020年、人道支援を必要としている人々の総数は、90万人と推定され、そのうち34万人が食料援助を必要としている。 難民、難民申請者、国内避難民は、食料危機に最もさらされやすい人々である。地元の通貨価値の低下、食料価格の上昇および臨時的な雇用機会の低下により、この数字は上昇したとみられる。

2020.3 厳しい局地的食料不安

社会不安

・人道支援を必要としている人々の数は、90万人(人口の13%)と推定され、そのうち34万人が食料援助を必要としている。 難民、難民申請者、国内避難民は、食料危機に最もさらされやすい人々である。

2019.12 厳しい局地的食料不安

社会不安

・人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人が食料援助を必要としている。 難民、難民申請者、国内避難民は、食料危機に最もさらされやすい人々である。

2019.9 厳しい局地的食料不安

社会不安
・人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人は食料支援を必要としている。難民、難民申請者、国内避難民は食料危機にもっともさらされやすい人々である。

2019.7 厳しい局地的食料不安

社会不安

•人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人は食料支援を必要としている。難民、難民申請者、国内避難民は食料危機にもっともさらされやすい人々である。

2019.3厳しい局地的食料不安

社会不安

・人道支援を必要としている人々の数は、82万人(人口の11%)と推定され、そのうち30万人は食料支援を必要としている。難民、難民申請者、国内避難民は食料危機にもっともさらされやすい人々である。

2018.12厳しい局地的食料不安

社会不安
・食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

・食料不足は主に南部と東部で報じられている。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。

2018.9厳しい局地的食料不安

社会不安

・食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

・食料不足は基礎的な食品の供給が不足している南部と東部で主に報じられる。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。

2018.6厳しい局地的食料不安

社会不安

•食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

•食料不足は基礎的な食品の供給が不足している南部と東部で主に報じられる。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。

2018.3厳しい局地的食料不安

内戦

・食料支援を必要としている人々の数は、40万人と推定され、そのもっとも食料危機にさらされやすい人々の中に、難民、難民申請者、国内避難民がいる。

・食料不足は基礎的な食品の供給が不足している南部と東部で主に報じられる。影響を受けた人々の中で補助金の支援がある食料へのアクセスが限られている。


リベリア共和国(2018.32022.3

2022.3  食料価格の高騰、経済の低迷

  • 最新の「Cadre Harmonisé」の分析によると、高い食料インフレ率とCOVID-19の大流行による経済への悪影響により、2021年6月から8月にかけて約94万人がフェーズ3(危機)以上と推定された。また、支援を必要とする約8,000人の難民を受け入れている。
  • 主食であるコメの生産量は2021年に平均を下回ると推定され、2022年の食糧不安をさらに悪化させる要因になると予想されている。

2021.12  高い食料価格

  • 最新の「Cadre Harmonisé」の分析によると、高い食料インフレ率とCOVID-19パンデミックによる経済への悪影響により、2021年6月から8月にかけて約94万人がフェーズ3(危機)以上と推定されている。また、同国は支援を必要とする約8,500人の難民を受け入れている。

2021.9  高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、高い食料インフレ率とCOVID-19パンデミックの経済に対する負の影響により、約94万人が2021年6月ー8月期にフェーズ3「危機」またはそれ以上と推定された。支援を必要とする約8,200人の難民も受け入れている。

2021.7  高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、高い食料価格により、約94万人が2021年6月ー8月期にフェーズ3「危機」またはそれ以上と推定されている。約8,500人の難民も受け入れている。

2021.3  高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、主に輸入されたコメや全体的なインフレによる著しい物価上昇による高い食料価格により、約55万人が2021年6月ー8月期にフェーズ3「危機」またはそれ以上と推定されている。さらに約8,200人の難民も受け入れている。

2020.12  高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約45万750人が2020年10月-12月期にフェーズ3「危機」またはそれ以上と推定されている。さらに約8,200人の難民も受けいれている。

2020.9  高い食料価格
・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約4万1,000人が2020年6月から8月期にかけてフェーズ3「危機」以上にあると推定されている。 約8,700人の難民を受け入れている。

2020.7 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約4万1,000人が2020年6月から8月期にかけてフェーズ3「危機」以上にあると推定されている。 約8,700人の難民を受け入れている。

2020.3 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、約4万1,000人が2019年6月から8月期にかけてフェーズ3「危機」以上にあると推定されている。 約8,700人の難民を受け入れている。

2019.12 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

・「CadreHarmonisé」分析によれば、約4万1,000人が2019年6月から8月期にかけてフェーズ3「危機」以上にあると推定されている。 約8,700人の難民を受け入れている。

2019.9 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月期に、約4万1,000人がフェーズ3「危機」もしくはそれ以上の状態にあると推定された。この国は8,700人の難民を受け入れている。

2019.7 厳しい局地的食料不安

高い食料価格

•約4万1,400 人が食料支援を必要としていると推定される。

2019.3厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約3万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.12厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約1万7,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.9厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約2万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.6厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約2万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。

2018.3厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足および難民の流入

・約2万9,000 人が食料支援を必要としていると推定される。


レソト王国(2018.32022.3

2022.3  経済の低迷

  • 2022年1月から3月の間にフェーズ3(危機)レベルの食糧不安に直面する人の数は33万8,000人と推定され、これは、食糧アクセスのための世帯の経済的能力に影響を及ぼしている遅い経済回復を反映したものである。

2021.12  経済の低迷、所得の減少

  • 2022年1月から3月の間に食糧不安に陥ると予測される人の数は31万2,000人で、同時期の2021年の推定値のほぼ半分である。見通しの改善は、主に2021年に国内の穀物生産が好転して、家計の穀物供給が強化されることにかかっている。しかし、経済回復の遅れが引き続き世帯の収入に制約を与えており、食料を入手する経済的能力に影響を及ぼしている。

2021.9  経済停滞と収入減少

・2022年1月から3月期の農閑期に食料不安にあると推定される人の数は31万2,000人で、2021年に推定された数の約半分である。改善された見通しは、主に世帯の穀物供給を押し上げた2021年の国内穀物生産の増加によるものである。しかし、2021年の経済の回復の遅れは、その食料アクセスに負の影響を与え、世帯収入を抑制し続けている。

2021.7  収入減少

・2021年の穀物生産は平年を超えると見られる。しかし、2021年の経済回復の遅れば、引き続き世帯の収入を抑制し、食料アクセスに負の影響を与える。概ね、食料不安にある人々の数は2020年10月-2021年3月期の深刻な食料不安に陥った58万2,000人よりは減少するとみられている

2021.3  局地的な生産量の不足、収入創出活動の喪失

・約58万2,000人が2020年10月ー2021年3月期に深刻な食料不安に陥ると推定されており、2019/20年の同時期よりも10%多い。こうした状況の悪化は、高い食料価格とCOVID-19に誘発された経済の低迷による収入創出活動の喪失を反映している。

2020.12 局地的な生産量の不足、収入創出活動の喪失

・約58万2,000人が2020年10月-2021年3月に深刻な食料不安に陥ると推定されており、2019/20年の同時期よりも10%多い。こうした状況の悪化は、高い食料価格とCOVID-19に誘発された経済の低迷による収入創出活動の喪失を反映している。

2020.9 局地的な生産不足、収入創出活動の消失

・2020年7月から9月に、農村地域の約38万人が深刻な食料不安に直面したと予測され、2020年10月から2021年3月には58万2,000人に増加する見込みである。この悪化は、食料価格の高騰、COVID-19のパンデミックが経済低迷を誘発したことにより、収入創出活動が消失したことを反映している。

2020.7 厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足

・2019年10月から2020年3月に、約43万3,000人が食料支援を必要としたと予想された。2020年は穀物生産量が増加する見込みで、状況は改善しそうだが、南部地域では局地的な生産不足であり、逆に食料不安に見舞われるだろう。

2020.3 厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・2019年10月から2020年3月に、約43万3,000人(農村人口の約30%)が食料不足人口と予想され、前年より増加している。

2019.12 厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・2019年10月から2020年3月に、43万3,410人(農村人口の約30%)が食料不足人口と予想され、前年より増加している。

・気候条件による穀物生産の減少が食料保障の悪化の主な原因となっている。

2019.9 厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・推定43万3,410人(これは農業人口の約30%にあたる)が2019年10月から2020年3月に食料不安に直面し、前年よりも増加する。

・食料不安の悪化は、主に気候条件による穀物生産減少により引き起こされた。

2019.7 厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・気候条件による穀物生産の減少により2019/2020年度の食料不安は高まる見込みである。

・2018年12月と2019年1月の間に約27万3,000人が食料不安にさらされたと推定された。

2019.3厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・2018年12月から2019年2月にかけて、約27万3,000人が食料不安に直面したと予想された。2018年の穀物生産の減少を受け、昨年よりも人数が増加した。

・2019年の厳しい穀物生産予想に基づき、状況は年内に悪化するとみられる。

2018.12厳しい局地的食料不安

穀物生産の減少

・2019年2月までに約25万7,000人が食料不安に影響されると推定される。

・2018年の穀物生産減少のために、今年の食料不安人口の推定は2017年よりもわずかに高い。

2018.9厳しい局地的食料不安

穀物の不作

・2018年、30万9,000人が食料危機の影響を受けていると推定される。

・2018年の穀物不作により、今年度の食料危機の影響を受ける人々が2017年よりも若干増加すると予想される。

2018.6厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足

・2018年の食料事情は穀物生産量の減少予測により、前年に比べ悪化すると予想される。

・2017年に、約22万5,000人が食料支援を必要としたと推定された。

2018.3厳しい局地的食料不安

局地的な生産不足

・2018年3月後半の収穫開始までに、約22万5,000人が食料支援を必要としており、大半が、乾燥気候が2017年の産作物に影響を及ぼした南西部の人々である。

・2018年の食料事情は穀物生産量の減少予測により、前年に比べ悪化すると予想される。