夏の募金へのご協力のお願い

アフリカ日本協議会(AJF)「夏の募金」へのご協力のお願い

平素より、アフリカ日本協議会の活動に深いご理解およびご協力を賜り、心よりお礼を申し上げます。

アフリカ日本協議会は、アフリカの人々と対等なパートナーシップを築き、相互理解・交流、政策提言、保健・環境などの課題への取り組みなど、1994年の設立からさまざまな活動を行ってきました。25周年を迎える今年も、アフリカに関わる人々が情報や知識、経験を共有する機会を作り、共に行動していくよう尽力しています。

一方で、活動資金についてまだ十分確保できておらず厳しい状況です。活動を支えるためのご寄付「夏の募金」へのご協力を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

●ご支援を必要としている主な活動
1)アフリカンキッズクラブ
アフリカ出身者のいる家族の子どもたちを中心に集まり、ダンスやクラフト、料理など、多様なアクティビティを通して、アフリカの文化に触れる活動をしています。
子ども・保護者ともに、仲間をつくり、思いや体験を共有する場になっています。

2)在日アフリカ人のイベント
様々な出身国の人たちと協力・連携し、多様なアフリカを理解し、共に生きる社会をつくるよう活動しています。また、他団体とも協力し合い、難民・難民申請者など困難に直面している人々の生活や教育等の相談を受け、サポートしています。

3)第7回アフリカ開発会議(TICAD7)
アフリカ開発会議(TICAD)は、アフリカの各国首脳が集う、日本最大級の国際会議です。8月28-30日には、横浜でTICAD7が開催されます。AJFは、TICAD当初から市民レベルのネットワークの構築に努め、現在は「市民ネットワークfor TICAD」の事務局を担っています。TICAD7でも、アフリカの市民社会とのパートナーシップで、政策提言やイベントを行います。

4)AJF設立25周年記念企画
今年は、1994年設立から25周年を迎え、10月12日(土)に記念イベントを開催します。これまでの活動を振り返ると共に、今まで以上にアフリカと日本の市民の架け橋となるための企画としていきます。また会報誌『アフリカNOW」において、2回に亘って25周年記念号を発行する予定です。
AJF「夏の募金」は、例えば次のような活動に使わせていただく予定です。

*3,000円: TICAD7サイドイベントの運営をサポートするボランティアスタッフの交通費(1名の約2日分)をお支払いできます。
*5,000円: アフリカンキッズクラブ(または在日アフリカ人)のイベント会場費(1回4時間分)を支払うことができます。
*10,000円: アフリカンキッズクラブのイベント運営費(講師費、ボランティア交通費、事務経費など)を1回分カバーできます。
*50,000円: 会報誌「アフリカNOW」25周年記念号を400冊印刷することができます。

どうかAJF「夏の募金」にご協力を賜りますようお願い申し上げます。

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会
代表理事 津山直子
事務局長 横田雅史

● クレジットカードによる寄付や会費は、CANPAN決済サービスをご利用いただけます。
https://kessai.canpan.info/org/ajf/

● クレジットカード以外では、以下のいずれかの方法でお願いいたします。

1)【郵便振替口座】
00120-3-573276 特定非営利活動法人アフリカ日本協議会

2)【銀行口座】
三菱UFJ 銀行上野支店(普)5305887
特定非営利活動法人アフリカ日本協議会

● 古本などによる募金は以下からお願いいたします。

古本チャリティ募金のお申込

古本チャリティ募金