• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

メールマガジンAFRICA ON LINE 1151号

メルマガに登録すると、下記のようなアフリカに関係する情報が毎週届きます。

購読登録は下記リンクから(無料)

メルマガ申込リンクバナー

 

===================================================
■■■■■■■ AFRICA ON LINE
■■■■■ アフリカ情報インターネットマガジン
■■■■ 第1151号2022年4月25日発行
■■■ (1931部発行)
=====================================================

ひとこと by 編集部 Maya ——————————
日本に帰国したと思ったらあっという間にタンザニアへ戻る日が
近づいてきました。
体制を整えて、娘と一緒にタンザニアのエコビレッジへ戻ります。
タンザニアにいる日本人の知り合いの方も少し増え、
タンザニアと日本がますます近く感じてきました。
きれいごと満載のエコビレッジをきれいごとで進めていきたい
という気持ちは忘れず現実も受け止めながら
エコビレッジを創っていきます。
———————————————————-

———[イベント情報]————-——————–
以下のリンクのフォームから投稿お待ちしています!
https://forms.gle/RbeY9USsd76psZLM7
*スパム対策のため、添付ファイルを受け付けていません。
*機種依存文字禁止(表示されなくなります)
*URLが長い場合、URL短縮サービスを使って短縮することがあります
※不具合やご質問は下記までご連絡ください:info@ajf.gr.jp
———————————————————-

【目次】
*新型コロナウイルス拡大防止のため、施設の営業時間変更や休業
イベントが中止・延期になる場合があります。
お出かけ前にご確認ください。

■アフリカ関連イベント
●実会場●
NEW! 1) アフリカン現代アート・ティンガティンガ原画展2022(第13回横浜展)(4/28~5/8)
●オンライン●
1) ジャーナリスト岩崎有一の『アフリカ概論2022』(4/21~5/18)
2) アフリカの納豆文化を探る(4/26)
3) チョコレートやドライフルーツ:アフリカの生産者とつながる「食料主権」(4/28)
NWE! 4)上智大学 Africa Weeks 2022(5/16~5/28)
NWE! 5)【文化人類学の実を食べた人たち】第1回「アフリカの水を飲んだ2人」の話(5/15)

■Culture 文化/映像/動画/書籍等
1) 日本ボランティアセンターYoutubeチャンネル
2) 書籍紹介『熱帯生物学』

■求人
1) AJF アフリカニュース収集・分析インターン募集

■クラウドファンディング
NEW! 1) アフリカ象の密猟で犠牲になる孤児象を救いたい(~5/15)
2) 湖と大地の恵みを地域の未来のために「ローカル食堂」をマラウイに創りたい(~5/22)
3)生理で退学するエチオピアの少女たちに繰り返し使える吸水ショーツを(~5/26)
4)ウクライナ・コンゴ危機「いのち」を守る緊急支援(~6/13)

———————————————————–
■Event Guide アフリカ関連イベント
———————————————————–

●実会場●
NEW! 1)
■■■アフリカン現代アート・ティンガティンガ原画展2022(第13回横浜展)■■■

ティンガティンガ原画展2022(第13回横浜展)を
日本大通りのギャルリーパリにて開催いたします。
会期中会場では、タンザニア在住、横浜出身の
バラカ代表 島岡強・由美子夫妻が来日し在廊いたします。
今回は「アフリカに咲く熱帯の花、笑顔の花ワイルドフラワー120」出版記念展となっております。
出版記念イベントとして著者、島岡由美子による出版記念サイン会を連日開催いたします。

日時:4月28日(木)~5月8日(日)11:00~19:00 (最終日17:00まで)
会場:ギャルリーパリ
 横浜市中区日本大通14 KN日本大通ビル1F(旧横浜三井物産ビル)
 アクセス:JR、地下鉄「関内駅」徒歩5分、みなとみらい線「日本大通り駅」3番出口徒歩1分
入場料:無料
詳細:https://tinyurl.com/3jsppb8y

●オンライン●
1)
■■■ジャーナリスト岩崎有一の『アフリカ概論2022』
第1回:アフリカという名の国はない 分類法から見るアフリカ■■■

『アフリカ概論』の講師は、アフリカを20年以上28ヶ国取材しているジャーナリストの
岩崎有一さん。毎回、日本で語られていない情報と写真を交えてお話いただきます。
月1回年10回を1サイクルとした連続講座ですが、気になる回を単発受講することも可能です。

第1回『アフリカ概論 2022』では、言語、文化、経済圏など、異なる国にまたがる
共通項をもとに、現地の写真や声をご紹介しながら、アフリカを見渡します。
体系立てた分類に基づくアプローチは、アフリカ大陸全体の理解に向けた大切な第一歩となるものです。

アーカイブ視聴期間:4/21(木)~5/18(水)
詳細:https://africa2201.peatix.com/

2)
■■■アフリカの納豆文化を探る■■■

日本でよく食べられている納豆が、実はアフリカでも多く食べられています。
「世界最大の納豆地帯は西アフリカだ」と言われる作家の方もいます。
特に、西アフリカ乾燥地では納豆は伝統的な食材であるとともに、
その味の好みには地域差があり、また現代的な料理へとアレンジが加えられています。

今回は、これまでさまざまなアフリカ料理を食べ、
研究されてきた京都精華大学准教授の清水貴夫さんに、
納豆を通した西アフリカの食文化からアフリカの食文化、
さらには文化のとらえ方について、幅広くお話しいただきます。

日時:2022年4月26日 (火) 19:00-20:15
場所:オンライン(Zoom)
参加費:無料(先着順、95名まで)
詳細:https://www.facebook.com/events/713020793041993?ref=newsfeed

3)
■■■チョコレートやドライフルーツ:
アフリカの生産者とつながる「食料主権」■■■
(PARC×アフリカ日本協議会オンライン連続講座第2回)

生産・加工・流通・消費のフードシステムがより複雑になっている中で
何を生産し、食べるかを自分たちで選ぶ「食料主権」という考え方があります。
アフリカの生産者とつながり、チョコレートやお茶、ドライフルーツ、
はちみつなどを、公正で対等な関係の下に輸入している「アフリカンスクエアー」
の食品担当者が、「食料主権」の考え方を軸にアフリカの食品の価値や魅力について語る。

詳細・申し込みhttps://www.parcfs.org/store/products/fs2022-18

稲川義隆(有限会社アフリカンスクエアー 取締役食品部部長)
在日アフリカ人ゲスト:Rabemanolontsoa Harifara(ラベマノルンツ ハリファラ)
(京都大学研究員/マダガスカル出身)

日時:4月28日(木) 午後7時~9時
開催形式:オンライン(zoom)
受講料:1,000 円
詳細:https://www.parcfs.org/store/products/fs2022-18

NWE! 4)
■■■上智大学 Africa Weeks 2022■■■

上智大学にて、アフリカ地域を身近に感じられるよう、
アフリカ地域への理解を促進し、連携を深めていくためへの取り組みとして
「アフリカ・ウィークス」を開催します。
オンラインによるシンポジウムや学生企画など、
多彩なプログラムを実施いたしますので、ぜひご参加ください。

開催期間:5月16日~5月28日
開催形式:オンライン(zoom)
参加費:無料
詳細:https://tinyurl.com/ut7nnsh5

NWE! 5)
■■■【文化人類学の実を食べた人たち】
       第1回「アフリカの水を飲んだ2人」の話■■■

「文化人類学の実」をかじってみたら、どんな世界が見えるかな。 
バックパッカーを経てアフリカ旅行会社に15年以上勤務し、
コロナ禍で転職を選んだ2人は、人生の折々にどんなことを考えて
どんな生き方をしてきたのでしょうか。 
「役に立つ」って、なんだろう。 私たちは、どんなふうに生きたいんだろう。
大学で文化人類学を学んだ人たちの、20年後のお話しです。 
【話し手】
生野 雅一:2000年京都文教大学文化人類学科入学。2005年(株)道祖神入社。
     2021年、道祖神を退社し、兵庫県丹波篠山市に移住。
荒木直人:2001年京都文教大学文化人類学科入学。2006年(株)道祖神入社。
          2022年、道祖神を退社し、独立就農にむけて研修中。 

日時:5月15日(日)15:00~17:00
開催形式:オンライン(zoom)
参加費:無料
詳細・申込先:https://idobata01.peatix.com/

———————————————————–
■Culture 文化/映像/動画/料理等
———————————————————–

1)日本ボランティアセンターYoutubeチャンネル

ハロー!アフリカ!第81回:
ウクライナ情勢を巡って、かつて「ハロー!アフリカ!」に
出演していただいた方々からメッセージをいただきました
https://youtu.be/7qmH34qcsME

We are the world ウクライナ情勢を憂い、この曲を今一度
思い起こして平和を取り戻してみませんか?
https://youtu.be/CB9DZ-ePYxI

ハロー!アフリカ!第82回:
ルワンダに行ってみた! 首都キガリ探訪編
https://youtu.be/M-Dy1TBvxeY

2) 書籍紹介『熱帯生物学』

熱帯作物学の平易なテキスト。特に各論に重点を置き、
食用・薬用・油糧・繊維など様々な作物を取り上げて解説。

志和地 弘信・遠城 道雄(編)
刊行:2022年4月5日
詳細:https://www.asakura.co.jp/detail.php?book_code=41042

———————————————————–
■Recruitment 求人
———————————————————–

1) AJF アフリカニュース収集・分析インターン募集

日本におけるアフリカ関連の報道・記事等を収集し、
リスト化する作業を行うインターンです。

募集人数:2名
条件:無給。業務のために事務所等へ来る必要がある場合交通費(短距離)支給。
期間:順次~2023年3月31日(予定)
詳細:https://ajf.gr.jp/intern2022march/

———————————————————–
■クラウドファンディング
———————————————————–
NEW! 1) アフリカ象の密猟で犠牲になる孤児象を救いたい!
詳細:https://readyfor.jp/projects/86307
締切:5月15日

2)湖と大地の恵みを、地域の未来のために!「ローカル食堂」をマラウイに創りたい!
詳細:https://camp-fire.jp/projects/view/571696#menu
締切:5月22日

3)生理で退学するエチオピアの少女たちに
繰り返し使える吸水ショーツを!
詳細:https://readyfor.jp/projects/trendix?fbclid=IwAR2AU-CzB9Hy8yWtgoIAdUYzgl4pOwj0WcUI5TAEdkHoE7k6DjVTe3uRyIM
締切:5月26日

4)ウクライナ・コンゴ危機|「いのち」を守る緊急支援
詳細:https://readyfor.jp/projects/terra_r_ukraine
締切:6月13日

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられま
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎AFRICA ON LINE
  の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0000013255.html?l=xlh17b1959