• info@ajf.gr.jp
  • 〒110-0015 東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F

メールマガジン AFRICA ON LINE 1149号

メルマガに登録すると、下記のようなアフリカに関係する情報が毎週届きます。

購読登録は下記リンクから(無料)

メルマガ申込リンクバナー

===================================================
■■■■■■■ AFRICA ON LINE
■■■■■ アフリカ情報インターネットマガジン
■■■■ 第1149号2022年4月11日発行
■■■ (1931部発行)
=====================================================

ひとこと by 編集部 Nats ——————————
立夏まであと1か月弱ですが、もう夏の気温ですね。
数日前まで夜は暖房をつけていたのに、日中冷房の季節になってしまいました。
アフリカで汗ばむ中飲む初めて飲んだマンゴージュースの感激って
割と多くの人が体験しているのではないでしょうか。
酸味の効いたタマリンドやビサップ(ハイビスカス)もいいなあ。
3~4月はデトックスの時期らしく、体に良いアフリカの食べ物を取り入れたいものです。
———————————————————-

———[イベント情報]————-——————–
以下のリンクのフォームから投稿お待ちしています!
https://forms.gle/RbeY9USsd76psZLM7
*スパム対策のため、添付ファイルを受け付けていません。
*機種依存文字禁止(表示されなくなります)
※不具合やご質問は下記までご連絡ください:afol@ajf.gr.jp
———————————————————-

【目次】
*新型コロナウイルス拡大防止のため、施設の営業時間変更や休業
イベントが中止・延期になる場合があります。
お出かけ前にご確認ください。

■アフリカ関連イベント
●実会場●
1) フランス語圏のリサーチ
:京都大学アフリカ地域研究資料センター(4/14,4/21)
2)コーヒーANDエコビレッジinタンザニア(4/16)
●オンライン●
New! 1) あなたと共に考えるこれからの共生社会
アフリカの現場から見えた私たちにできること(4/23)
New! 2)ケニア事業報告会
~ケニアの未来のこれまでとさらなる未来(4/24)
New! 3)アフリカの納豆文化を探る(4/26)

■Culture 文化/映像/動画/書籍等
1) 書籍紹介『キリマンジャロの農家経済経営』

■求人
1) AJF アフリカニュース収集・分析インターン募集

■クラウドファンディング
New! 1)生理で退学するエチオピアの少女たちに
繰り返し使える吸水ショーツを!(~5/26)
2)ウクライナ・コンゴ危機「いのち」を守る緊急支援(~6/13)

———————————————————–
■Event Guide アフリカ関連イベント
———————————————————–

●実会場●
1)
■■■フランス語圏のリサーチ
:京都大学アフリカ地域研究資料センター■■■

今夏予定されている第8回アフリカ開発会議(TICAD)前に
仏語圏のアフリカに出会うチャンス!
世界でフランス語を話すのは約3億人ですが、
その多くはアフリカ大陸に住む30歳未満の若い人達です。
今年のフランコフォニーは、そんな可能性に満ちたアフリカにフォーカス!

会場:アンスティチュ・フランセ関西─京都
入場無料、事前予約不要
※講演は日本語

4月14日(木) 13:30~15:00
「ブッシュミート:アフリカ熱帯雨林の人々の暮らしと野生動物保全」
講演:本郷 峻 京都大学 アフリカ地域研究資料センター 特定研究員
4月21日(木)9:30~11:00
「アマドゥ・ハンパテ・バにおける言語と教育:西アフリカにおけるイスラームの近代」
講演:中尾 世治 京都大学アフリカ地域研究資料センター 助教
詳細:https://www.institutfrancais.jp/kansai/agenda/caas/

2)
■■■コーヒーANDエコビレッジinタンザニア■■■
コーヒー焙煎所で、キリマンジャロ産のコーヒー豆をより分ける手仕事をしながら、
自然と人の暮らしが調和する場を目指して作り始めたエコビレッジについて
伝える会を開きます。

日時:4月16日(土)13時から16時まで
場所:ほんとうにおいしいコーヒー焙煎所
(東京都江東区福住1-5-14)
参加費:2,000円~
※コーヒー豆の選り分け体験+コーヒー1杯+豆お土産付き
※エコビレッジの話を聞いて、価値を感じた分、応援してもらえたら嬉しいです。
申込・詳細:https://fb.me/e/1zRDHVRs3

———————————————————–
■Culture 文化/映像/動画/料理等
———————————————————–

1) 書籍紹介『キリマンジャロの農家経済経営』辻村英之著(学術書)
キリマンジャロ西斜面の山奥にあるルカニ村。「世界農業遺産」に認定されるほどの
魅力的な農林畜複合経営が、「コーヒー危機」の影響で崩壊したが、フェアトレード
の取り組みにより復興しつつある。2002年~13年における農家の経営行動を観察し、
「アフリカ型」の貧困削減・農村開発のあり方を探る。
2021/12/21刊行
定価:6,050円(本体5,500円+税)
http://www.showado-kyoto.jp/book/b593605.html

●オンライン●
New! 1)
■■■あなたと共に考えるこれからの共生社会
アフリカの現場から見えた私たちができること■■■

アフリカ平和再建委員会(ARC)のビジョンでもある「和解と共存」をテーマに、
事務務局長とアフリカでの活動経験を持つインターン経験者が、
平和構築、スポーツ、教育などの視点から語り合います。
皆さんも、今後の共生社会について一緒に考えてみませんか?

日時:2022年4月23日(土) 19:00-20:00
主な対象:国際協力に興味のある学生・社会人
会場:オンライン会議システムZoom
参加費:無料
主催:アフリカ平和再建委員会
詳細・申し込み:https://www.arc-japan.org/campaign/

New! 2)
■■■ケニア事業報告会
~ケニアの未来のこれまでとさらなる未来■■■

ケニアの未来は、ケニアの社会的に脆弱な子どもたちが、ケニア社会の大人たちに守られ、
支えられながら成長していくことを目的として活動する特定非営利活動法人です。
2014年に非行少年たちの社会の中での立ち直りや社会復帰を目指して設立され、
ケニアで8年間活動してきました。

現在は、ケニアに年間約40万人いるといわれている妊娠・出産を
経験する女児の問題に対して、JICA草の根技術協力事業として
農村部のコミュニティで「地域住民による早期妊娠予防活動の実施能力向上事業」を実施中です。
今回は、ケニア事業総括の橋場美奈の一時帰国にあたり、
ケニアの未来単独主催としては約2年半ぶりに、
早期妊娠予防事業を中心としたケニア事業についてご報告し、
ケニア社会における子どもたちの根深い問題について
これまで行ってきたこと、これからのビジョンについて、
共有させていただきたいと思っています。

【日時】2022年4月24日(日) 
開場(配信開始)14:50
・15:00~17:00 Zoomセッション
【場所】オンライン(Zoomによる開催)
【定員】50名
【料金】500円
【事前申込み】 https://peatix.com/event/3213325

New! 3)
■■■アフリカの納豆文化を探る■■■

日本でよく食べられている納豆が、実はアフリカでも多く食べられています。
「世界最大の納豆地帯は西アフリカだ」と言われる作家の方もいます。
特に、西アフリカ乾燥地では納豆は伝統的な食材であるとともに、
その味の好みには地域差があり、また現代的な料理へとアレンジが加えられています。

今回は、これまでさまざまなアフリカ料理を食べ、
研究されてきた京都精華大学准教授の清水貴夫さんに、
納豆を通した西アフリカの食文化からアフリカの食文化、
さらには文化のとらえ方について、幅広くお話しいただきます。

日時:2022年4月26日 (火) 19:00-20:15
場所:オンライン(Zoom)
参加費:無料(先着順、95名まで)
詳細:https://www.facebook.com/events/713020793041993?ref=newsfeed

———————————————————–
■Recruitment 求人
———————————————————–

1) AJF アフリカニュース収集・分析インターン募集

・日本におけるアフリカ関連の報道・記事等を収集し
リスト化する作業を行うインターンです。
・その他:もし関心・意欲があれば、アフリカの情勢や、
アフリカへの渡航経験などを共有し議論する等を目的とするイベントの企画立案、
実施のお手伝いをしてもらいます。
・募集人数:2名程度
・資格・条件:アフリカに関心がある。在宅にて上記業務を行うためのPC・インターネット
環境がある。できれば英語のネット記事を読める。また現在あるいはこれからアフリカを
対象に研究・調査・仕事等を行おうとする方歓迎
・条件:無給。業務のためにAJF事務所等へ来る必要がある場合、交通費(短距離)支給。
・期間:順次~2023年3月31日(予定)

応募について
・応募される場合、履歴書(様式自由)と志望理由書(様式自由)を、AJF事務局
info@ajf.gr.jp)と担当の玉井隆tamachanyai@gmail.comまでご提出ください。
その後にご都合の良い場所(オンライン含む)・日時で面談を行います。
適任の方が決まり次第、募集を終了します。
詳細:https://ajf.gr.jp/intern2022march/

———————————————————–
■クラウドファンディング
———————————————————–
New! 1)生理で退学するエチオピアの少女たちに
繰り返し使える吸水ショーツを!
詳細:https://readyfor.jp/projects/trendix?fbclid=IwAR2AU-CzB9Hy8yWtgoIAdUYzgl4pOwj0WcUI5TAEdkHoE7k6DjVTe3uRyIM
締切:5月26日

2)ウクライナ・コンゴ危機|「いのち」を守る緊急支援
詳細:https://readyfor.jp/projects/terra_r_ukraine
締切:6月13日

◎このメルマガに返信すると発行者さんにメッセージを届けられま
※発行者さんに届く内容は、メッセージ、メールアドレスです

◎AFRICA ON LINE
  の配信停止はこちら
 https://www.mag2.com/m/0000013255.html?l=xlh17b1959