特定非営利活動法人   ピースウィンズ・ジャパン

 

基礎情報

住所:〒720-1622 広島県神石郡石高原町近田 1161-2    2F
TEL:       0847-89-0885                   FAX:   0847-82-2949
E-mail:     pr@peace-winds.org    URL: http://www.peace-winds.org
FB: @PWJPublicRelations                   Twitter:@PeaceWindsJapan
設立年月日:1996 年 2 月 1 日設立
代表理事: 大西   健丞
統括責任者: 大西  健丞
所属ネットワーク:ジャパンプラットフォーム, JANIC, J-FUN など
会員制度      有事務局スタッフ:スタッフ 290 人(本部契約スタッフ 70 人、事業別契約スタッフ 220 人)(2017 年時点)

事業分野 貧困、保健、教育、ジェンダー、水・衛生、雇用、産業、格差是正、地域づくり、平和・人権、協働
対象地域・国 アフガニスタン、イラク(シリア)、ウガンダ、ケニア、スリランカ、ネパール、ハイチ、ミャンマー、モンゴル、東ティモー ル、南スーダン、日本(東北、熊本、広島、佐賀)
設立の経緯 クルド人支援を行っていた大西健丞が活動の継続ならびに国際的に難民・国内避難民を支援するため設立。
組織の目的 緊急人道支援活動、復興・開発支援活動を行い、人類の平和・共存の理念を普及することを目的とする。
主な事業

■ケニア事業
PWJ は、未だ続くソマリアの内戦や度重なる干ばつのために住む場所を失い、隣国ケニアのダダーブ難民キャンプへ避難して きた人びとへの支援を 2011 年から行っています。事業開始から 2015 年末までに 7,000 軒以上の仮設住宅を完成させ、難民 の人々に提供しました。

■南スーダン事業
20 年以上続いた内戦の終結を受け、2006 年から支援を開始。完全に破壊された南部スーダン(現在の南スーダン)で、支援 のニーズに合わせて井戸掘削やトイレの建設を進め、難民の帰還と復興を促しました。2013 年 12 月の情勢悪化以降は、現地 NGO と提携し、ケニア・ウガンダからの遠隔で国内避難民キャンプの水、衛生支援を継続しています。

主な協力団体 HCR, UNHABITAT, IOM, Mercy Corps(米国), THESO(南スーダン)
定期刊行物 スウィンズニュース(年四回)・ピースワンコニュース(年三回) 報告書(年一回)
出版物
  • NGO、常在戦場 / 大西 健丞(著) (スタジオジブリ [2006/02])
  • ゆめのすけが見た空 / 七色 虹子(漫画)、ピースウィンズ・ジャパン(取材協力) (三栄書房 [2017/1/31]) 命を救われた捨て犬 夢之丞        災害救助 泥まみれの一歩 (ノンフィクション知られざる世界) / 今西乃子 (著)、ピースウィンズジャパン(その他) (金の星社 [2015/4/17])
インターン制度
ボランティア募集
イベント、セミナー 有(現地駐在員の活動報告会   ・子供たちに支援活動や海外の支援地の状況を伝える「学校プロジェクト」)
スタディーツアー
団体より一言 紛争や自然災害、貧困に直面する人々に緊急支援をはじめ、復興・開発支援を行う。災害時にはレスキューチームや災害救助 犬が出動。国内では犬猫の殺処分ゼロを目指した活動のほか、地域活性化などにも取り組む。