公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)

基礎情報: 住所:〒604-8217 京都市中京区六角通新町西入西六角町101番地162-0824  東京都新宿区揚場町2-16 第二東文堂ビル7階
TEL:  075-241-0681 FAX: 075-241-0682
E-mail:  info@kyoto-nicco.org URL: http://www.kyoto-nicco.org/FB: https://www.facebook.com/NiccoKyoto             Twitter@ :https://twitter.com/KyotoNicco1979年12月設立
理事長/事務局長:小野 了代会員制度:あり(個人正会員 : 138名 法人正会員 : 8団体 個人賛助会員 : 267名 法人賛助会員 : 9団体)
事務局スタッフ:有給専従 : 国内5人/海外 日本人スタッフ8人、現地スタッフ43人有給非専従 :国内3人/海外 現地スタッフ4人(年間)無給専従 :国内多数
所属するNGOネットワーク:緊急支援ネットワーク(ジャパンプラットフォーム)、関西NGO協議会
事業分野 貧困、食料、保健、ジェンダー、水・衛生、産業
事業形態 開発事業、物資供給、緊急支援
対象地域・国 アフガニスタン、ヨルダン、パレスチナ、ケニア、フィリピン、ミャンマー、日本(2017年6月現在)
設立の経緯 1979年11月、京都大学に留学中のカンボジア人留学生達が呼びかけて出来た「カンボジア難民救援活動」に、本団体の現理事数名を含む主婦および同志社大学を中心とした京都の各大学の学生や京都の市民が参加して活動を開始し、同年12月15日、京都大学前総長岡本道雄氏、同志社大学総長上野直蔵氏、他3名が発起人となり、前身の「カンボジア難民救援会」が正式に発足した。1993年、外務省より社団法人の許可を受け「日本国際民間協力会」(Nippon International Cooperation for Community Development : NICCO)にとなる。
組織の目的 1. 緊急災害支援
紛争や災害が原因で、生命の危機にさらされる人々の支援を行うこと
2. 自立支援
貧困や災害が原因で、困難な生活状況にある人々に収入を結びつけ、 経済的・精神的な自立を達成すること。
3. 環境保全
地球環境を考慮し、持続可能な発展を何よりも優先すること。
4. 人材育成
技術やリーダーシップを有し、国際社会で通用する人材を育成すること。
主な事業
  • ケニア エコサントイレ(エコロジカルサニテーショントイレ(環境衛生式トイレ)を活用した村づくり
  • シリア難民支援
  • パレスチナガザ地区人道支援
定期刊行物 会誌:リリーフ・アクション(Relief Action)/年2回発行
出版物 小野了代編著(2002)「愛は海を越えて-国際協力のNICCOの22年」
財務情報 2016年度 収入414,902,901円 支出420,051,395円
インターン制度
ボランティア募集
イベント、セミナー
スタディーツアー
団体より一言  

日本国際民間協力会は、京都に本部を置く、国際協力NGOです。設立以来、途上国の人々の経済的・精神的な自立を図るため、世界21カ国で、(1)緊急災害支援、(2)環境に配慮した自立支援、(3)人材育成に取り組んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エコサントイレの使い方を教えてもらう子どもたち、並んで静かに待っている姿がかわいい