Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

2014年度NGO研究会「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジとNGO」海外調査報告会
NGOらしいUHCへの取り組みを探して=フィリピンにおける保険制度導入と保健サービス=

==================
◎日時:12月15日午後1時30分〜4時30分(3時間) ◎場所:中央区立環境情報センター研修室 ・所在地:東京都中央区京橋三丁目1番1号 東京スクエアガーデン6階 京橋環境ステーション内 ・位置情報:ajf.event@gmail.com ◎申込み:以下の申込フォームよりご記入、ご送信下さい。
 申込フォーム
  ◎参加費:無料
==================

★「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」が国際保健政策の合言葉になって数年。本年度のNGO研究会「UHCとNGO」(外務省NGO活動環境整備支援事業)では、このUHCの実現に向けてNGO・市民社会はどのような視点から、どう取り組むべきかを探ってきました。

★1995年に全国規模の健康保険制度「フィルヘルス」(PhilHealth)を導入し、貧困者を対象とする「条件付き現金給付」の仕組みと連動させて「UHC」の実現に取り組んでいるフィリピン。NGO研究会では、この国でUHCの制度がどう機能し、どのような課題があるのか、ジェンダーや障害、HIV/AIDS、先住民、移住労働などにかかわる社会的排除と保険・福祉制度との関係、代替医療・伝統医療とUHCの関係、そして市民社会・地域社会・コミュニティはこれらの課題にどう向き合っているのかについて、現地調査しました。

★フィリピンの社会の中で、UHCはどう息づこうとしているのか、そこからこぼれ落ちているものは何か、「一人も取り残さない」ためには何が必要か。フィリピン調査チームが発見した様々な課題をお伝えし、みんなで考えます。ご関心の皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

◎発表者とプログラム


<発表者>フィリピン調査チームメンバー(敬称略)
・石山民子(アジア砒素ネットワーク)
・稲場雅紀(研究会事務局 ※アフリカ日本協議会)
・田中雅子(上智大学准教授)
・西山美希(シェア=国際保健協力市民の会)

<プログラム>
◎開会挨拶・NGO研究会の目的とこれまでの経過
◎プレゼンテーション
・フィリピン調査概要
・UHCを目指すためのNGOの役割:セイフティネットの複合的活用(石山)
・地域住民参加によるUHCの取り組み:参加型開発の徹底(西山)
・文脈を読んだアドボカシー:政府と市民社会の関係から見た政策提言の成果と課題(稲場)
・誰ひとり取り残さないUHCを考える(田中)
◎関係者コメント、質疑・全体討論
◎今後のNGO研究会の取り組み等

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.