Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

世界エイズ・結核・マラリア対策基金第21回理事会報告会
=過酷な経済状況の下でこそ、世界基金の役割強化を!!=

◎主催:(特活)アフリカ日本協議会・(特活)エイズ&ソサエティ研究会議プロジェクトRING
◎日時:2010年6月2日 午後7時30分〜9時30分
◎場所:丸幸ビル2F会議室
・(所在地)東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル2F
・(行き方)JR御徒町駅下車→春日通りを蔵前方向へ→サンクス手前の角を左折→1Fにローソンがあるビルの2F
・(地図)http://www.ajf.gr.jp/lang_ja/contact-us.html

★2002年に設立され、世界のエイズ・結核・マラリア対策への主要な資金提供機関となっている「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金)。その第21回理事会が4月28〜30日にスイスのジュネーブで開催されました。この理事会で問題になったのは、本年(2010年)に新規のプロジェクト案件の募集を行うどうかということでした。

★世界基金は、毎年1回は新規プロジェクト案件募集(ラウンド)を行ってきました。2010年には「ラウンド10」(第10回新規案件募集)を行う予定となっていますが、援助国側は、案件募集の規模が巨大化することを懸念し、ラウンドの資金規模に上限を設けなければ、新規案件募集は行うべきでない、と主張しました。これに対し、実施国側は、三大感染症への対策のニーズに基づき、「ラウンド10」を行うべきだと主張しました。

★世界基金の理事会は投票権のある理事20名で構成されており、各理事は代表団を編成して理事会に臨みます。市民社会は、理事会に先進国NGO、途上国NGO、三大感染症の影響を受けたコミュニティの3つの議席を有しています。今回報告を行う小川亜紀((特活)アフリカ日本協議会/(特活)エイズ&ソサエティ研究会議プロジェクトRING国際コーディネイター)は、今回の理事会に先進国NGO代表団のメンバーとして参加しました。

★今回の報告会では、小川亜紀より、世界基金の「ラウンド10」をめぐって、今回の理事会で、援助国側と実施国側でどのような交渉があり、どのような戦略が行使された結果、「ラウンド10」が予定通り開始されることになったのかを報告します。また、保健システム強化、保健に関する国家戦略計画への資金拠出、母子保健との連携など、他の議題についての議論についてもレポートします。

========================================
★申し込み
・以下のウェブサイトにアクセスして申し込みを行って下さい。
参加申し込みフォーム: http://ow.ly/1MVtA
========================================
※もしくは、以下の所定の事項にご記入の上、ご返信下さい。
◎返信先:ajf.event@gmail.com
========================================
◯お名前
◯ご所属(あれば)
◯ご連絡先メールアドレス
◯ご関心事項
◯コメント
========================================

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.