Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが提供するインターンシップの概要を紹介しています。


AJFについて:

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について

2017年度「アフリカ熱帯林の環境保全と生物多様性保全の教育・普及活動」に関わるインターンを募集します!

(特活)アフリカ日本協議会が募集するインターンの業務、応募要項です。



(特活)アフリカ日本協議会の「アフリカ熱帯林の環境保全と生物多様性保全の教育・普及活動」に関する補佐業務および広報を行うインターンを募集します。

アフリカ熱帯林の現状と日本との関係をより多くの日本人に知ってもらうため、ウェブサイトにおける関連情報の発信や、書籍・教材の販売・提供などを通して教育・普及活動を行っています。
詳しくはこちらのページをご覧ください。
 アフリカ熱帯林の現状と日本との関係

 アフリカ熱帯林と日本の関係 メディア報道

◆業務内容

上記以外のアフリカ日本協議会の業務をお願いすることもあります。

◆募集内容

  1. 業務場所:アフリカ日本協議会事務所
  2. 勤務時間:月2−4回(応相談)、6−8時間程度(応相談)
    ※ご自宅で翻訳作業などをお願いする場合もあります
  3. 業務予定期間:2017年4月〜2018年3月
  4. 募集人数 1名
  5. 必要な語学力
    ◎以下の英語能力があることが必須条件。
    ・メディア報道、国際機関やNGO等のプレスリリースを誤解なく読解・翻訳できる能力
    ・関連する論文の大意をつかみ、日本語で紹介できる能力
    ※フランス語において上記の能力があればより望ましい(こちらは必須ではない)。
  6. 必要な学位・技術資格・スキル等
    • 情報を一覧表にまとめたり、グラフ化することができることが望ましい
    • ウェブサイト作成、更新作業の経験がある、あるいは関心があることが望ましい
    • アフリカ熱帯林の環境保全、生物多様性保全やアフリカ熱帯林の現状と日本との関わりに関して関心があること
  7. 待遇
    無給、交通費支給(上限:1万円/月)

◆応募方法

以下の応募票に所定の事項をご記入の上、指定のメールアドレスにお送りください。

===============================
アフリカ日本協議会 アフリカ熱帯林関連事業インターン応募票
info@ajf.gr.jpまで)
===============================
◎お名前
◎ご所属
◎ご在住の都道府県・市町村
 都道府県(      )
 市町村(      )※東京23区の場合、区名をここにお書きください。
◎ご連絡先携帯電話番号
◎ご連絡先メールアドレス
◎志望動機(一言で)
◎コメント
ありがとうございました。
===============================

◆インターン経験者からの一言

私は大学時代に環境保全の講義を通じて野生生物保全に興味を持ち、AJFの熱帯林保全分野のインターンに応募しました。
以前は、熱帯林やそこに暮らす野生生物の危機について、日々ニュース等では目にしながらも、自分には何が出来るのか分からず、もどかしい思いをしていました。
けれども、AJFでのインターンを始めて、様々な関連記事を日本語に翻訳してウェブで共有するという作業や、実際に現地で活動をされている方々とセミナー等を通して対話をする中で、まずは今現地で起こっていることやその問題について深く知り、周りの人と意見を交わし、情報を発信していくことが大きな一歩に繋がっていくのだと感じることが出来ました。
AJFでは、担当分野の熱帯林保全のみでなく、アフリカに関わる様々な分野の方との出会いがあり、大変多くのことを学ぶことが出来、とても刺激的な一年でした。
−2013年度AJFインターン、田中 那奈−

私はアフリカのことに関してある程度興味はあったのですが、あまり詳しい知識は持っていなかった状態でこの仕事をはじめました。
しかし、作業をしながら、国際関係などに関心を持っている自分にとって、中央アフリカの国々の現状を知ることはもちろん、それが日本とはどのようなかかわりを持っているのかについても知ることができ、とても良い経験になったと思っています。
また、自分の出身国が韓国であるだけに、第3者の立場で日本とアフリカ熱帯林の関係を調べ、考えることは普段なかなかできない経験であると感じました。
さらに、和楽器などにマルミミゾウの象牙が使われることや、また中国を含め日本もマルミミゾウの象牙の需要国であることなどから、これが持続したらアフリカ熱帯林の環境と生物多様性は破壊され、アフリカ諸国だけではなく、日本や全世界にも大きな影響を与えることに驚きました。
−2012年度AJFインターン、ユ サンミン−

◆応募〆切

適任者が決まりしだい、締め切ります。

◆連絡先

(特活)アフリカ日本協議会
東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F (担当者:斉藤龍一郎)
電話 03-3834-6902、FAX番号 03-3834-6903
Emailアドレス info@ajf.gr.jp
ホームページアドレス http://www.ajf.gr.jp

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.