hglkj 笹川アフリカ協会 Sasakawa Africa Association (SAA)
Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

笹川アフリカ協会 Sasakawa Africa Association (SAA)

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

笹川アフリカ協会 (SAA)について

                                                                           
基礎情報: 〒107-0052
東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル4階
TEL: 03-6229-5460
FAX: 03-6229-5464
E-mail: info@saa-safe.org
URL: http://www.saa-safe.org/jpn/
1986年3月設立
会長: Ruth Oniang'o
常務理事:宮本 正顕
会員制度:なし
事務局スタッフ:有給4名(東京)
事業対象分野: 農村開発、農業、食料・飢餓、土壌・大気
事業形態: 開発・環境
対象地域・国: エチオピア、ウガンダ、ナイジェリア、マリ
設立の経緯: 1984年の東アフリカ地域の飢饉に対し、日本財団が緊急食糧援助を実施。その後、米国のカーター・センターと協力し、現地政府の農業普及システムの能力強化を通じた食糧増産のための技術協力を行う組織、笹川アフリカ協会が設立。現地でのプログラムは、笹川グローバル2000(SG2000)の名で実施。
組織の目的: サブサハラ・アフリカ諸国の貧困削減、食糧保障の増進および天然資源基盤の保護を、生産性拡大の農業技術を普及して行くことで達成する。
主な事業: ・ 食糧穀物の増産技術の移転
・ 農作物貯蔵および加工技術の改善
・ 官民連携・パートナーシップ設立、マーケットアクセス改善
・ モニタリング評価
主な協力団体:
(国名)
日本財団、ビル・メリンダ・ゲイツ財団、CIMMYT, JICA, CIDA, WFP, AGRA など
定期刊行物: Feeding the Future (ニュースレター:年1?2回発行)
SAA Annual Report
出版物: Proceedings of the workshop(開催毎の刊行:不定期)
財務情報: 収入: $10, 875,522
支出:$9,686,494(2014年12月19日更新)
インターン制度: なし
ボランティア募集: なし
イベント、セミナー: 国際ワークショップ(不定期開催)
スタディーツアー: なし
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.