Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

アフリカ理解プロジェクト

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

アフリカ理解プロジェクトについて

                    
基礎情報: 〒146-0093 
東京都大田区矢口1-11-8
TEL/FAX: 03-3758-5665(若松)
E-mail: events@africa-rikai.net
URL: http://africa-rikai.net/
2003年2月8日設立
代表:白鳥くるみ
副代表:若松陽子
会員制度:無(サポーター制を取っており、常時53名ほど登録している)
事務局スタッフ:無給8名
所属ネットワーク:動く動かす、国際協力NGOセンター、アフリカ日本協議会、開発教育協会
事業対象分野: 1.教育,環境, 農村開発, 子ども・女性, 少数民族
2.地球市民教育, 開発教育, 国際理解教育
事業形態: 資金助成(奨学金事業も含む)、人材派遣、情報提供、調査研究、開発・環境・人権・平和教育、オルタトレード、NGO間ネットワーク  
対象地域: アフリカ全般、エチオピア
設立の経緯: 日本国内元青年海外協力隊員が集まり、日本のアフリカに対する理解の現状に憂慮。2003年にアフリカ理解プロジェクトを発足。現在は、社会貢献をしたいという社会人、学生も多く参加。
組織の目的: アフリカ理解の推進を通して、グローバルマインドを持つ地球市民を育成し、世界に開かれた日本社会の実現と、困難に直面するアフリカの人々を支援する。そのために、学校や社会教育の場でアフリカ理解を推進し、子どもたち、教師、市民のなかにアフリカに関心を持つ人たちを増やす。そして、アフリカと日本、世界を結ぶための機会を提供する。
主な事業: 1)アフリカプロジェクト(牧畜民教育支援、商品開発支援、共同出版)
2)研修・講座(各種講座セミナーの企画運営、講師派遣、他団体との共催協力)
3)情報・出版(出版物制作、情報発信)
4)アフリカ国際協力理解の調査と政策提言
主な協力団体:
(国名)
・グディナ・トゥムサ基金(エチオピア) ・Shama Books出版社(エチオピア)
定期刊行物: アフリカりかいメールマガジン
出版物: ・アフリカ理解プロジェクト編 明石書店刊「見る・つくる・知るおしゃれなアフリカ」シリーズ4巻
・アフリカ理解プロジェクト編 Shama Books刊「Seeing Making Learning Africa」African Kitchenシリーズ1
・アフリカ理解プロジェクト編 「原木のある森 コーヒーの始まりの物語」など
財務情報: 2014年度 収入 2,580,167円 支出 2,562,552円
2017.3.15更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.