hglkj ポポフ日本支部
Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

ポポフ日本支部

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

ポポフ日本支部について

                                              
基礎情報: 〒606-8502
京都市左京区北白川追分町
京都大学理学部人類進化論研究室気付
TEL:非公開
FAX:無し
E-mail:無し
URL:http://popof-japan.com/blog/?page_id=2
1992年8月設立
代表:山極寿一
事務局責任者:山極寿一
会員制度:無し
事務局スタッフ:数名(ボランテイアなので不定、無給)      
事業対象分野: 教育、環境、村落開発
事業形態: 資金助成、環境教育
対象地域・国: コンゴ民主共和国、日本
設立の経緯: ポポフはコンゴ民主共和国(旧ザイール)東部のカフジ・ビエガ国立公園でゴリラのエコ・ツアーのガイドをしているジョン・カヘークワさんたち地元の若者が中心になって1992年に創設されたNGOであり、同公園で実施していたゴリラのエコ・ツアーを地場産業の育成へとつなげ、エコ・ツーリズム、国際的な自然教育事業、フェア・トレードなどに発展させていこうと考えていた。
組織の目的: コンゴ東部にあるカフジ・ビエガ国立公園の周辺で自然環境の保全、絶滅の危機に瀕する東ローランドゴリラの保護、地域振興、自然保護教育を実践している現地のNGO、ポポフの活動支援を目的とする。
主な事業: ・ゴリラの生態等に関するパンフレット、ビデオ、絵はがきの作成
・講演会、個展などを通したポポフの活動紹介
・現地民芸品の販売収入によるポポフの活動支援・近い将来に実現するであろうコンゴと日本との活発な交流に向けた準備
主な協力団体:
(国名)
POPOF(Pole Pole Foundation)コンゴ民主共和国
定期刊行物: 「ポポフニュース」(年1〜2回)
出版物: 無し
財務情報: 2015年度
収入:6,939,731円
支出:6,939,731円
2017.4.12更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.