hglkj NPO法人 森のエネルギーフォーラム
Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

NPO法人 森のエネルギーフォーラム

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

NPO法人 森のエネルギーフォーラム について

                                                                                                 
基礎情報: 〒915-0228
福井県越前市大平町第2号の4.89番地
(事務所)
〒915-0226
福井県越前市南坂下町24-11(事務局)
TEL:0778-43-0717(事務所)
0778-42-3611(事務局)
FAX:0778-43-0717(事務所)
0778-42-3611(事務局)
E-mail:sugimura@fpu.ac.jp
(理事長 杉村和彦)
yoriyasu@me.ttn.ne.jp
(副理事長 増田頼保)
ky3s-isym@asahi-net.or.jp
(事務局長 石山俊)
URL: http://blog.canpan.info/mori/
2002年9月16日設立
2003年1月20日認定登記
理事長:杉村和彦
事務局長:石山俊
会員制度:有り(一般会員,家族会員,学生会員,賛助会員,40名)
事務局スタッフ:無給2名            
事業対象分野: 農村開発、住居、農業、小規模・地域産業、適正技術、教育、貿易、植林・森林資源、生物多様性、環境教育、代替エネルギー、子ども、地域活性化、古民家再生、自然エネルギー、地域通貨
事業形態: 情報提供、調査研究、開発・環境・人権・平和教育、オルタートレード、政策提言(アドボカシー)、NGO間ネットワーク  
対象地域・国: 福井県、タンザニア、(一部セネガル、ブルキナファソ、チャド、ザイール)
設立の経緯: ・福井県は環境立県宣言した。(http: //info.pref.fukui.jp/kankyou/sengen.html参照)
しかし、現状はどうか?
エネルギー問題では、原子力発電所15基を中心にした環境破壊、国立公園・国定公園内での景観破壊。NLGガス基地をつくるとして中池見湿地を埋め立てる計画。また、時のアセスメントで指摘され計画中止に追いやられているのに、不要なダム建設を実行しようとしている。さらに、ゴミ処分場問題で県外からのゴミが持ち込まれて県は、長年放置した。中小企業の経営者数は福井県がトップ。しかし、倒産による自殺者も多い。このような課題が山積し解決が望まれている。
・原発に依存しない、自然エネルギーで地域が活き活きするようなフォーラムを作りたいという願いをこめて結成。森のエネルギーフォーラムは、緑の森ということと、森に代表される人の集いとか癒しなどの意味を含め、自然のエネルギーと人のエネルギーが新しい地域像を創造することができると確信している。
・日産科学財団助成によるワークショップ「自然エネルギーを基調とした地域発展の可能性」で集ったメンバーが中心となり、国立民族学博物館主催の「地球環境問題の応用文化人類学研究会」メンバー、福井県立大学オープンカレッジ講師及び受講生、ふくい市民共同発電所を作る会、NPO法人土といのちの会、八ツ杉森林学習センターの自然エネルギー研究会、福井県フォレストサポーターの会などのメンバーが集り、緩やかなネットワークで協力しあえる会を作った
組織の目的: ・この法人は、福井県を活動の拠点とし、国際的視野に立った地域の自然エネルギーの有効利用を学際的・総合的に考え、一般市民に対して地域の森林文化や森のエネルギーについて住民参加型学習、環境教育、フォーラム等の事業を開催し、地域の特性を生かした技術開発を行ない、資源循環型地域社会の実現に寄与することを目的とする。
・国際的視野に立った地域特有の森林文化の伝承や内発的発展を目指し、森のエネルギーの住民参加型学習会、環境教育、フォーラムの開催を実施し自然エネルギーの普及・啓蒙を呼びかける。
・本フォーラムでは、人と人の共存、人と自然の共存を可能にするような森林文化のあり方を追及するとともに、それを支えるためのソフトエネルギー利用の実験・調査・研究・開発を行ない、同時に森のエネルギーと共に生きる社会を創造するための市民的活動・経済循環システムを構築し展開する。
・以上の目的を実現するために、関連諸団体との交流・連帯を図るための活動を広く推進する。
・また、行政・研究機関などに政策提言を行い、会誌等を発行し広報活動も実施する。
主な事業: @自然エネルギーの住民参加型学習会・フォーラムの開催
A地域の森林文化の伝承と地域内からの発展を目指した研究事業
B森のエネルギーの実験調査研究開発
C自然エネルギーと自然エネルギーを使った芸術の普及・啓蒙
D森のエネルギーと共に生きる社会を創造するための経済循環システムの構築
E行政・研究機関に対する政策提言
F会誌の発行
主な協力団体:
(国名)
タンザニア 地球緑化の会
定期刊行物: ニューズレター
出版物: 無し
財務情報: 収入1,308,396円
支出1,767,175円
インターン制度: 無し
ボランティア募集: 募集中
イベント、セミナー: 有り
スタディーツアー: 有り  
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.