hglkj アフリカと神戸俊平友の会
Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

アフリカと神戸俊平友の会

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

アフリカと神戸俊平友の会について

                                                  
基礎情報: 〒150-0047
東京都渋谷区世田谷2-19-2
野口理佐子
会計会員管理 日本税制改革協議会(JTR)内
TEL:03-6277-8297
FAX:03-5545-0931
E-mail:shimouma1chome@gmail.com
URL: http://www.s-kambevet.org/
FB: facebook.com/kambe.shumpei
1993年設立設立
獣医師:神戸俊平
会長:ヒサクニヒコ
会員制度:あり 【会員383人】
事務局スタッフ:【無給・不定】
事業対象分野: 貧困、水・衛生、森林保全
事業形態: 獣医診療、政策提言、調査研究
対象地域・国: ケニア
設立の経緯: ナイロビ大学院卒業後、ナイロビ市獣医開業からNGOへ。
組織の目的: ケニアでの活動。
主な事業: 野生動物保護、マサイ家畜診療、スラム給食支援
定期刊行物: ナイロビ通信(年間3〜4回)
出版物: サバンナの話しをしよう(時事通信社),アフリカゾウ56頭移動大作戦(学研)、熱血動物のお医者さん(ポプラ社/電子図書)チンパンジーキキの冒険旅行(講談社/中国語版)サバンナに生きる(岩崎書店/韓国語版)VIDEO映像 マサイ、ストリートチルドレン(大阪国立民族博物館)
財務情報: 2009年度
収入:4,235,917円
支出:4,235,917円 
ボランティア募集: あり
イベント、セミナー: あり アフリカン、グローバル、アースデー企画の出展参加
スタディーツアー: ケニア国立公園・スラム給食支援のスタディーツアー(現在中止)
団体より一言: 獣医師として、野生動物とマサイを中心とする伝統的な地域社会との共存のために! マサイの家畜診療活動と野生動物の保全と診療活動、スラムの子供給食支援、日本支援をアフリカの地域の立場で伝える。
2018.1.25更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.