Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

特定非営利活動法人 アフリカ地域開発市民の会(CanDo)

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo)について

                                                                                   
基礎情報: CANDOのロゴ
〒110-0001
東京都台東区谷中2-9-14 第2森川ビル B号室
TEL: 03-3822-1041
FAX: 03-3822-1041
E-mail: tokyo@cando.or.jp
URL: http://www.cando.or.jp/
FB: https://www.facebook.com/candoafrica
1998年1月1日設立
代表理事:永岡宏昌
事務局長:佐久間典子
会員制度:あり(一般会員:57名、賛助会員:55名))
事務局スタッフ:有給3名
所属するNGOネットワーク:JNNE教育協力NGOネットワーク、国際協力NGOセンターなど など
事業対象分野: 保健、教育
事業形態: 開発事業、啓発・研修
対象地域・国: ケニア
設立の経緯: ケニア、タンザニアなど東アフリカにおいて、それぞれの立場で開発協力活動に参加してきた発起人たちが、都市スラムの貧困、背後にあるさらに深刻な村落部のさまざまな問題に、住民の内発的な動機に基づき、長期的な視野に立った自立的な総合開発活動を行なうために設立。
 
組織の目的: 開発協力活動をとおして、アフリカの地域に暮らす人々と共に、より豊かな社会を実現することを目的とする。
主な事業: [海外]
・小学校における保護者の学校能力向上と施設拡充
・地域保健ボランティア(CHV)の育成
・地域保健ユニット(CHU)活性化への協力
主な協力団体:
(国名)
マシンガ準郡行政局、マシンガ準郡教育局、マシンガ準郡保健局(ケニア)
定期刊行物: 「CanDoアフリカ」(ニュースレター、年4回)
出版物: ブックレット・電子ブック『ケニアの人々―その抱える課題と参加型開発協力の役割』
財務情報: 2016年度
収入:53,663,816円
支出:51,182,095円
インターン制度: あり
ボランティア募集: あり イベント出展時に募集
スタディーツアー: なし
イベント、セミナー: あり CanDo勉強会・東京(全6回)
団体より一言: アフリカの人々が、ほんとうに求めるものを。アフリカの地域に暮らす人々が、より豊かな社会を実現するために、教育、保健、環境保全の課題の解決に、共に取り組み、住民参加の社会開発を行なっています。
最近の活動より: CanDo
2018.1.23更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.