Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

学校法人 アジア学院 農村指導者養成専門学校

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

学校法人 アジア学院について

                                             
基礎情報: 〒 329-2703
栃木県那須塩原市槻沢442-1
TEL: 0287-36-3111
FAX: 0287-37-5833
E-mail: info@ari-edu.org
URL: http://www.ari-edu.org
1973年4月1日設立
校長:荒川朋子
事務局長:佐久間郁
会員制度:あり(正会員500名、協力会員3000名)
事務局スタッフ:26名
事業対象分野: 農村開発、農業、適正技術、食料・飢餓、土壌・大気、生物多様性、環境教育
事業形態: 人材育成
対象地域・国: リベリア、カメルーン、ナイジェリア、ウガンダ、ザンビア、ガンビア、ベニン、ガーナ等(アジア、アフリカ、太平洋諸国)
設立の経緯: 1973年、鶴川学院農村伝道神学校(東京都町田市)の東南アジア科を母体として、現住所に設立。東南アジア諸国で、すでに農村開発に携わっていたキリスト教団体の要請に応えて、欧米のキリスト教会と援助団体の支援を受けて、途上国の農村開発に携わる専門職員を養成する国家機関として発足。1996年以来、将来途上国で働くことを志す日本人も「学生」として積極的に受け入れている。
組織の目的: イエス・キリストの愛に基づき、個々人が自己の潜在能力を最大限に発揮できるような、公正かつ平和で健全な環境を持つ世界を構築する。
主な事業: アジア学院は、毎年20〜30名の、草の根で活動する農村指導者を、アジア・アフリカの農村地域から招き、9ヶ月間、栃木県西那須野キャンプにて、農村リーダー育成の研修を行っている。キャンパスには、学生、職員、ボランティアが共に生活し、共に汗しながら、有機農業を基礎とした食料事業を目指し、公平かつ平和な共同体形成の実践を試みている。
主な協力団体:
(国名)
キリスト教共同体(リベリア)
ナフティ・ファウンデーション(カメルーン)
定期刊行物: 「アジアの土」
「Network」(ニュースレター、年4回)
財務情報: 収入:62,107,065円
支出:197,472,199円
(2015年度)
ボランティア: あり
スタディーツアー: あり(年一回程度)
イベント、セミナー: あり
2017.3.24更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.