Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


データベース

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

国際青年環境NGO A SEED JAPAN

このページでは、アフリカに関わる活動を行っているNGOから提供された情報を紹介しています。

国際青年環境NGO A SEED JAPANについて

                                                                   
基礎情報: 〒110-0005
東京都台東区上野5-3-4 クリエイティブone秋葉原ビル7階
TEL: 03-5826-8737
FAX: 03-3834-1025
E-mail: info@aseed.org
URL: http://www.aseed.org
1991年10月設立
代表:永井亮
事務局長:西島香織
会員制度:あり(総会員数140名)
事務局スタッフ:有給3名
所属するNGOネットワーク:COP10に向けたCBD市民ネットワーク、環境NGO政策ネットワーク
事業対象分野: 農業、国際金融、生物多様性、環境教育
事業形態: 政策提言(アドボカシー)
対象地域・国: 東京都(日本)
設立の経緯:  A SEED JAPAN(Action For Solidarity,Equality Environment and Development/青年による環境と開発と協力と平等のための国際行動)は、1991年10月に設立された日本の青年による国際環境NGO(非政府・非営利組織)です。1992年6月、ブラジルで開催された「地球サミット(国連環境開発会議)」へ青年の声をとどけるため、世界約50ヶ国70団体が参加して「A SEED国際キャンペーン」が行われました。その日本の窓口として、全国の青年の声をまとめ、国連へ提言書を提出したのが始まりでした。そして、地球サミットを終えて会員制度を有する団体として新たにスタートしました。
組織の目的:  私たちは国境を超えた環境問題とその中に含まれる社会的な不公正に注目し、より持続可能で公正な社会を目指しています。そのために、現在の大量生産・大量消費・大量破棄のパターンの変更と、南北間・地域間・世代間の格差をなくしていくことが必要だと考えます。このような社会を実現するために、未来の世代を担う青年自らが行動を起こしています。
 1:環境問題を経済や社会構造そのものから見据えていきます。
私たちは、環境問題や南北問題が進行している原因は経済や社会の構造そのものにあると考え、その根本にある原因を見据えて行動します。
2:青年の立場から環境問題や社会的不公正について、またそれらの問題と私たちのライフスタイルが密接につながっていることを、青年をはじめとする多くの人々にわかりやすく伝えていきます。
3:長期的視野を持って社会を変えていきます
私たちは、地球の未来を危惧するメッセージを継続的に発していきます。そして、長期的な視野を持ち、現在の社会システムを変えていくための提案と行動を起こしていきます。
主な事業: 1)持続可能な地域づくりを考える活動
2)参加型社会を創る活動
3)啓発活動
4)シンポジウム、セミナー報告会の運営
5)広報活動
6)企業・行政担当者との対話、政策提言
主な協力団体:
(国名)
A SEED Europe(オランダ)情報交換程度
定期刊行物: ニュースレター「種まき」
財務情報: 2015年度 収入:13,252,734円
支出:12,666,633円
インターン制度 なし
ボランティア あり
スタディーツアー あり(不定期)
イベント、セミナー あり(不定期)
2017.3.14更新
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.