Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

米ブッシュ政権によるジェネリック薬排除策動に抗する取り組み

IRIN(Integrated Regional Information Network)から4月6日配信されたニュースの紹介です。

一昨日配信されていたPlusNewsの記事は、米ブッシュ政権が先月末ボツワナで開催した会議で、アフリカ諸国でのエイズ治療にジェネリック薬を使用しない、と決定したことへの反撃を伝えています。

WHO・UNAIDSが米国の圧力の下で身を縮めている時、GFATM、世界銀行、UNICEFそしてクリントン財団という取り合わせによる反撃がなされることは大きな意義があります。

昨年秋に大きく紹介されたように、クリントン財団は南アおよびインドの製薬企業と交渉し、ARVの価格を四割近く引き下げさせる契約を結びました。今回の声明によると、財団が活動する16カ国にこの低価格ジェネリックARVが供給されています。

さらに、検査薬の価格引き下げの努力を続けていることも明らかにされました。 先日来、紹介しているロザリンド・ペチェスキー著"Global Prescriptions Gendering Health and Human Rights"の第4章は、世界銀行のreprodutive health政策の変遷と評価に関わる内容です。今回の組み合わせに至るそれぞれの機関の行動原理を理解する上でも、非常に参考になります。

「【解説】クリントン財団とブッシュ政権のエイズ戦略の違い」も参考にしてください。

AFRICA: Combined initiative announced for drop in anti-AIDS treatment costs

JOHANNESBURG, 6 April (PLUSNEWS) - The Global AIDS Fund, the World Bank, the UN Children's Fund (UNICEF) and the Clinton Foundation announced on Tuesday that they would join forces to enable developing countries to purchase high-quality anti-AIDS medicines and equipment for HIV/AIDS tests at the lowest prices.

UNICEF executive director, Carol Bellamy, said: "This new partnership works to break down some of the barriers, such as price, supply and demand, that are impeding access to life-saving AIDS medicines and diagnostics in developing countries. UNICEF is very proud to be part of this creative initiative that promises to save lives and bring hope to millions of children and families around the world."

If the initiative succeeds, generic drugs made by Indian and South African pharmaceutical companies could reach virtually every poor country at less than 50 percent of currently prices.

"We regard AIDS as being the single most important issue at the moment in Africa, because of the devastating effect that it has had throughout the continent," World Bank President James Wolfensohn, said.

"This initiative will help to get treatment to those most in need - the world's poorest people. The World Bank is pleased to be a partner in the programme and fully supports it," he added.

The prices for drugs negotiated by the Clinton Foundation were announced in October 2003 and have since been available to 16 countries in Africa and the Caribbean where the Foundation's HIV/AIDS initiative is active.

The drug manufacturers named in the announcement included South Africa's Aspen Pharmacare and four Indian companies: Cipla, Ranbaxy Laboratories, Hetero Drugs, and Matrix Laboratories.

In January this year, the Clinton Foundation said it had brokered deals with diagnostics companies to provide testing machines, chemicals and training in a dozen African and Caribbean countries at discounts of up to 80 percent on market prices.

Under the Clinton Foundation drug agreement, countries wanting to get cut-price medicines would have to build up health systems to deliver them to patients, and prevent diversion of the drugs to rich countries, where they could be resold at sizable profits.

[This Item is Delivered to the "PlusNews" HIV/AIDS Service of the UN's IRIN humanitarian information unit, but may not necessarily reflect the views of the United Nations. For further information, free subscriptions, or to change your keywords, contact e-mail: Plusnews@irinnews.org or Web: http://www.irinnews.org/aidsfp.asp . If you re-print, copy, archive or re-post this item, please retain this credit and disclaimer. Reposting by commercial sites requires written IRIN permission.]

このニュースの転載・転送の際には、IRINの要請に従って、上記コメントを添付してください。

コメントがつきました。

4月7日のヘラルド・トリビューン紙が、"4 groups to help poor countries buy AIDS durgs"と題する解説記事を掲載しています。

4つの団体(クリントン財団、グローバルファンド、世界銀行、ユニセフ)が、安いジェネリック薬を、100以上の国に、提供できるよう力を合わせると発表しました。この背景には、クリントン財団だけでは、数十億ドルの資金を集めることが出来ないという事があります。

しかし、ここで、問題が生じてきている事を記事は述べています。この発表に関して、プロジェクトに参加する会社に合意を取り付けていなかった為、各会社が、それぞれ、違う反応をみせています。シプラ社は、財団やファンドから書面での何か(契約のようなものでしょうか?)をもらえるまで、140ドルで、薬を提供するマーケットの数を増やすつもりはないこと、ランバスターは、これに参加するかどうか、まだ、きめていない事、アスペンは、アフリカに限定して提供するということ、マトリックスは、原材料のみ提供するが、その容量はふやしてもいいことなどなど、様々です。

ジェネリク薬を提供することに関して、資金繰りの難しさ、プロジェクトのイニティアティブをとる側と実際に薬を提供する側で、齟齬がみられる事を、記事は述べています。

以下が、その記事のタイトルです。

4 groups to help poor countries buy AIDS drugs
by Donald G.McNeil Jr.(The New York Times)

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.