Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

ケニアでARVが処方箋なしで販売されている

The Nation (Kenya)
Aids Drugs Selling in City Streets
22 January 2004

この記事のポイントは、次の通りです。

  • ナイロビには、処方箋なしでARV(抗レトロウイルス薬)などを販売している薬局が集まっている地域がいくつかある。
  • これらの薬局では、病院で処方箋を受けて指定された薬局で購入するよりもかなり安価で医薬品を入手することができる。
  • 一部の開業医もこうした薬局で医薬品を調達している。
  • これらの薬局で販売されている医薬品の供給元は不明だが、病院・製造メーカー従業員による持ち込み、国外からの個人輸入などによるものも含まれていると考えられる。
  • また、投薬を受けている患者が、処方された医薬品の一部を販売しているケースもあるようだ。
  • ARV治療では、アドヒアランスがきわめて重要だが、ARVが高価でまた安定的に供給されていないため、これらの薬局で処方もないまま「エイズの薬」を少しずつ買っているHIV感染者・エイズ患者がいるものと思われる。
  • これらの薬局では、HIV抗体検査薬も販売されている。

昨年3月、ケープタウンで開かれたInternationa Treatment Preparedness Summit(ITPS:国際治療体制準備サミット。日本からは唯一、稲場さんが参加)では、インチキ療法が話題になっていました。昨年8月に来日してくれたナイジェリアのモロラケさんは、HIV陽性者がエイズ治療についてきちんとした知識を持つことが重要と訴えていました。また、ブラジルのようにエイズ医療が無償になっている国では、こうした事態は起きないでしょうねぇ。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.