Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

クリントン財団が、インド・南アの製薬会社とジェネリック・エイズ治療薬購入で協定を結ぶ

原文に要約メモを挿入した紹介です。最後に、解説を付けました。

Office of Former President William Jefferson Clinton
New York, New York
For Immediate Release
October 23, 2003

Clinton Foundation Announces Agreement On Major Reduction In Price Of AIDS Drugs

HIV/AIDS Initiative Aims To Help Deliver Life-Saving Medicine To Two Million People In Africa And The Caribbean In Next Five Years

クリントン財団のHIV/AIDSイニシアティブの目標は、今後5年間でアフリカおよびカリブ海諸国で200万人のエイズ患者への延命治療実施です。

New York, NY -- Former President Bill Clinton announced today that his Foundation has reached an agreement with drug manufacturers on a major reduction in the price of AIDS medicine. As a result, it will be easier to make life-saving drugs more widely available to people with AIDS in the developing world.

The agreement covers antiretroviral drugs (ARVs) delivered to people in Africa and the Caribbean where the Clinton Foundation HIV/AIDS Initiative is working with governments and organizations to set up country-wide integrated care, treatment and prevention programs. It is hoped that up to 2 million people will be receiving medicine by the year 2008.

クリントン財団と複数の製薬会社(インド3社と南アの1社)が結んだ協定によって供給される延命治療薬はアフリカ諸国・カリブ海諸国でクリントン財団が政府や諸機関と連携して実施しているHIV/AIDSイニシアティブを通して2008年までに200万人に供給されることになっている。

"This agreement will allow the delivery of life-saving medicines to people who desperately need them," President Clinton said. "It represents a big breakthrough in our efforts to begin treatment programs in places where, until now, there has been virtually no medicine, and therefore no hope."

As an example, under the Clinton Foundation agreement, the price of one of the commonly used triple drug therapy combinations will be substantially reduced, available for less than $140 per person per year. That translates into a cost of just 36-to-38 cents per person per day. Overall, the Clinton Foundation agreement will be reducing by one-third to one-half the current price of drugs in the developing world.

今回の協定で、年間一人あたり140米ドルでの三剤カクテル療法薬の供給が可能になる(現在は、200米ドル強)。

The drug manufacturers that are signing agreements with the Clinton Foundation include: Aspen Pharmacare Holdings Ltd., of Johannesburg, South Africa; Cipla Ltd., of Mumbai, India; Ranbaxy Laboratories Ltd., of Delhi, India; and Matrix Laboratories Ltd., of Hyderabad, India. ARVs from these companies have been assessed to meet international quality standards by the World Health Organization and/or the Medicines Control Council of South Africa.

南アのアスペン、インドのシプラ、ランバスター、マトリックスの4社が供給する(アスペンはGSKから技術供与を受けている、シプラ、ランバスターの薬はすでにナイジェリアやウガンダで使われている)。WHO(および南アの医薬品管理局)が品質保証を行う。

The Clinton Foundation has been working toward this agreement over the course of the past seven months, focusing on ways to reduce costs and scale up production of the so-called "triple drug cocktails," which can substantially extend the lives of people living with AIDS and help prevent mother-to-child transmission of HIV.

今回の交渉に7カ月がかかっている。交渉の焦点は、コスト削減の方法と購入規模の問題であった。

"The crisis of AIDS in the developing world requires an emergency response from the global community," President Clinton said. "I applaud these manufacturers for doing the right thing." Worldwide, from five to six million people living with AIDS currently need treatment to save their lives; with more than 40 million people infected with HIV, that number will rise substantially in just a few years. However, only about 300,000 people in the developing world are receiving ARVs, with more than a third of them in Brazil. In sub-Saharan Africa, only about 50,000 people are on ARVs, with 4 million in need of the medicine today.

世界中に4000万人のHIV陽性者がいるにもかかわらず、途上国でARV治療を受けているのは30万人。その三分の一以上がブラジルで治療を受けている。早急に治療の必要な患者が400万人いるサブサハラ諸国では5万人しか受けていない。

Along with its drug procurement activities, the Clinton Foundation HIV/AIDS Initiative is pioneering a new approach to launching robust and comprehensive systems for HIV and AIDS care and treatment in the developing world. A coalition of volunteer experts in business; health care management and education; and AIDS care, treatment and research form multidisciplinary teams that provide technical assistance to governments, non-governmental organizations (NGOs) and the private sector.

クリントン財団のHIV/AIDSイニシアティブは、ヘルス・ケア実施、教育、エイズ・ケア、エイズ治療そして調査の専門家たちがチームを組んで政府、NGO、民間企業などに技術的な助言を行うという新しいシステムの先駆けだ。

The Clinton Foundation HIV/AIDS Initiative has been at work for the past year helping individual governments in Africa and the Caribbean to develop scalable AIDS care, treatment and prevention strategies. In the Caribbean, the Foundation is working with nine countries and three territories which together have over 90% of people living with AIDS in the Caribbean. In Africa, the Foundation is working with Mozambique, Rwanda, South Africa and Tanzania which together have about 33% of all people living with AIDS in Africa. These countries will have access to lower priced drugs under this program.

クリントン財団HIV/AIDSイニシアティブは、カリブ海のHIV陽性者が集中する9カ国・3地域、そしてモザンビーク・南アフリカ共和国・タンザニア(この3カ国にアフリカ全体のHIV陽性者の三分の一がいる)で、エイズ・ケア、治療、予防計画を開発してきた。今回の協定によってこれらの諸国へ、さらに安価なARV供給が可能になる。

The Clinton Foundation is working in close cooperation with the World Health Organization and UNAIDS on the "3 by 5" program to scale-up AIDS care and treatment. It is also working with other organizations, such as the Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria. Through its collaboration with the WHO, UNAIDS and the Global Fund, the Foundation hopes to extend the benefits of this program to other countries and organizations that provide treatment in the developing world and that have instituted appropriate safeguards.

クリントン財団はWHO、UNAIDS、GFATMと連携を取りながら「2005年までに300万人にARV治療実施を」戦略を推進している。財団は、今回の協定が、他の国々、諸機関が途上国でエイズ治療を進めていくことおよび適切なセーフガードが制度化されることにつながることを希望している。

The Clinton Foundation is not receiving any compensation in connection with its HIV/AIDS Initiative. The Foundation has raised external funds to aid in the implementation of all its HIV/AIDS Initiative programs. For example, the governments of Canada and Ireland have committed to support Clinton Foundation-related programs in Mozambique and Tanzania. Funds from donor countries for the treatment programs go directly to the governments involved.

クリントン財団は、HIV/AIDSイニシアティブに対して一切の対価を受け取っていない。カナダ政府およびアイルランド政府はクリントン財団も関わっているモザンビークとタンザニアでのプログラムを支援しており、支援国からの資金は直接プログラム実施国の政府に届けられている。

Providing treatment to people with AIDS, besides saving many lives, is a crucial ingredient in preventing the spread of HIV. The possibility of living a longer, healthier life gives people a much greater incentive to be tested for HIV. Once brought in for testing and, if needed, treatment, people potentially at risk of getting or transmitting HIV can be educated about safe sex and other prevention measures.

HIV陽性者に治療を施すことは、多くの人びとの命を救うだけでなく、HIV感染拡大を予防するためにも絶対に必要なことである。生きのびることができるという可能性は、人びとにとってHIVテストを受ける非常に大きなインセンティヴになる。HIVテストを受け、必要であれば治療を受けることで、HIV感染の可能性のある人びとがセーフ・セックスなどの予防策を学ぶ機会を得ることになる。

Ira Magaziner serves as Chairman of the HIV/AIDS Initiative. The Clinton Foundation has created an HIV/AIDS Treatment Consortium to help carry out its treatment plans in the developing world. Its partners include: Columbia University's Mailman School of Public Health; the Harvard AIDS Institute; the Harvard Medical School Division of AIDS; Health Alliance International with the University of Washington School of Public ealth and Community Medicine; Pangaea Global AIDS Foundation; Partners in Health; PharmAccess of the Netherlands; and University Research Corporation. The law firm of Baker & Hostetler provided free legal services in conjunction with the agreements announced today.

アイラ・マガジナー(読みはこれでいいのか?)がHIV/AIDSイニシアティブの議長を務めている。クリントン財団はHIV/AIDS治療コンソーシアムを創設し途上国での治療計画開発を支援してきている。また財団は、コロンビア大学公衆衛生学部(Mailman School of Public Health)、ハーバード・エイズ研究所、ハーバード大学医学部エイズ医局、ワシントン公衆衛生学・地域医療学校と協調する国際保健連合、パンゲア世界エイズ財団、パートナーズ・イン・ヘルス、オランダ医薬品アクセス運動、そして大学調査協力体と連携している。ベーカー・アンド・ホステットラー法律事務所が、無償で今回の協定の法的問題を処理した。


【解説】クリントン財団とブッシュ政権のエイズ戦略の違い

アフリカ日本協議会感染症研究会 斉藤龍一郎

一つ目のパラグラフは、WHO、UNAIDS、GFATMを世界規模でエイズ問題に取り組む際の最重要パートナーと紹介しています。米国に出自を持つクリントン財団がこの点を強調する背景には、引用しなかったパラグラフにあるようにカナダ政府やアイルランド政府などの拠出金が非支援国政府に提供されるプログラムであること、そしてブッシュ政権が今年1月に提唱した「大統領エイズ救済緊急計画(PEPFAR)」の対象となっていないタンザニアなどに対する支援を行っていることがあります。

二つ目のパラグラフは、「禁欲」と「中絶否定」を明確に指針化したブッシュ政権のエイズ戦略に対する真っ向からの挑戦とも言えます。ブッシュ政権の下で、USAIDが実施してきたリプロダクティブ・ヘルス、エイズ対策プログラムがコンドーム配布事業を打ち切るなど、「セーフ・セックスではなく禁欲を」という方針に基づくプログラムへの変更が進んでいます。

ブッシュ政権のPEPFAR(2004年から5年間で150億ドルを投入予定)もクリントン財団HIV/AIDSイニシアティブもカリブ海諸国・アフリカ諸国を対象としていますが、それぞれの方向性には明らかな違いがあるのです。

クリントン財団はインド・南アのジェネリック・エイズ薬メーカーからのARV供給を推進しています。米国内の特許権を持つ巨大製薬資本・ベンチャー製薬企業を有力な支持基盤とするブッシュ政権が、どういった形でARVを供給していくか?が次の焦点となります。

ワシントン・ポストは10月25日に「WHO が三薬一剤を使った途上国でのARV 治療実施を発表」との長文の記事を掲載し、ブッシュ政権にWHOが提唱する三薬一剤(クリントン財団がインド・南アのジェネリック薬メーカーに製造・供給させる)を使ったプログラムをも検討するよう呼びかけています。

ひるがえって日本の国際協力政策を見ると、エイズ対策に関してはVCTの普及・拡大、HIVテストおよび医療検査実施体制の充実に重点が置かれています。「消耗品」である延命治療薬を最長5年の支援計画の中で供給することはできないとのことですので、地元政府・NGOによる長期的な治療実施体制作りの支援を行うことに重点が置かれているのでしょう。とはいっても、ガーゼや注射針、傷薬に解熱剤すら不足している地区が多々あるというアフリカ諸国の現実を踏まえた長期的な支援(医薬品製造産業への技術支援、治療支援の長期計画を持つGFATMへの資金拠出増額など)を追求する必要があります。

カナダ政府が準備中の、途上国への安価な医薬品輸出を可能にする特許法改正(例外条項の付加)などを通して、国際的な支援資金が投入されつつある途上国へ日本の製薬企業が医薬品輸出を行いやすくすることも、「目に見える支援」につながっていくでしょう。

2000年12月にアディス・アベバで開かれた国連アフリカ経済委員会主催のエイズ会議、2001年4月のOAU・エイズサミットそして同年6月の国連エイズ特別総会を経て、国際的なエイズに対する取り組みに投入される資金が急増し、取り組み自体も「予防重視」から「予防も治療も」へと変わってきています。

この急激な変化の底流には、南ア・薬事法裁判、ネビラピン裁判で目に見える形を取ったHIV陽性者自身による活動、「当事者主権」(岩波新書『当事者主権』参照)を具現化する活動があります。

自身がろう者である研究者が「障害と開発」をテーマに問題提起をする(8月28日、障害学研究会関東部会で日本貿易振興会アジア経済研究所の森壮也さんが、ワールド・トレンド9月号「開発と障害」特集号を基に問題提起しました)、世界銀行がポリオ(小児マヒ)の女性を障害者施策担当顧問に迎える、という動きと通底している「当事者主権」のありように注目していきたいと考えます。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.