Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

VCTから一歩先へ:患者・感染者は包括的なエイズ対策を必要としている

2003年8月3日 ナイジェリア治療アクション運動のモロラケ・ンワグさんのスピーチの日本語訳

〜エイズと共に生きるアフリカの女性からのメッセージ〜

モロラケ・ンワグ Ms. Morolake Nwagwu
ナイジェリア治療アクション運動 Treatment Action Movement Nigeria

皆様 こんにちは。

私は、国連開発計画(UNDP)、日本国外務省、そして、第3回東京アフリカ開発国際会議に向けたNGO国際シンポジウム「アフリカのNGOがやってくる!」を組織してくれた全ての皆さんに感謝することから、私のスピーチを始めたいと思います。皆さんは、シンポジウムの開催に責任を持ち、多大な時間、エネルギー、資材を費やしてこのシンポジウムを開催してくれました。アフリカの10ヶ国から私たちを招へいしていただいたことは、大いに称賛されるべきことです。主催者および共催者のNGOの皆さんの、「東京イニシアティブ」提言書を作り上げ、TICADプロセスをよりよく機能するものにしよう、という真摯な気持ちが、このシンポジウムを作り上げる原動力になったのだと思います。私たち(アフリカのNGO)は、あなたがた、日本の人々が、アフリカの開発のためのイニシアティブを作りあげていく上で、そのパートナーとして、あなたがたと対話するために、今、ここにいるのです。

開発は、人間がいなければ全く不可能です。そして、HIVは人間に関わっているものです。HIV、つまりヒト免疫不全ウイルスは、ヒトにとりつくウイルスです。それは犬や猿の中にいるわけではありません。それは、人間の中に住みつくのです。この私の、血の流れの中に住みついているのです。統計資料で、HIVと共に生きる人々(HIV感染者・AIDS患者)の70%がアフリカにいること、すなわち、世界4200万人のHIV感染者・AIDS患者のうち3000万人がアフリカにいること、そしてナイジェリアに生きる人々のうちの347万人がHIVに感染していることが明らかになるとき、これらの数字が示す現実は、私自身、このロラケ自身のものなのです。私は図表でもなければ統計でもない、人間です。私は、一見して健康的で、背が高く、大きく、黒く、美しい女性です。そして私は今ここに、あなた方の前に立っています。

もし、あなたがたの思考が、一片の統計図表を超え出るものとならなかったら、そしてあなた方の努力が、ケア・サポート、そして治療を排除した、単に予防のみのプログラムに集中するものにしかならなかったら、3年、5年、もしくは10年後には、私はおそらく、あなた方がテレビのスクリーンを通して見慣れている、「エイズの犠牲者」と一般的に呼ばれているイメージ、すなわち、弱々しく、死にゆく、骨と皮ばかりの人間、というイメージに変貌してしまうでしょう。いま、ここにいる私は、犠牲者ではありません。私は頭脳と技術を持った女性、生きる意志を持ち生きることに熱意を傾けている女性です。しかし、もし何事もなされなければ、私たちがみな、ただ座り続け、腕を組むだけで、考えたり促進したりすることといえば単に予防や、自発的カウンセリング・検査(VCT)だけだ、ということになったとしたら、私は犠牲者になるだけでしょう。もし私が延命薬に、結核の予防法にアクセスできなかったならば、私の赤ちゃんがウイルスに感染するのを止められなかったならば、そして、私の血流の中に住みつくこのウイルスと闘うための抗レトロウイルス薬に、また、日和見感染症を治療する必須医薬品にアクセスできなかったとしたら……私は犠牲者になるでしょう。不正義の、不平等の、黙殺の犠牲者に。悪い政策の犠牲者に。そして、エイズの犠牲者に。

1998年10月に、日本の、この東京という同じ都市で採択された、TICAD II(第2回東京アフリカ開発国際会議)の主要な文書では、オーナーシップ(主体性)と地球規模のパートナーシップということが強調されています。この文書は、「アフリカにおける優先課題は、アフリカそれ自身によって決定されるべきである¥と述べています。TICAD IIのイニシアティブは、これらの優先課題への取り組みを支援するものとなっています。以下、引用します:「アフリカ自身によって定められた開発の優先順位が追求されるときにこそ、オーナーシップが発揮される」。これを聞いて、私は次の警句を想起します:「靴のどこが窮屈かを知っているのは、その靴を履いている者である」。エイズの問題に照らして言うならば、HIV/AIDSと共に生きている者こそが、アフリカでHIV/AIDSと闘う上で大きな役割を果たすのだ、ということです。もし、そうであるならば、私たちはHIV感染者・AIDS患者が生きていける状況を作ることが必要です。そうすれば、私たちは手に手をとって共に働くことができるのです。私たちには、患者・感染者の、意味のある参加の拡大(GIPA: Greater and meaningful Involvement of PLWHA)が必要です。私たちには、治療を含みこんだ予防対策が必要です。なぜならば、私にとって、またアフリカに住む3000万人のHIV感染者・AIDS患者にとって、「予防」はもう手遅れだからです。HIVはすでに、ここにいるのです。1998年当時にも、そして3年前にも、すでにHIVはそこに存在していました。多くの人に、HIVを現実の問題として認識してもらう上で、患者・感染者の社会参加の拡大(GIPA)は大きな役割を果たします。日本という母国で、そしてアフリカという他国で、患者・感染者と共に働くことによって、私たちは、新しい感染を止め、不必要な死を防止することに寄与する包括的な対策を手にすることができるのです。

TICAD IIが掲げている目標の一つに、次のものがあります。「2015年までに、5歳以下の幼児と児童の死亡率を、1990年段階の3分の1にまで引き下げる」。2003年、すなわち、1990年から13年たち、2015年まであと12年を残すこの年、より多くの子どもたちが死を迎えています。赤ちゃんたちは、母子感染予防(PMTCT)への十分な支援がないために、死んでいきます。子どもたちは、マラリアで、また、結核のような日和見感染によって、死んでいきます。これらに対する予防対策を強化し、HIV/AIDSに対する様々な戦略をセクターを超えて統合するために、TICADにおいて話し合われる一つの方法は、女性を教育し、力をつけさせていくことです。わが国においては、女性は、男性の6倍も脆弱なのです。また、VCTを超えて、ケア・サポート、治療に一歩踏み出すこと、寄生虫病や結核・マラリアなどの感染症の予防や治療に向けた努力をより強化することも必要です。また、行動変容も重要ですが、それは、現地の言葉で情報を提供し、HIVの予防および治療に向けたコミュニティの活動を促進することによって初めて達成できることです。

貧困層の、特に女性たちが、マイクロ・クレジットと雇用機会にアクセスできるようになることが必要です。なぜ患者・感染者は、「貧困撲滅」を目標としたマイクロ・クレジットのプロジェクトへのアクセスから排除されなければならないのでしょうか?私たちも「貧困撲滅」に参画しているというのに。なぜ開発パートナーたちは、私たちがHIVに感染しているからという理由で、マイクロ・クレジットを得ることができないというのでしょうか。彼らは言います:「あなたがたは、もうすぐ死ぬわけで、お金を返すなんてできないでしょう?」そうではありません。治療へのアクセスさえあれば、私たちは死ななくてすむのです!

TICADでは、開発パートナーの一員という立場から、次のようなことが言われています。TICADは、開発のための活動を計画し、運営するためのコミュニティの能力を向上させるための訓練・強化のプログラムを支援する……。つまり、ここには、人々が自らの生活と健康について、正しい、かつ、十分な情報に基づいた決定を下すための能力を強化し、支援するという意志表明が存在するということになります。治療のための教育のプログラムが強化されなければなりません。しかし、それは「抗レトロウイルス薬」のことだけを意味するのではありません。よい栄養、肯定的な生活(Positive Living)、補助的な食品や予防法の活用、日和見感染症の治療薬、そして、抗レトロウイルス薬、すなわちHIVに直接効果を持つ唯一の手段。包括的な治療プログラムとは、これらがおりまぜられ統合されたものなのです。

ナイジェリア政府は現在、1万人の成人に対して抗レトロウイルス薬を供給しています。私たちの大統領は、第一歩を踏み出したわけです。しかし、私たちはそれを独力で行っていくことはできません。私たちは、この(治療薬供給の)プロジェクトを拡大するとともに、公的な補助を伴う医学的検査と治療教育をその中に導入していく必要があります。もし私たちがパートナー以上の存在だとするならば、もし私たちの間に、この場で言われているように、同じ土台を共有する友人としての関係が作られているとするならば、私たちは、この(ナイジェリアの)プログラム、また、アフリカ全体にまたがる類似のプログラムに関して、それを拡大し強化するために、あなた方の支援を求めたいと思います。あなたがたが私たちを手助けできる場はそこなのです。また、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(GFATM: Global Fund to Fight AIDS, Tuberculosis and Malaria)が占めている場も、そこにあるのです。

GFATMは、その初期の段階から、とくに患者・感染者のために、私たちの命を救うために設立された地球規模の組織です。GFATMはすでに仕事を始めており、今までに資金提供を2回、行いました。しかし現時点で、GFATMは破産に瀕しています。日本は世界第2の経済力を持ち、世界の富の14%は日本に存在している……しかし、お金はどこにあるのでしょうか?私は、HIVに感染した女性という立場から、日本政府に要求します:GFATMに資金を供給して下さい。日本は2億ドルを基金に供給しています。これは大きなステップであり、大いに賞賛されるべきことです。他の富裕国も、同様に資金拠出を行うべきです。しかし、私たちは言いたい:日本よ、ありがとう、しかし、もっと多くの貢献が可能なはずだ、と。GFATMの2003年度の予算の14%は8億1500万ドル、しかし日本が拠出したのは2億ドル。このことが意味するのは、日本はあと6億ドルを今年拠出すべきであり、来年以降については、少なくとも8億ドルを拠出すべきだということです。

国際協力事業団(JICA)は、ナイジェリアでの私の質問に答えて、日本政府の現存する政策では、消耗品 consumables についてのサポートはできない、と言いました。いいでしょう。それなら、お金はGFATMに回すべきです。GFATMは消耗品についてサポートし、私たちの命に投資してくれるでしょうから。GFATMの援助はひも付きではありません。彼らの原則は、治療と訓練に援助を行うということです。JICAはVCT(自発的カウンセリング・検査)を援助するといいますが、それは、他の援助団体がみなやっていることです。日本は、他の援助団体との色合いの違いを示すべきです。VCTがもっと促進され、新しいVCTセンターがたくさんオープンすれば、より多くの人が、感染の有無を知りたいと思うでしょう。これはすばらしいことです。自分が感染していることを知らない女性の方が、母子感染をたくさん引き起こしてしまうでしょうし、HIV感染の事実を知ることは、健康的で質の高い生活を続けていくための足がかりにはなります。だから、私たちはVCTを支持します。しかし、もしあなたが私に検査を受けろと勧めたとして、私が陽性であることが判明したら、私はどうすればいいのでしょう?どこに私を支え、援助してくれるサービスがあるのでしょう?どこにケア、サポート、そして治療があるのでしょう?VCTは、ただそれだけでは立ちゆきません。それは、より多くの問題を引き起こします。それは人々を、自殺や精神的混乱に導くかも知れません。私たちはVCTを必要とします。しかし、それに加えて私たちが必要とするのは、私たちを支えてくれるケア、サポート、治療です。政策とは、人間が作ったものであり、政府や人々の力によって、法や政策は変えうるものなのです。

最後に、私たちができることは何でしょうか?この会場にいる私たちができることは何でしょうか?NGO、民間営利セクター、研究者、開発パートナー、政府担当者、メディア、民間コンサルタント会社、アフリカの外交官、JICA、そして患者・感染者ができることは何でしょうか?私たちができるのは、沈黙を破ることです。HIVはアフリカの健康の問題というだけではありません。それは、地球規模の開発に関わる問題です。それは単に私の問題であるだけではありません。それは、私たちが共有する課題です。日本のような偉大な国々の技術力のお陰で、世界はすでに、「地球規模の村」global village になっています。壁も、障壁も、境界線もすべて取り払われてしまいました。HIVはどこに侵入するにも、ビザも入国許可も必要としないのです。

私たちには、国際的な闘い、アドボカシーに参加する道が開かれています。私たちの赤ん坊が死にかかっています。姉妹が、母が、兄弟が、父が、友人が、コミュニティが、死にかかっています。立ち上がり、不必要な死を防ぐために、意識を喚起し、資金を投入すべきです。私の国、ナイジェリアにおいては、2001年だけで、17万人がエイズで死んだことが報告されています。これが意味するのは、毎日、エイズに関わる病気によって、465人の人々が死んでいる、ということです。私は統計図表にはなりたくありません。私は死にたくはありませんし、自分の赤ちゃんにこのウイルスを 感染させたいとも思いません。私は生きたい。私は治療にアクセスしたい、行く手を阻まれることなくどこにでも旅したい、そして、いのちへのアクセスを得たい。私たちがアフリカで求めているのは、隔離でもなければ、スティグマでも、差別でもありません。意味のある、質の高い生活を営むこと、そして、私たちの国、私たちの大陸そして世界の発展のために、応分の貢献をすることなのです。

ありがとう。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.