Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

トレヴァー・マニュエル財務大臣のコメント

※本文では、原文に忠実に翻訳を行うため、これまで「抗エイズ薬」としていたものを「抗レトロウイルス薬」と表記し、「抗エイズ薬による治療」については「抗レトロウイルス治療」と表記することとしてあります。

HIV/AIDSの問題に関しましては、呪術の類に属すること[voodoo]も随分と言われてきたと思うのであります。

議長、抗レトロウィルス薬だの何だのというくだらない話は、製薬企業にしか支持されない主張であって、事実による裏付けは何もありません。そして、このようなナンセンスにますます多くの人々が踊らされるにつれ、我々はますます困難な立場に立たされることになります。

この問題で社会のなかに対立を生む必要はありません。そのことを我々は認識しているので、「医学的に見て適当な治療にはさまざまな論点が含まれる」という言い方を我々はするのですが、投資のほとんどは予防体制に当てられるべきであります。なぜなら、治療をしても、すなわち抗レトロウィルス薬を人々に飲ませることはできても、それによって病気が治るわけではないからであります。時と場合によっては、病気の進行を抑えることくらいはできるかもしれませんが、治癒することはないのです。

だから、対立するのはやめましょう。州知事のところに戻って、こう言ったらよいのです。貧困対策や学校建設、その他のすべての必要なことにお金を使って下さい、限られた資源をきわめて貧しい州で無駄遣いするのはやめましょう、と」

(トレヴァー・マニュエルの議会における発言。2003年3月24日、SAFMラジオの番組After 8 Debateで放送されたもの)

翻訳:牧野久美子

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.