Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

アフリカ:ネビラピン・データ表

ジョハネスバーグ 5月22日(Plusnews)

南ア政府が、最近、HIV陽性の妊婦に対するネビラピン供与の方針を変更した。しかし、憲法裁判所の審理で、政府はネビラピンの安全性に関する更なる研究が供与に必要と主張している。

以下は、ネビラピンについてのPlusnewsによるデータ表である。

ネビラピンとは何か?

ネビラピン(ヴィラミュンとも呼ばれる)は、重要なウイルス酵素に干渉して、HIVの増殖を抑える医薬品である。ネビラピンはウイルスに犯された細胞内でウイルスの酵素に付着し、細胞の遺伝子にウイルスのコピーが入り込むのを防ぐ。

他の薬品とネビラピンを併用することで、HIVの量を低減し、CD4細胞計数を増加させ、合併症の起こる可能性を減らす。ウイルス量は血液内のHIV量を表し(数値が低い方がよい)、CD4細胞計数は免疫機能の指標となる(数値が高い方がよい)。

ネビラピンは他の抗レトロウイルス薬と共にエイズ治療に使われる。組み合わせの例としてAZT、3TC、ネビラピンがある。

誰に処方するのか?

ネビラピンは、成人のエイズ治療のために他の抗レトロウイルス薬と併用して処方することが承認されている。AZTと同様に、分娩時にネビラピンを処方すると母子感染を50%削減できる。ネビラピンの利点は、たいていのエイズ治療薬の価格がとても高い途上国でも、ネビラピン単回投与は安価にできることが利点である。

どのようにして服用するのか?

ネビラピンは、経口錠剤を服用する。抗レトロウイルス薬治療を受けていない妊婦からの母子感染予防のために、出産時に妊婦が一錠を口から服用し、生まれから24時間以内に幼児にも一錠飲ませる。

ネビラピンの推奨される服用方法は、最初の2週間1日200mgを服用し、以後は2日に1回200mgを服用する。誤った服用は、薬の効果を弱め、ウイルスが抗体を強める可能性が増える。

子どもには、液状のネビラピンを処方することもできる。

副作用はどんなものがあるか?

ネビラピンの最も有名な副作用は、発疹、発熱、むかつき、頭痛がある。また、肝臓を痛めることもある。肝臓を経由して体内に取り込まれるため、ネビラピンは肝臓に作用して他の薬品の分解を速めることがある。この影響のため、ネビラピンはしばしば他の薬品の効果を弱め、効かなくする。

値段はいくらなのか?

ネビラピンは大抵の抗レトロウイルス薬の安い代替品であり、2ダースの値段はせいぜい4USドルである。製造者であるベーリンガー・インゲルハイムは途上国でのHIV母子感染を予防するために、国立病院でHIV陽性の妊婦に無料で提供すると告知した。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.