Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

貧しい人々にも医薬品が届くように!!

この間のエイズ治療薬めぐるアフリカ諸国・国際機関・NGOそして製薬会社を見ていると、アフリカの国々の貧しさを端的に象徴しているのが医薬品の値段だと言えそうです。

また、医薬品の有無が、使用可能かどうかで生死までものが決せられる、という意味では、貧しさにかかわる苦痛や悲しみにも、医薬品の値段が大きくかかわっている、とも言えます。

この医薬品の値段は、特許権と大きくかかわっています。そのこともエイズ治療薬をめぐる南アフリカでの裁判が、鮮明な形で明らかにしました。欧米の巨大製薬会社が開発し特許権を持っているエイズ治療薬と、インドの製薬会社シプラの製造するコピー薬(ジェネリクス)の値段とは、30倍もの開きがあったのです。南アフリカでの裁判が、提訴した特許権を持つ製薬会社の提訴取り下げに終わった後、ナイジェリアではシプラのジェネリクスが、また別の国々では欧米の巨大製薬会社が無償あるいは特別割引価格で販売するエイズ治療薬が導入されるようになり、アフリカ諸国においても、エイズ治療薬に「手が届く」状況が見えてきたのです。

こうした動きをさらに押し進めていくために、以下のキャンペーンが呼びかけられています。11月半ばにカタールで開催される予定のWTO閣僚会議に提出する請願書への署名を呼びかけるキャンペーンです。オックスファムの呼びかけ文をAJFの責任で翻訳しました。署名は、オックスファムのホームページ(イギリスのサイトですので、署名欄は英文で表記されていて、署名そのものもローマ字でお願いします)でして下さい。締め切りは11月の初めになります。このページが、キャンペーンに触れる良い機会になることを願っています。

お金か命か 米国の貿易政策は貧しい者が健康に生きる権利を奪うものです。

第三世界ネットワーク、オックスファム・インターナショナル、ヘルス・ギャップ連合は、インターネットを通じて、嘆願書への署名運動を開始しました。私たちは、この運動によって、世界中の人たちが、強大な大手製薬企業の利益よりも人々の健康を優先するような世界貿易機関(WTO)の特許法を望んでいることを、明らかにしたいと思っています。この嘆願書は、ジョージ・ブッシュ米国大統領に宛てたものです。途上国の人々が廉価な医薬品を入手できるようTRIPS協定を修正するあるいはその内容を明確にすることを邪魔している政府の中心人物が、ブッシュ大統領だからです。

この運動は、9月1日から、カタールでWTO閣僚会議が開催される11月まで続けられ、その場で、米国政府に手渡されます。嘆願書はhttp://oxfam.org.uk/e-campaigns/unclesam/uspetition.htmlで見ることが出来ます。

貧しい人々にも医薬品が届くように!!

この間のエイズ治療薬めぐるアフリカ諸国・国際機関・NGOそして製薬会社を見ていると、アフリカの国々の貧しさを端的に象徴しているのが医薬品の値段だと言えそうです。また、医薬品の有無が、使用可能かどうかで生死までものが決せられる、という意味では、貧しさにかかわる苦痛や悲しみにも、医薬品の値段が大きくかかわっている、とも言えます。この医薬品の値段は、特許権と大きくかかわっています。そのこともエイズ治療薬をめぐる南アフリカでの裁判が、鮮明な形で明らかにしました。欧米の巨大製薬会社が開発し特許権を持っているエイズ治療薬と、インドの製薬会社シプラの製造するコピー薬(ジェネリクス)の値段とは、30倍もの開きがあったのです。南アフリカでの裁判が、提訴した特許権を持つ製薬会社の提訴取り下げに終わった後、ナイジェリアではシプラのジェネリクスが、また別の国々では欧米の巨大製薬会社が無償あるいは特別割引価格で販売するエイズ治療薬が導入されるようになり、アフリカ諸国においても、エイズ治療薬に「手が届く」状況が見えてきたのです。こうした動きをさらに押し進めていくために、以下のキャンペーンが呼びかけられています。11月半ばにカタールで開催される予定のWTO閣僚会議に提出する請願書への署名を呼びかけるキャンペーンです。オックスファムの呼びかけ文をAJFの責任で翻訳しました。署名は、オックスファムのホームページ(イギリスのサイトですので、署名欄は英文で表記されていて、署名そのものもローマ字でお願いします)でして下さい。締め切りは11月の初めになります。このページが、キャンペーンに触れる良い機会になることを願っています。

お金か命か 米国の貿易政策は貧しい者が健康に生きる権利を奪うものです。

第三世界ネットワーク、オックスファム・インターナショナル、ヘルス・ギャップ連合は、インターネットを通じて、嘆願書への署名運動を開始しました。私たちは、この運動によって、世界中の人たちが、強大な大手製薬企業の利益よりも人々の健康を優先するような世界貿易機関(WTO)の特許法を望んでいることを、明らかにしたいと思っています。この嘆願書は、ジョージ・ブッシュ米国大統領に宛てたものです。途上国の人々が廉価な医薬品を入手できるようTRIPS協定を修正するあるいはその内容を明確にすることを邪魔している政府の中心人物が、ブッシュ大統領だからです。この運動は、9月1日から、カタールでWTO閣僚会議が開催される11月まで続けられ、その場で、米国政府に手渡されます。嘆願書はhttp://oxfam.org.uk/e-campaigns/unclesam/uspetition.htmlで見ることが出来ます。 この署名運動を成功させるためには、多くの人たちからの支援を必要とします。ドーハでの会議の前に最低でも25万人以上の署名を集めたいと思っています。言い換えれば、世界各国で活動する団体からの支援が必要です。以下のいずれか、あるいは複数の方法で、この世界的な署名運動をあなたの団体でも支援していただけないでしょうか。

  1. あなたの団体のホームページでこの嘆願書について紹介し、リンクさせてください。嘆願書のURLは http://oxfam.org.uk/e-campaigns/unclesam/uspetition.html です。
  2. この文書を活用して、あなたの団体の会員であったり、同じネットワークに所属していたりする他の団体にも、この署名運動の詳細について回覧してください。
  3. あなたの団体の支援者に署名するよう働きかけてください。また、あなたの団体の会員であったり、同じネットワークに所属していたりする他の団体にも、その支援者に署名を働きかけるよう依頼してください。
  4. amitchell@oxfam.org.ukにあなたの団体名と連絡先を送付して、嘆願書への支持を表明してください。私たちは、嘆願書のウェブサイトに、嘆願書への支持を表明したすべての団体の名前を掲載します。

私たちは、以下の方法で、各団体がこの署名運動を展開していくための手助けをしています。あなたのホームページで使える「アンクル・サム」キャンペーン用ロゴがあります。これは、嘆願書のウェブサイトからダウンロードする事が出来ます。詳細については、http://oxfam.org.uk/e-campaigns/unclesam/download.htmlをご覧ください。ポスターやA4サイズの嘆願書といったコンピュータ上以外で活用できるものも用意されています。

ポスターの注文は、amitchell@oxfam.org.ukで受け付けています。

嘆願書はhttp://oxfam.org.uk/e-campaigns/unclesam/download.html からダウンロードできます。

この署名運動をご支援ください。ご質問は、オックスファム・イギリスのアンナ・ミッチェル(Anna Mitchell)まで、電話(44 1865 313198)、もしくは電子メール( amitchell@oxfam.org.uk)にてお寄せください。

オックスファムは、貧困や困窮を永続的に解決する方法を見つけるために、他団体との連携を図りながら活動しています。オックスファム・イギリスはオックスファム・インターナショナルの加盟団体であり、英国で登録されています(登録番号:612172、登録事務所住所:274 Banbury Road, Oxford OX2 7DZ、チリティー団体登録番号:202918)。 ホームページ:http://www.oxfam.org.uk

WTO特許規定は必須医薬品の価格を貧しい人たちの手に届かないものにしています。この問題の詳細、並びに医薬品の価格引き下げを求めた嘆願書への署名については http://oxfam.org.uk/e-campaigns/unclesam/uspetition.html をご覧ください。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.