Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

ケニア:WTO規定が安価なエイズ治療薬の輸入を妨げる

ナイロビ 10月11日(IRIN)

ケニア国立エイズ・コントロールセンター(NACC)は、6月に安価な薬品の輸入を許可する法案が成立したにもかかわらず、ケニア政府が「安価なエイズ治療薬の購入が困難」と公表した、と'Daily Nation'紙が水曜日に報じた。

NACC副長官パトリック・オレギ博士は、世界貿易機関(WTO)のいくつかの規定がエイズ治療に使われる抗レトロウィルス薬(ARVs)の輸入を妨げていると、発言している。

オレギ博士によると、国内で生産されるか、販売目的ではなく寄付としてケニアに贈与された医薬品についてWTO合意が規定した条項は、ケニア政府が安価な医薬品を国外に求める努力を妨げている。

「現在、薬品はインドやブラジルといった国々から寄付としてのみ輸入できる。」とオレギ博士は言った。

「これは人権に対する差別、非難、暴力であり、HIV陽性者がその状態故に医療保険を否定されていると言うべきだ」とオレギ博士は付け加えた。

ケニア議会は6月にエイズ治療薬への公共アクセスの改善のための第一歩を踏み出し、工業所有権法が議会を通過した時、ケニアはこの種の法律が適用される南アに次ぐアフリカで2番目の国となる。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.