Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

アフリカ:アナン事務局長がエイズ治療薬について製薬会社との交渉を継続

コフィ・アナン国連事務総長は、今週、7大主要製薬会社の取締役と発展途上国向けのエイズ治療薬の価格削減について議論するために面会した、とアナン事務総長の報道官が発表した。

今年初めに、アナン事務総長はアムステルダムで6大国際企業の代表と会い、彼らおよび33の他の企業に対し、南アフリカが特許エイズ治療薬の安価なジェネリック薬の輸入することを妨げる訴訟を取り下げるように説得した。フレッド・エッカード報道官によると、木曜日の会合に出席した企業はベーリーンガー・インゲルハイム、ブリストル・マイヤーズ・スクイブ、グラクソ・スミス・クライン、F・ホフマン・ラロッチェ、メルク、ファイザーであった。この会合では、薬へのアクセス、特に後発途上国における保健システムの改善、地球規模でのエイズに対する戦いのための資金調達を支援する民間部門の参加にも焦点が当てられた、とエッカード報道官は語った。

5月に、アナン事務総長はエイズ予防と国連が推計した感染者の対処に、来年は32億ドル、2005年には92億ドルに達する資金を運用しようとする国際基金を立ち上げた。「すべての人たちの心を取り乱し」、「世界経済に消極的な影響を与えた」9月11日のアメリカへのテロ攻撃以来、基金への寄付は減っている、とエッカード報道官は語った。国連は年末に「基金の新たな上昇」を期待している、とエッカード報道官は付け加えた。

(付記)

2001年10月2日の「感染症対策国際シンポジウム」でUNAIDSピオット事務局長が、「明後日、アナン事務総長は大手製薬会社の首脳と会談することになっている」と発言して、国連は努力しているんだ、と強調していたのがこの会合のことですね(斉藤)

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.