Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

タンザニア:エイズ・アクティビスト、勇気をたたえられる

ナイロビ 2001年10月4日(IRIN)

HIV陽性者のために闘っているタンザニアの著名な運動家が、「リーダーに対するアフリカ賞」(Africa Prize for Leadership)の4人の受賞者のひとりに選ばれ、10月13日、米国に本部を持つハンガー・プロジェクトから受賞される。自分自身HIV陽性者であるアメリア・ジャコブ(Amelia Jacob)さんが「この問題を公に語る勇気を示し」、他の人々に闘うことを支援したと、10月3日同プロジェクトは伝えた。

ジャコブさんと他の3人の受賞者は、「最も勇敢で素晴らしいリーダーであり、アフリカ大陸でHIV/AIDSが広がるのを阻止するために貢献した。」と、同プロジェクトは述べた。この組織は、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの人々が自らの能力と力で自信を取り戻すことを手助けしている。

エイズに起因する病気と死のうち、わずか10%が現実になっただけだ専門家の推定にも拘わらず、エイズはアフリカの開発に関する時計を巻き戻し、政治的安定を脅かし、この数十年の人間開発の成果を帳消しにした、とハンガー・プロジェクトのジョアン・ホルムズ(Joan Holmes)代表は述べた。さらに「女性が男性と同じように認められていない社会の中で、女性であるジャコブさんの素晴らしい勇気は、HIV陽性者たちに外に出て語る勇気を与えた。」と付け加えた。

ジャコブさんは、1993年、HIV感染の診断を受けた後、HIV陽性者のためのサービス、健康、開発(Service, Health and Development for People Living Positively with HIV/AIDS ・SHDEPHA+)という組織を設立し、そこで人々を教育し、病気と生きる人々の権利を擁護し、人々の懸念について話し合うための安全な場所を提供した。また、HIV陽性者に対する医学的、社会的、心理的に必要事項についての訓練マニュアルを英語とスワヒリ語で書いた。また、HIV陽性者が人生を肯定的に生きるような訓練を行った。

「アフリカのノーベル賞」に匹敵するAfrica Prize for Leadershipの他の受賞者は、デニス・デ・ヨング(Dennis de Jong)牧師(ザンビア)、ハイウォトHIV感染予防、ケア、支援センター(Hiwot HIV/AIDS Prevention Care and Support Organisation )(エチオピア)、パダレ・エンクンドレニ男たちのジェンダーに関するセンター(Padare Enkundleni Men's Forum on Gender)(ジンバブエ)。(詳しくは:www.thp.org)。10月13日ニューヨークで開かれる授賞式では、ムゼビニ・ウガンダ大統領の基調講演が予定されている。ウガンダは、HIV感染が減少した唯一の国である。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.