Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースおよびアフリカのエイズ問題に関するニュース・情報データベースです。
収録されたデータ更新の連絡、最新情報の紹介をAJF事務局あてにお願いします。
【2017年3月】アフリカに関わる活動を行っているNGOのデータベースを順次、更新しています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
アフリカで活動するNGO一覧:
感染症研究会:
アフリカ関連情報(生存学ウェブサイト)

ナイジェリア:エイズ治療プログラム

8月24日ラゴス発 IRIN

ナイジェリアでHIVに感染している数千の人々にとって長らく待ち望まれていた、手頃な治療が現実のものになった。9月1日より、政府は1万5千人が1日1USドル以下で必要な量の薬品を入手できる抗レトロウィルス薬治療プログラムを立ち上げる。

インドの製薬会社であるシプラ社が生産した薬は、西欧の製薬会社が生産する抗レトロウィルスのジェネリック薬である。製薬会社との交渉によって、オバサンジョ政権は薬1人分を年350USドルで購入する。

「政府は最大80%まで補助金を出し、患者は残りを負担するが、これは月8ドル以上にはならない。」と交渉団の1人であった、ナイジェリア保健省の高官はIRINに語った。

アフリカで最大の人口1億2千万人を誇る国の新しい治療計画は、アフリカ大陸では新しいのものである。ナイジェリアは、今年初めに、西欧の製薬会社がエイズ治療に安価なジェネリック薬を生産、購入する権利を主張した南アフリカ政府に対する訴訟を取り下げたことによる最初の受益者である。

「政府による抗レトロウィルス薬治療は、少なくともスタート時点では、アフリカ大陸の他の国より大規模なものになる。」スティーブン・ルイス国連事務総長アフリカ・エイズ問題特使は、7月にナイジェリアを訪問し、計画について議論した後、ニューヨークでレポーターに語った。ルイス特使は、計画の開始当初こそ1万人の成人と5千人の子供のみが利益を享受できるが、その人数は「今後2年で数千人に」増えるだろう、と語った。

ナイジェリア保健省が公開した治療制度の詳細によれば、受益者の60%が1日3回2錠、残り40%が1日2回2錠の錠剤を服用する。治療の効果は、数回、首都アブジャと最大の都市ラゴスにある2つの研究所で評価される。アメリカのフォード財団は研究所の評価に出資することを明らかにした。

ナイジェリアの政府関係者は、エイズ治療はオバサンジョ大統領主導で推進されたと語った。4月に、HIV/AIDS及び他の伝染病についての国際会議を開催し、遠大な決定が世界的な災難に取り組むために採択されると、オバサンジョは大統領在任中に行動を起こす必要性を感じた。

ナイジェリアのエイズ問題の程度がますます明白になり、途方もない処置をしなければならなくなった。少なくとも、260万のナイジェリア人がHIVに感染しており、アフリカでは3本の指に入る。全人口の5.4%という感染率は、最も深刻なアフリカの国々と比べると低いが、地方の保健事務所や海外のパートナーは、感染拡大が成長に対する脅威となったことを理解している。

積極的なHIV感染拡大阻止キャンペーンを展開している国連児童基金(UNICEF)によると、ナイジェリアでHIV感染した人々は、アフリカ全体で感染した人の10%、世界全体の8%に当たる。「UNICEFはHIV感染がすべてのコミュニティーや地域で浸透し、よくあるように、最も影響を受けたのは20〜40歳代であることを確認している。」と最近の出版物で述べている。

アフリカ東部や南部の数カ国と比較すると、ナイジェリアではHIV/AIDSが重大な社会問題になるまでに時間がかかっている。多くの保健関係者は、1980年代中頃から1990年代後半まで続いた軍事政権期に続いた指導者が病気により生じた危険にわずかな注意しか払われなかった時に、HIV感染拡大を最小限にとどめる機会が失われたと考えている。

「イブラヒム・ババンギダ将軍とその後継者サニ・アバチャ将軍の統治下で、政府は見えないウィルスより注意を払うべきことがあった、という印象を与えた。」とエイズ・アクティビスト、ケレチ・オコンクォ氏はIRINに語った。

結果として、啓発キャンペーンも、エイズ患者の治療も、国内の感染率が10年以内に1%以下から5.4%へと急激に増大し、保健の優先事項と考えられた。それどころか、病状への誤解が広まった。HIV感染した人々は一切の支援を受けられず、彼らの状態を暴露するという、厳しい社会からの差別に直面した。

1999年に当選し、15年以上に及ぶ軍事政権が終了すると、オバサンジョ大統領はナイジェリアのHIV/AIDSの現状と直面し、これと闘う政治的意思を表明した。4月に彼が招集したサミットはコフィ・アナン国連事務総長に病気や感染症と闘うため、70〜100億ドルの「軍資金」を提案する場を提供した。これをフォローする国際会議が、11月に首都アブジャで予定されている。

こういった行動に対応して、ナイジェリアはこの問題に取り組むための国際的な援助を引きつけ始めた。最新のものでは、7月に世界銀行からHIV/AIDSへの緊急対応計画に反映させるため、9030万ドルの借款が認められた。今後3年間で、基金はHIV感染予防、HIV感染者への対応、特に孤児といった影響を受けた人へのケアに使用される。

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.