Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFは、日本・ブラジル・モザンビーク三角協力ProSAVANA事業に対する、モザンビークの農民組織、市民団体の声を日本に届け、ともに考えていこうと努めています。


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

UNAC(モザンビーク全国農民連合)をサポートする国際声明

日本にもプロサバンナ事業の問題を訴えるために2度にわたって来日したUNAC(モザンビーク全国農民連合)をサポートする国際声明への賛同を呼びかけます。


2014年4月

モザンビーク農民が直面する鉱物資源開発・インフラ整備・農業開発による土地の収奪に加え、この声明にあるように現在は政治・軍事問題の発生により、農民は日々の生活上の困難だけでなく暴力に晒されています。現在の政治・軍事的な暴力の背景には、モザンビークの現政権(ゲブーザ大統領:2004−現在)による圧倒的多数の小農の権利や発展を犠牲にした投資・開発の促進があります。

さらに、このような上からの権利剥奪や暴力に対抗するために声をあげているUNACやその加盟団体、メンバー、スタッフへの暴力・抑圧・人権侵害も声明にあるように加速化しており、彼らを守るために「世界の目」を示す必要があります。

残念ながら、日本の政府、援助機関、企業もこの流れに加担してきました。

一つでも多い日本の団体の連帯を表明できることを祈っています。

これまでプロサバンナやモザンビーク農民の土地収奪の問題でUNACと連携してきた国際NGOのFIAN InternationalおよびGRAIN、そして世界の農民のネットワークであるLa Via CampesinaとブラジルのFASEが呼びかけ団体となり、日本からは、アフリカ日本協議会(AJF)とモザンビーク開発を考える市民の会が名を連ねています。

日本語訳

英文はこちら >>>

モザンビークの現状に関する国際声明


本声明の署名団体は、現在のモザンビークの農村部で起きている大規模な人々の強制退去と拡大する暴力について懸念を表明し、モザンビーク小農の権利を尊重し擁護するよう、モザンビーク政府と国際社会に対し要求します。

モザンビーク全国農民連合(ポルトガル語訳略称、UNAC)は、2014年2月13日、モザンビークの農村部で起きている殺害と、大規模な人々の強制退去、そして暴力を許容する情勢が蔓延しつつある状況を非難するプレスリリースを発しました【1】。

UNACは、21年前に、16年間の内戦を経て実現した和平が崩壊しつつあることに深刻な懸念を表明しています。被害を被った地域に住むUNACのメンバーの証言によれば、モザンビーク民族抵抗運動(RENAMO)とモザンビーク政府軍の間で行われている攻撃と衝突がモザンビーク農民の安全を脅かすのみでなく、彼らが農地を耕したり農作業を行うことの妨げになっています。これらのすべてが、今年の収穫やモザンビークの食料主権について、深刻な影響を与えています。

特に、直接あるいは間接的に、強制退去、嫌がらせ、脅迫の被害に遭った69,000軒の農家(約345,000人)の状況を懸念しており、被害を受けた郡は、ソファラ州のマシャンガ、シバババ、マリンゲ、ゴロンゴーサ、ニャマタンダ、ドンド郡、テテ州ではモアティゼ郡、マニカ州ではマコッサ郡、ナンプラ州ではラパレとメクブリ郡、インハンベーン州ではオモイネ、フンアオウロ、ビランクロス郡となっています。

わたしたち本声明の署名団体は、2009年からモザンビーク小農の人権と農業と農村開発についてモニタリングを行ってきました。わたしたちは、モザンビーク小農の社会経済活動に関する権利が広範にわたって意図的に侵害されている現状を非常に懸念しています。悪化する国内の紛争はモザンビーク社会の平和と調和を脅かすものです。

以上を鑑み、わたしたちは、UNACが戦闘者/武装勢力に対して呼びかけているすべての敵対行為の即時停止、武力闘争の放棄、紛争の解決に向けたインクルーシブで民主的な対話メカニズムへの復帰を支持します。

UNACによれば、モザンビークでは、市民に対する脅迫や嫌がらせのみでなく、専横的な市民の拘留や殺害が目撃証言や報道に基づき報告されています。しかしながら、国内で過去数か月に起きた個々の事件についての独立した情報が不足しているため、逮捕されたり殺害された被害者の数が判明していません。これまで、報告があった事件についての調査は行われておらず、したがって、不処罰状況が生まれており、モザンビークの人々を危うくしている現状です。

以上から、わたしたちは、モザンビーク政府に対し、武力衝突が発生してからこれまでの数か月間で起きた事件について、特に、報告があった脅迫、逮捕、殺害、そして人権侵害のすべてについて、独立した調査を受け入れることを求めます。

現在継続しているRENAMOとモザンビーク政府軍の衝突は、16年の内戦に終止符を打った1992年のローマ和平協定に反するものです。この和平交渉には、国連、アフリカ連合、ヨーロッパ連合がオブザーバーとして参加しています。従って、国際社会、特に国連、アフリカ連合、そしてヨーロッパ連合に、モザンビークにおいて現在進行中の武力衝突を止めることと、報告されている人権侵害について調査を進めるべく関与を求めます。

さらに、わたしたちは、モザンビーク国と国際社会に対し、現在の開発戦略の見直し、例えばUNACによって作成されている「家族農業の支援国家計画」に示されるモザンビーク小農の視点を特に反映させることにより、モザンビークの小農の権利を尊重し擁護するよう要求します。

【1】UNACプレスリリース
「モザンビークにおける政治状況と軍事活動が農業開発に及ぼす影響」 2014年2月
http://www.unac.org.mz/index.php/7-blog/74-os-impactos-da-situacao-politica-e-militar-nodesenvolvimento-da-agricultura-em-mocambique

賛同について

賛同する団体は、4月14日までにFIANのソフィアさんまで、ご連絡下さい。

FIAN International http://www.fian.org
Sofia Monsalve
e-mail : monsalve@fian.org

なお、現在のモザンビークの状況は、「モザンビーク開発を考える市民の会」の ブログで詳しく報告されています。
http://mozambiquekaihatsu.blog.fc2.com/

pdfファイルをダウンロードすることができます。→こちら


International Statement on the current situation in Mozambique

The undersigning international organizations express concern about massive displacements and widespread violence in the Mozambican countryside and call the Mozambican government and the international community to respect and protect the rights of the Mozambican peasants.

The National Union of Mozambican Peasants (UNAC for the abbreviation in Portuguese) issued a press release on February 13, 2014 condemning killings, massive forced displacements and the general climate of violence that the Mozambican rural population is increasingly facing.[1] UNAC expresses grave concern about the deterioration of peace that was achieved in Mozambique 21 years ago after a civil war that lasted 16 years. According to testimonies received by UNAC from its members in affected regions, the widespread attacks and military clashes between alleged armed men of the Mozambican National Resistance (Renamo) and the Mozambican military forces are severely affecting not only the security of the Mozambican peasants but also their ability to till their lands and to attend to their agricultural activities - all of this with serious impacts on the upcoming harvest and the food sovereignty of Mozambique. In particular, UNAC highlights the situation of 69,000 peasant families (approximately 345,000 persons) directly and indirectly affected by forced displacement, harassments and threats in the following areas: Machanga, Chibabava, Maringue, Gorongosa, Nhamatanda and Dondo districts in Sofala province; Moatize district in Tete province; Macossa em Manica, Rapale and Mecuburi in Nampula province; Homoine, Funhalouro and Vilanculos in Inhambane province.

We, the undersigned organisations, have been monitoring since 2009 the human rights situation of peasants in Mozambique and the developments in the field of agriculture and rural development. We are extremely concerned that the widespread systematic violations of the economic and social rights of the Mozambican peasants due to development projects can further deteriorate. The escalation of conflicts in the country threatens peace and the social fabric of Mozambican society.

We therefore support UNAC’s call to the combatants/armed parties to immediately stop all hostilities, give up the armed struggle and come back to an inclusive and democratic mechanism of dialogue to resolve conflicts.

According to UNAC, there are several reports by eye witnesses and media on threats and harassmentsagainst civilians in the country as well as on arbitrary detentions and even killings of civilians. However, due to a lack of independent information about the events occurred in the country during the last months, the number of people allegedly having been arrested or killed cannot be confirmed. So far, there has been no investigation of the reported incidents, thus leading to a situation of impunity that increases the vulnerability of the Mozambican population.

According to UNAC, there are several reports by eye witnesses and media on threats and harassmentsagainst civilians in the country as well as on arbitrary detentions and even killings of civilians. However, due to a lack of independent information about the events occurred in the country during the last months, the number of people allegedly having been arrested or killed cannot be confirmed. So far, there has been no investigation of the reported incidents, thus leading to a situation of impunity that increases the vulnerability of the Mozambican population.

We therefore call upon the government of Mozambique to allow for an independent investigation of the events since the breakout of the hostilities, and particularly all reports on threats, arrests, killings and human rights violations over the last months.

The current armed conflict between Renamo and the Mozambican army is a breach of the 1992 Rome Peace Accord that put an end to Mozambique’s 16 years of civil war. The peace negotiations involved the United Nations, the African Union and the European Union as observers. We therefore call upon the international community, particularly the United Nations, African Union, and European Union,to engage with the government of Mozambique in ending current hostilities in Mozambique and initiate an investigation of the reported human rights violations.

Moreover, we urge the Mozambican state and the international community to respect and protect the rights of the Mozambican peasants by reviewing the current development strategy, taking particularly into account the views of Mozambican peasants as contained, for instance, in the Plano Nacional de Apoio a Agricultura Camponesa developed by UNAC.

[1]See Comunicado de Imprensa - Os Impactos da Situacao Politica e Militar no Desenvolvimento da Agricultura em Mocambique
http://www.unac.org.mz/index.php/7-blog/74-os-impactos-da-situacao-politica-e-militar-nodesenvolvimento-da-agricultura-em-mocambique

April 2014

Signed by

Africa Japan Forum, Japan
Centro Internationale Crocevia, Italy
Concerned Citizen Group with the Development of Mozambique, Japan
Federacao de Orgaos para Assistencia Social e Educacional (FASE), Brazil
FIAN International
GRAIN, International
La Via Campesina, International
Transnational Institute (TNI), Netherlands

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.