Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

報告:
連続公開セミナー「食べものの危機を考える」 2016年度第2回
食料危機アラートはどうやって出されのか?
FAOの情報にアクセスして考える世界の食料問題

25日(水)夜、明治学院大学白金校舎で、セミナー「食べものの危機を考える」2016年度第2回「食料危機アラートはどうやって出されるのか?」を開催しました。

食料危機、FAOの資料を読んで考える、というタイトルのワードが良かったのか、会場いっぱいの参加者がありました。

当日のレジュメは以下の内容です(少し改変されています)。

  1. 食料危機とは?
    安心して安全な食べものをおいしく食べることができない状態
    1. 局地的な食料危機
      • 災害、天候不順による食料危機
        ex. 東日本大震災、ハイチ大地震、ネパール大地震
      • 紛争、社会不安による食料危機
        ex. イラク、シリア、ソマリア:「飢餓大陸」と言われるアフリカで、飢餓による最大の犠牲者が出たのは経済封鎖されたビアフラ戦争時のナイジェリア・イボランド(100万人以上が犠牲になった)
      • 食料流通がうまくいかないことによる食料危機
        ex. エボラウイルス病(EVD)感染拡大時のギニア、シエラレオネ、リベリア:国境が閉ざされ、また人の移動に制限が加えられた
    2. 世界規模の食料危機
      2011年4月開催セミナーで、FAO日本事務所・横山所長(当時)は、FAOが認識する世界規模の食料危機として、以下の時期の食料価格高騰・乱高下をあげた → 「飢餓を考えるヒント」No.4に収録
      • 1970年代初め:オイルショック、旧ソ連による国際市場での小麦調達により食料価格が高騰、それまでの食料流通が大きく変わった
      • 2007〜08年:燃料価格高騰、バイオ燃料ブーム、食料先物取引への巨額資金の流入による食料価格高騰
    3. 食べものの危機
      環境汚染、食品加工時の問題、流通時の問題などによる食べものへの不安
      ex. 冷凍食品への農薬混入事件、原発事故による放射能汚染etc
       → 会場からのコメント:添加物だらけの食品という先進国特有の問題、途上国での農薬使用拡大による残留農薬問題、オブソレート農薬処理の不備による環境汚染
  2. 持続可能な、安心して食べることのできる食料生産につながる農業を考える
    cf. "From Uniformity to Diversity"紹介
    Key messages
    ・Today’s food and farming systems have succeeded in supplying large volumes of foods to global markets, but are generating negative outcomes on multiple fronts: wide- spread degradation of land, water and ecosystems; high GHG emissions; biodiversity losses; persistent hunger and micro-nutrient de ciencies alongside the rapid rise of obesity and diet-related diseases; and livelihood stresses for farmers around the world.
    ・Many of these problems are linked speci cally to ‘industrial agriculture’: the input-in- tensive crop monocultures and industrial-scale feedlots that now dominate farming landscapes. The uniformity at the heart of these systems, and their reliance on chemi- cal fertilizers, pesticides and preventive use of antibiotics, leads systematically to nega- tive outcomes and vulnerabilities.
    ・Industrial agriculture and the ‘industrial food systems’ that have developed around it are locked in place by a series of vicious cycles. For example, the way food systems are currently structured allows value to accrue to a limited number of actors, reinforcing their economic and political power, and thus their ability to in uence the governance of food systems.
    ・Tweaking practices can improve some of the speci c outcomes of industrial agricul- ture, but will not provide long-term solutions to the multiple problems it generates.
    What is required is a fundamentally di erent model of agriculture based on diversify- ing farms and farming landscapes, replacing chemical inputs, optimizing biodiversity and stimulating interactions between di erent species, as part of holistic strategies to build long-term fertility, healthy agro-ecosystems and secure livelihoods, i.e. ‘diversied agroecological systems’.
    ・There is growing evidence that these systems keep carbon in the ground, support bio- diversity, rebuild soil fertility and sustain yields over time, providing a basis for secure farm livelihoods.
    ・Data shows that these systems can compete with industrial agriculture in terms of total outputs, performing particularly strongly under environmental stress, and delivering production increases in the places where additional food is desperately needed. Diversi- ed agroecological systems can also pave the way for diverse diets and improved health.
    ・Change is already happening. Industrial food systems are being challenged on multiple fronts, from new forms of cooperation and knowledge-creation to the development of new market relationships that bypass conventional retail circuits.
    ・Political incentives must be shifted in order for these alternatives to emerge beyond the margins. A series of modest steps can collectively shift the centre of gravity in food systems.

* 紹介したGIEWSのページ
GIEWS - Global Information and Early Warning System
http://www.fao.org/giews/reports/en/

質疑から

Q:ハラールで食べものに制限があるからイスラム圏では食料危機が起きやすいのか?
A:スーダン、モーリタニアほかイスラム圏で長らく活動し生活した経験のある箱山さん、WHOの専門家として世界各地で活動した経験のある平山さんが、ムスリムの人たちは「お腹がすいていないか?」とたずねて食べものを分けあっている、ザカート(喜捨)の習慣が根付いていて人々を飢えさせない仕組みができている、食料不足が発生した時餓死者が出やすいのはむしろキリスト教圏、と経験をもとに話してくれました。

Q:GIEWSは早期アラートというが、レポート類は年に4回、3カ月に1回というのでは頻度が少ない、食料状況をもっとスピーディに伝える仕組みはないのか?
A:アマルティア・センが『貧困と飢饉』の中で、食料状況を伝えて政策的な対応、緊急対策を促す独立したメディアと野党の存在が飢餓対策に必要と論じていることを紹介。
また、故郷を離れて暮らす家族や親族に食料危機を訴える手紙・電話・SNSなどによる情報流通があっても、その情報を裏付ける別ルートの情報がないと事態に対応できないので、GIEWSのような継続的な調査が必要。

AJF食料安全保障研究会を主導してきた吉田さんからは、食料状況を概観する際にFAOのデータを利用することは良いが、レポートの対象になっているのが小麦・コメ・トウモロコシ・大豆などアフリカ諸国の主要食料とは違っているし、またデータを集積するプロセスにまだまだ課題があるということを念頭に置いて利用する必要がある、と注意がありました。

最後に、司会を務めたオックスファム・ジャパンの森下さんが、FAO専門家パネル委員会が持続可能な農業に向けてまとめた提言の第1弾"From Uniformity to Diversity"を紹介してくれました。

以下にレポートがありますので、どうぞご覧下さい。
From Uniformity to Diversity:Summary
http://www.ipes-food.org/images/Reports/IPES_ExSummary02_1606_BRweb_pages_br.pdf

From Uniformity to Diversity:Full Report
http://www.ipes-food.org/images/Reports/UniformityToDiversity_FullReport.pdf

▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.