Homeへ戻る特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会:Africa Japan Forum

AJFが開催するイベント・セミナーの案内、報告です。質問、関連情報などをAJF事務局に寄せていただけるとうれしいです


AJFの活動

あなたの寄付がAJFの活動強化につながります
AJFへの寄付について
テーマから探す:
事業から探す:
活動内容から探す:

食料安全保障研究会公開セミナー
『遺伝子組み換え作物・食品をめぐる国際的な情勢』

【開催概要】

講師:渡部靖夫(わたなべ・やすお)さん
    農林水産政策研究所国際政策部長
日時:2005年7月23日(土)午後1時〜3時
会場:JVC・2F会議室(AJF事務局隣のスペースです)
   台東区東上野1-20-6 丸幸ビル2F
   ◎最寄り駅
    東京メトロ日比谷線・仲御徒町駅、上野駅
    東京メトロ銀座線・上野駅
    都営大江戸線・上野御徒町駅
    JR山手線・御徒町駅、上野駅
地図 http://www.ajf.gr.jp/about_us/map.html
資料代:500円
問い合わせ:AJF事務局 担当・斉藤
電話:03-3834-6902
e-mail:info@ajf.gr.jp

【セミナーの趣旨】

4月29日、AJF・FAO・明治学院大学国際平和研究所共催のシンポジウム「国連ミレニアム開発目標達成をめざして アフリカの人々は飢えにどう立ち向かおうとしているのか」で発言したPelum Tanzaniaのティバマニャさんは、遺伝子組み替え作物(GMO)に触れて、「食料主権の保障と安全性の確認がなされないのであれば、GMO導入に反対していく」と語っていました。

アフリカの食料安全保障を考える上で、遺伝子組み替え作物・食品の持っている可能性、問題点についてきちんとした知識・情報を得て、考えていくことが必要です。

今回のセミナーでは、農林水産政策研究所国際政策部長の渡部靖夫さんに、遺伝子組み替え作物・食品めぐる国際的な情勢を話していただきます。

【参加確認票】

このセミナーに参加ご希望の方は、以下のフォームをメールにコピーアンドペーストして info@ajf.gr.jp までお申し込み下さい。

=================================
参加確認票
---------------------------------
○お名前
○ご所属
○ご連絡先(メール・携帯)
○コメント

=================================

【セミナー・スタッフ募集】

セミナーの資料作成、会場準備、受付、記録などの作業を担うスタッフを募集します。作業内容および募集人員は、以下の通りです。スタッフなった方の資料代は不要です。また、限度内で交通費を支給します。

応募される方は、以下の応募票を、AJF事務局に送って下さい。

  1. 資料作成(2人):7月19日〜23日に作業日を設定します。
  2. 会場設営(2人):23日12時半に集合していただきます。
  3. 受付(2人):23日12時半に集合していただきます。
  4. 記録(2人):23日12時半に集合していただきます。 録音およびメモ作成

※ 1、2,3もしくは1、2,4は重複可能です。

【スタッフ応募票】

以下のフォームをメールにコピーアンドペーストしてお申し込み下さい。

=================================
スタッフ応募票<info@ajf.gr.jpまで>
---------------------------------
○お名前
○ご所属
○ご連絡先(メール・携帯)
○担当を希望する作業
 1. 資料作成
 2. 会場設営
 3. 受付
 4. 記録
○コメント

=================================
▲このページのTOPへ

特定非営利活動法人アフリカ日本協議会 (Africa Japan Forum)

〒110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
TEL:03-3834-6902 FAX:03-3834-6903 E-mail:info@ajf.gr.jp

Englishプライバシー・ポリシーサイトマップお問い合わせ
Copyright© Africa Japan Forum. All Rights Reserved.