地雷廃絶日本キャンペーン(JCBL)

基礎情報 〒110-0005 東京都台東区東上野5-3-4 クリエイティブone秋葉原ビル6F JVC内
TEL:03-3834-4340 FAX:03-3835-0519
E-mail: office@jcbl-ngo.org URL: : http://www.jcbl-ngo.orghttp://www.jcbl.jpn.org
FB: https://www.facebook.com/JapanCampaigntoBanLandmines/?fref=ts
1997年7月19日設立
代表理事:清水俊弘副代表理事:目加田説子
会員制度:あり(団体会員19団体、個人会員274名)
事務局スタッフ:有給専従1名 有給非専従1名
事業分野 平和・人権
事業形態 政策提言、啓発・研修、調査研究
対象国 アフリカ
設立の経緯 対人地雷の全面禁止を目指す国際キャンペーン(ICBL)の日本における傘下キャンペーン団体として、地雷問題に関心のあるNGOや個人があつまり、設立した。
組織の目的 対人地雷・クラスター爆弾のない世界の実現のための活動
主な事業
  1. 条約の普遍化や日本政府への働きかけ(条約とは、対人地雷全面禁止条約とクラスター爆弾禁止条約のこと)
  2. 日本社会への働きかけ・シンポジウムの開催
  3. 犠牲者支援
主な協力団体 International Campaign to Ban Landmines(ICBL),Cluster Munition Coalition, Uganda Landmine Survivors Association, Nepal Campaign to Ban Landmines, その他
定期刊行物 JCBLニュースレター
出版物 『地雷と人間』『クラスター爆弾なんてもういらない』
『夢の実現に向かって-地雷と闘った10年の記録』『JCBL20年の軌跡~地雷とクラスター爆弾の廃絶を目指して~』
財務情報 収入 2,321,813円 支出 1,396,633円(2016年度)
インターン制度 なし
ボランティア募集 あり
イベント、セミナー あり(不定期)
スタディーツアー あり(不定期)
団体より一言 JCBLは人道的な立場から対人地雷やクラスター爆弾の廃絶を訴えています。国会議員への働きかけや、シンポジウムの開催、講師派遣も行っています。また、金融機関にクラスター爆弾の製造関連企業への投融資をやめるよう働きかける「投融資禁止キャンペーン」も行っています。JCBLは現地の被害者のニーズに沿った支援を心がけています。