特定非営利活動法人 ホープ・インターナショナル開発機構

基礎情報

住所:460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-16-2 神谷ビル2F
TEL:  052-204-0530               FAX: 052-204-0531
E-mail:info@hope.or.jp      URL: www.hope.or.jp
FB: https://www.facebook.com/HOPEInternationalJapan/
設立年月日:2000年6月1日
代表者名:事務局長 ロウェル・シェパード
所属ネットワーク: JANIC、名古屋NGOセンター、ジャパンプラットフォーム
会員制度:有
事務局スタッフ:有給 8名、無給  2名

事業分野 貧困、食料、保健、教育、ジェンダー、水・衛生、マイクロクレジット
事業形態 開発事業、緊急支援、啓発・研修
対象地域・国 エチオピア、カンボジア、インド、フィリピン、アフガニスタン、日本
設立の経緯 特定非営利活動法人ホープ・インターナショナル開発機構(以下ホープと言う)は、2000年に起きたインド大地震の国際災害緊急支援をきっかけに設立され、2004年愛知県により特定非営利活動法人としての活動を承認された。発展途上国の人々を支援する国際協力団体として、コミュニティー開発支援事業、教育支援事業、水供給・衛生教育促進事業、大災害緊急支援事業などの国際開発事業を展開している。
組織の目的: ホープの活動目的は、住む場所に関係なくすべての人々が生きていくために必要で基本的な権利(安全な水・食糧・住居・健康・労働・レクリエーション・経済的自立・初等教育など)が保証され、それぞれが持つ能力を十分に発揮できる機会が与えられるべきだという信念のもと、途上国の貧しい中でも最も貧しい人々と共に働き、技術、知識を身につけるプロジェクトを行い、現存する物を有効活用しながら経済的に自立したコミュニティーが作れるような開発活動を行うことにある。
主な事業
  1. カンボジア 水供給・衛生教育支援、教育支援、マイクロクレジット
  2. エチオピア 水供給・衛生教育支援、コミュニティー強化、マイクロクレジット
  3. フィリピン 少数民族の高等教育支援
主な協力団体

HOPE International Development Agency Cambodia(カンボジア)、HOPE International Development Agency Ethiopia(エチオピア)、ASSISI DEVELOPMENT FOUNDATION(フィリピン)

定期刊行物  ニュースレター(月1回)
Periodicals
(英語定期刊行物)
Newsletter (monthly)
財務情報 収入 127,130,706円 支出 117,602,832円(2015年度)
インターン制度
ボランティア募集
イベント、セミナー
スタディーツアー
団体より一言 途上国に住む人々が貧困から抜け出すには安全な水の確保が不可欠だと考え、水供給を中心に現地の伝統や独自の文化と共存できる技術や教育を提供し、希望あふれる世界を目指して包括的な自立支援を実施しています。