ADRA Japan

基礎情報

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-1

TEL: 03-5410-0045 FAX: 03-5474-2042
E-mail: support_adra@adrajpn.org  URL: http://www.adrajpn.org/
FB: https://www.facebook.com/adrajapan            Twitter@ADRA_Japan
1985年3月30日設立
理事長:柴田 俊生
事務局長:浦島 靖成
会員制度:あり(正会員92名、個人会員185名、学生会員7名、団体会員23名)
事務局スタッフ:有給24名

事業分野 貧困、食料、保健、教育、水・衛生
事業形態 開発事業、物資供給、緊急支援
対象地域・国

ネパール、ミャンマー、ジンバブエ、アフガニスタン、エチオピア、レバノン、イエメン 、日本

設立の経緯

ADRAは第一次世界大戦にヨーロッパにおいて牧師が被災者に食事を提供したのが始まりで設立されました。
第二次世界大戦後は日本も支援を受けています。その後1985年にADRAJapanが設立されました。

組織の目的

ADRAJapanはキリスト教精神を基盤とし、世界各地において今なお著しく損なわれている「人間としての尊厳の回復と維持」を実現するために国際協力をおこないます。その方法は各国の支部とパートナーシップを築きつつ、人種・宗教・政治の区別なく、全人的支援と自立を図る支援を維持していくことです。また、これらの活動を通し、国際社会に貢献できる知恵と技術の備わった人材の育成と、この活動を支える日本社会に国際支援への啓発を促していく使命も担っています。

主な事業
  • ジンバブエ教育環境改善事業
  • エチオピア南スーダン難民人道支援
  • ネパール形成外科医療チーム派遣事業
定期刊行物

ADRA News(季刊)、年次報告書

インターン制度 随時
ボランティア 随時
スタディーツアー 事業視察
団体より一言

ADRA Japanは「ひとつの命から世界を変える」をモットーに、途上国や災害被災地において開発支援や緊急支援活動を行ないます。その活動は、現地のニーズに基づき、人々の自立を目指して一人ひとりに寄り添って行ないます。

エチオピア ジンバブエ