自然環境保全

アフリカ熱帯林の急激な消失とともに象牙目的で密猟され頭数が急減している生物が増加しています。しかし、日本での象牙への特化した需要にもかかわらず、多くの日本人はこういった現状を知りません。そこで、

・現場経験に基礎をおいた実践的な生物多様性保全に関する環境教育資料を創出する
・関連する分野の書籍の出版やセミナー・対話・ウェブサイト等による情報共有システムを通して多くの日本人に向けたグローバルな観点から環境教育・普及活動を目指す

を目的に、この活動を行っています。

最新情報

☑アフリカ熱帯林の現状と日本の関係(旧サイトへ)
目次

活動の目的
背景・概要
関連キーワード
活動内容
アフリカの熱帯林の現状:メディア報道
アフリカの熱帯林の現状:NGO・研究機関の取り組み