歴史

1993年

シンポジウム「NGO Forum アフリカNOW~地域自立に立ち上がる人々~」

1994年

アフリカ日本協議会 発足

シンポジウム「新生南アフリカと私たち」

シンポジウム「『砂漠化』と取り組む~危機から立ち上がる人々~」

1995年

セミナー&スピーカーズツアー「女性が変えるアフリカと日本」

1996年

国際問題セミナー 「食と環境セミナー~アフリカと日本の持続可能な地域発展を目指して~」

1997年

調査「アフリカの環境保全におけるネットワーク調査~セネガル、ジンバブウェ(ザンビア)、チャドを事例として~」 実施

1998年

TICADII参加とシンポジウム「NGOによるアフリカ開発へのヴィジョンと提言」開催

砂漠化シンポジウム開催

1999年

セネガル草の根スタディツアー実施

産直・提携に関する研修のためジンバブウェのNGOスタッフ招聘

2000年

ワーキンググループ体制開始

AJFビジョン2000

2001年

食料安全保障研究会 活動開始

感染症研究会 活動開始

2002年

TICADIII閣僚級会合参加

ジョハネスバーグ・サミット参加

2003年

第3回アフリカ開発会議に向けたACT2003発足

シンポジウム「アフリカのNGOがやってくる!」開催(主催:ACT2003)

2004年

特定非営利活動法人 取得

TICAD市民社会フォーラム設立

2005年

「アフリカひろば」開始

シンポジウム「国連ミレニアム開発目標達成をめざして~アフリカの人々は飢えにどう立ち向かおうとしているのか~」開催(FAOと共催)

シンポジウム「2005年どうする日本 アフリカとの関わり」開催

アフリカンキッズクラブ活動開始

2006年

連続セミナー「NGOから学ぶ!アフリカで活動するNGOのマネージメント」開催

シンポジウム「HIV/エイズ新規予防・医療技術開発の重要性~地球規模の取り組みのために~」開催

アフリカ紛争問題タスクグループ 活動開始

2007年

NGOデータベース公開

「アフリカの食料安全保障を考える」発行

外務省NGO研究会「保健分野における国際機関との連携」発行

2008年

TICADIV、洞爺湖サミットへの取り組み

連続公開セミナー「食料価格高騰がアフリカ諸国に及ぼす影響」開催

スタンドアップ2008 実施

2009年

MDGs達成をめざし「動く→動かす」始動

連続セミナー「飢餓を考えるヒント」開催

2010年

在日アフリカ人のエイズ対策事業

連続セミナー「飢餓を考えるヒント」開催

アフリカ市民社会評議会(CCfA)の新体制確立を支援

2011年

外務省NGO研究会「保健関連MDGs達成に向けたNGOの役割:人間の安全保 障とコミュニティ・エンパワーメント」を実施

連続セミナー「飢餓を考えるヒント」開催

2012年

連続セミナー「食べものの危機を考える」開催

TICADVに向けたNGOコンタクト・グループ 活動

「アフリカ熱帯林の現状と日本との関係」活動開始

2013年

TICADVへの政策提言活動

エイズ対策研究事業実施

連続セミナー「食べものの危機を考える」開始

2014年

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジをテーマにNGO研究会 実施

連続セミナー「食べものの危機を考える」開催

「河川漁撈による地域経済振興と象牙 利用の実際に関する研修を通じたコンゴ共和国世界遺産地域における 絶滅危惧種マルミミゾウの実践的保全戦略の構築」調査事業実施

2015年

シンポジウム「新たな国際目標(2030アジェンダ)とエイズ・結核・マラリア=日本から考える三大感染症の今後=」開催

連続セミナー「アフリカの魅力を知る」開催

2016年

TICAD VI 市民社会報告シンポジウム「日本とアフリカの新たな歴史の始まり=TICAD VI を超えて=」

SDGs市民社会ネットワーク、「動く→動かす」、アフリカ日本協議会 共催シンポジウム

「MDGsからSDGsへ:変化する市民社会の取り組み」

2017年

共催セミナー「ケニアの現場からみたSDGs」

連続セミナー「アフリカ健康フォーラム」を東京女子医科大学と共に開始

TICAD閣僚級会合参加

UHCフォーラム2017参加