10/12(土)14時~  AJF25周年イベントの詳細が決まりました

====================================
(特活)アフリカ日本協議会(AJF)25周年記念特別企画
AJF設立25周年記念イベント「新たな25年に向けて」
~市民社会から見たアフリカと日本の過去・現在・未来~
====================================
◆月日:2019年10月12日(土)
◆時間:14:00〜17:15(13:30開場)
◆場所:JICA市ヶ谷ビルシンポジウム/セミナールーム600(6階)
◆主催:(特活)アフリカ日本協議会
◆参加費:500円(高校生以下は無料)
◆参加申込:人数調整のため以下までお申込お願い申し上げます。
https://forms.gle/BTKXDA6siAZvAofDA
◇懇親会:イベント終了後、同じJICAの建物「J‘s Café」(2階)で開催(17:45~20:00)
◇懇親会費:一般4,000円、AJF会員3,000円、学生2,000円、アフリカンルーツの方2,000円、高校生以下1,000円
【割引制度】事前振込(10月9日(水)まで)で懇親会費用を500円割引き。

(キャンセルの場合、返金はできませんので、ご了承ください)

*振込先:(銀行)三菱UFJ銀行上野支店(普)5305887
(郵便振替)00120-3-573276
(口座名はいずれも)特定非営利活動法人アフリカ日本協議会

・AJF入会割引:イベント当日に入会の場合、AJF会員参加費を適用(差額を返金します)

*********************************************************
●今日、日本では「投資先としてのアフリカ」のイメージが徐々に定着しています。しかし、アフリカと日本の関係は、経済的な連携のみで語られるものなのでしょうか?

●1993年のTICAD I(第1回アフリカ開発会議)を契機として設立されたNPO法人「アフリカ日本協議会」(AJF:Africa Japan Forum)は、25年間にわたり、アフリカと日本の関係を、市民の交流と連帯という観点から考え実践してきました。アフリカの市民社会の声を国際会議の場に届け、アフリカのNGOとの連帯を強化し、在日アフリカンの方々との交流と支援を行うなど、多岐に渡る膨大な活動に取り組んできました。

●では、四半世紀に渡る活動の結果、アフリカと日本の「市民」同士の関係は、どのように変化したのでしょうか?これからの関係はどうあるべきで、どのように育まれることが可能なのでしょうか?AJFはそのために、何ができるのでしょうか?

●冷戦以後のアフリカと日本を取り巻く情勢の変化、今日の日本の市民社会をめぐる現状と課題を踏まえ、アフリカと日本をめぐる市民活動の今後の展望と課題を考えたいと思います。

●アフリカでビジネスをされている方、日本の市民社会をめぐる情勢に危機感を抱いている方、NGOで活動に従事されている方、さらにはアフリカ研究者や国際協力分野で働きたいと考えている方に至るまで、皆様の積極的なご参加を心よりお待ちしております。AJF(アフリカ日本協議会)の名前を初めて聞く方のご参加も、もちろん大歓迎です!

====================
<プログラム>(14:00〜17:15(13:30開場))
(進行)横田雅史(AJF事務局長)
(開会挨拶)津山直子(AJF代表)
第1部 AJFの25年を振り返る
(司会)星野智子(AJF理事)

○第1期:1993~1999
・ファシリテーター:宮道(楠田) 一千代(AJF理事)
・報告:吉田昌夫(AJF初代代表理事)、尾関葉子(AJF初代事務局長)

○第2期:2000〜2009
・ファシリテーター: 牧野久美子(AJF理事)
・報告:林達雄(AJF前代表・同特別顧問)、斉藤龍一郎(AJF前事務局長・同理事)、茂住衛(AJF理事)

○第3期:第3期:2010〜現在
・ファシリテーター:廣内かおり(AJF事務局(TICAD・国際保健担当コーディネイター))
・報告:津山直子(AJF代表)、稲場雅紀(AJF事務局(国際保健部門ディレクター))

第2部 アフリカに関わる市民としての展望(パネル討論)
司会:
・牧野久美子(AJF理事)
発話者:
・エバデ・ダン愛琳(アフリカンキッズクラブ東海)
・ボンクジョビ セナ(Jaspora-African Diaspora in Japan)
・オテム アナ(AJF在日アフリカ人支援)
・山邊寿美子(AJF理事)
・玉井隆(AJF理事)

(閉会挨拶)深尾幸市(AJF理事)

★当日は、最近「一押し」のアフリカ関連書籍に加え、AJFが25年間に渡り発行し続けている会報『アフリカNOW」全号(準備号〜112号まで)を展示しています。「当時」の市民社会が何を、なぜ、どのように訴えたのか、その記録をぜひご覧ください!

★当日、ご都合がつかない方は「25周年寄付」を受付けていますので、その旨をご連絡のうえ、下記
 寄付ページをご覧ください。
 http://ajf.gr.jp/%e5%af%84%e4%bb%98/
★お問い合わせ先:(特活)アフリカ日本協議会・25周年企画担当(横田)
住所:110-0015 東京都台東区東上野 1-20-6 丸幸ビル3階
Eメール:info@ajf.gr.jp/電話:03-3834-6902