世界の食料 国別状況 は行

ブルキナファソ(2018.32019.3

2019.3厳しい局地的食料不安

北部での社会不安

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、2019年6月から8月にかけて食料支援を必要とする人々の数は67万6,000人と予想された。主に地域的な食料生産の不足による。

・2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。一方で4万人の国内避難民がいる。

2018.12厳しい局地的食料不安

穀物供給ひっ迫と食料価格高騰

・最新の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、6月から8月期に食料支援を必要とする人々の数は95万人と予想された。主に地域的な食料生産の不足による。

・2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が国内に暮らすと推定される。

2018.9厳しい局地的食料不安

供給ひっ迫と食料価格高騰

・最新の“Cadre Harmonisé” の分析によれば、主として地域的な食料生産不足のために6月から8月にかけて約95万人が食料支援を必要としたと予想される。

・国内に2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が暮らすと推定される。

2018.6厳しい局地的食料不安

供給ひっ迫と食料価格高騰

・2018年3月の「Cadre Harmonisé」の分析によれば、3月から5月にかけて約74万2,000人が食料支援を必要とすると予想される。この数は、地域的な食料生産不足のために6月から8月にかけて95万人以上に増大すると予想される。

・国内に2万5,000人の難民、多くはマリからの難民が暮らすと推定される。

2018.3厳しい局地的食料不安

難民流入によるコミュニティへの負担

・2018年1月時点で、国内に2万4,000人のマリ難民が暮らすと推定される。

・13万3,000人が食料支援を必要としていると推定される。


ブルンジ共和國(2018.32019.3

2019.3広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に悪影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域はタンザニア連合共和国と国境を接するマカマ州、ルタナ州、ルイギ州およびカンクゾ州西部の多くの地区。

・約172万人が厳しい食料不足に直面していると推定されている。

2018.12広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域は西部のルイギ州。

・約167万人が厳しい食料不足に直面していると推定されている。

2018.9広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済不振、一部地域での不作

・市場、農業生産活動、暮しの混乱が、限られた人道支援と食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料事情に深刻な影響を与えている。

・約167万人が厳しい食料危機に直面していると推定されている。最も影響を受けているのは、ルイギ州西部である。

2018.6広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済の悪化、一部地域での作物生産不足

・市場、農作業、暮らしの混乱が、限られた人道支援や食料輸入能力の低下と相まって、引き続き食料保障に影響を与えている。食料不安が最も深刻な地域は東部のルイギ州。厳しい食料不足に直面している人口は約180万人と推定されている。

2018.3広範囲な食料アクセスの欠如

社会不安、経済不振、一部地域での不作

・人道支援が限られており食料輸入余力が縮小していることも加わって、市場や農業活動、生活の混乱が引き続き食料事情に深刻な影響を及ぼしている。食料不安が最も深刻な地域は、キルンド州西部のインボ平原と北低地である。